トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大原富枝

大原富枝

大原富枝さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大原 富枝(おおはら とみえ、1912年9月28日 - 2000年1月27日)は日本の小説家。日本芸術院所属。勲三等瑞宝章叙勲者。
高知県長岡郡吉野村寺家(現本山町)生まれ。父亀次郎(小学校校長)と母米の次女であった。
高知市内の学校を結核のため中退。故郷での病気療養中に文筆活動を始め、1938年「姉のプレゼント」が「令女界」に入選。「祝出征」を「文芸首都」に発表。
1941年、戦中の混乱期にあえて創作に専念するため上京した。以後、東京を拠点として様々な著名人と生涯を通じて親交を深めてゆく。
1960年に「婉という女」で、第14回毎日出版文化賞、第13回野間文芸賞を受賞、1970年に「於雪-土佐一條家の崩壊」で第9回女流文学賞を受賞した。
評伝文学に洲之内徹を扱った「彼もまた神の愛でし子か」や、岡倉天心とインド詩人プリヤンバダ・デーヴィーの交流を描いた「ベンガルの憂愁」、歌人の「原阿佐緒」、「今日ある命 小説・歌人三ヶ島葭子の生涯」、歌人列伝の「詩歌と出会う時」など、遺作は「草を褥に 小説牧野富太郎」である。1995~96年に小沢書店で、「全集(全8巻)」が刊行された。
1976年に、カトリック教会の洗礼を、東京の修道院で受けた。ソビエト連邦およびイスラエルを外遊。また、曽野綾子らと仕事を共にする。「婉という女」が、ソビエト連邦を皮切りに世界各国で翻訳出版される。
1990年、勲三等瑞宝章を受章。1991年、叙勲を機に大原富枝文学館が故郷の高知県本山町に開館。本山町名誉町民賞受賞。1992年、高知県の文学を振興するため、高知新聞社等の支援をうけて「大原富枝賞」を創設。1998年、恩賜賞・日本芸術院賞受賞。芸術院会員となった。
2000年1月27日、前年末から入院加療中のところ心不全により立正佼成会附属佼成病院で死去。1912|9|28|2000|1|27。葬儀では宮内庁から天皇・皇后両陛下の弔意を伝達される。同年5月、故郷の本山町に遺骨となって帰り、汗見川を見下ろす寺家地区の墓地に葬られる。生前の仕事場であった、東京の書斎は大原富枝文学館の中に移築された。

受賞歴

大原富枝関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

大原富枝関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yuzuki010愛が、孤独が、世界が、もうわたしの心の傷口を洗うことはありません。わたしはいま、風ばかり聴いています。by大原富枝
kochi_tabi本山町にある「大原富枝文学館」では、昨日から新しい企画展が始まっています (pq*´∀゚) 加藤楸邨、馬場あき子、田岡典夫らの書による掛軸・色紙・短冊を一挙に公開!是非ご覧ください♪https://t.co/p8rg0VwlDqhttps://t.co/9IiNtua8ch
byosya_bot流れはそこで瀬をなして白い布をかけたように墜ち、泡立ち、獣の咆哮のようなざわめきはそのあたりから立ちこめてくる。大原富枝『婉という女』より川の描写
ukyo_dive【伊子と資盛/服部満千子著】「伊子」とは、わたくしの本名ということになっております。わたくしの歌集をもとにしたお話ではございますが、ところどころに著者の詠まれた和歌も挿入されてございます。同じテーマで書かれた大原富枝先生の「建礼門院右京大夫」と読み比べるのも面白かろうと存じます
esueichiyu体中がやさしく柔らかに、手足のはしばしまで、溶けてゆくような幸福感が湯のように流れてたcf.)大原 富枝 / 婉という女 (1961年)
sin_matsuyama「文学表現と思想の会」からのお知らせ。5月11日。大阪、天満橋、エル・おおさか。2時から5時。テキスト大原富枝『アブラハムの幕舎』(講談社文芸文庫)。会場費1000円。「勉強会のお知らせ」更新しました。  https://t.co/b4Ey7VZUDE
jyo5555愛が、孤独が、世界が、もうわたしの心の傷口を洗うことはありません。わたしはいま、風ばかり聴いています。by大原富枝
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大原富枝さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)