トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 小川未明

小川未明

小川未明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小川 未明(おがわ みめい、1882年(明治15年)4月7日 - 1961年(昭和36年)5月11日)は、小説家・児童文学作家。本名は小川 健作(おがわ けんさく)。「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれ、浜田広介と坪田譲治と並んで「児童文学界の三種の神器」と評された。娘の岡上鈴江も児童文学者。
「未明」という雅号は小川の師である坪内逍遥が付けたもので、正しくは「びめい」と読む。
新潟県高田(現上越市)に生まれる。父、澄晴はかつては修験者であった。上杉謙信の熱烈な崇拝者でもあった澄晴は、春日山神社を創建するため奔走した。
旧制高田中学(現新潟県立高田高等学校)、東京専門学校(早稲田大学の前身)専門部哲学科を経て大学部英文科を卒業、坪内逍遙や島村抱月から指導を受け、また出講していたラフカディオ・ハーンの講義に感銘を受け、卒業論文ではハーンを論じた。在学中、ロシア文学に親しみ、またナロードニキの思想に関心を寄せた。中学以来の学友に相馬御風がいる。
thumb|right|240px|上越市立大手町小学校体育館裏にある石碑。『野ばら』の一節が書かれている。
在学中の1904年(明治37年)、処女作「漂浪児」を雑誌『新小説』に発表し注目される。この時、逍遥から「未明」の号を与えられる。卒業直前に『新小説』に発表した「霰に霙」で小説家として一定の地位を築く。卒業後、早稲田文学社に編集者として勤務しながら、多くの作品を発表する。作品は清潔なものが多く、1916年(大正5年)に「遊蕩文学」論争が起きた時、遊蕩を描かない小説家は漱石と小川未明くらいだと言われた。
1925年(大正14年)には早大童話会を立ち上げる。1926年(大正15年)、東京日日新聞に「今後を童話作家に」と題する所感を発表し童話専念を宣言する。一説には師の逍遥から小説家としての限界を指摘されたからとも言われる。1946年(昭和21年)に創立された日本児童文学者協会の初代会長を務め、1951年(昭和26年)に日本芸術院賞を受賞、文化功労者に選定され、1953年(昭和28年)には日本芸術院会員に推挙された。
しかし同年、ともに童話会の会員だった鳥越信と古田足日の二人を中心をした「少年文学宣言」が発表され、未明と浜田広介は、古い児童文学として否定されるという、苦渋の晩年も送った。1961年(昭和36年)に脳出血のため東京都杉並区高円寺南の自宅で死去した。79歳没。
長篇よりも、むしろ短編作品に才能を発揮。童話の代表作としては「金の輪」(『労働文学』1919年4月)、「赤い蝋燭と人魚」(『朝日新聞』1921年2月16日〜20日)、「月夜と眼鏡」(『赤い鳥』1922年7月)、「野薔薇」(『小さな草と太陽』、赤い鳥社、1922年9月)など。
没後、小川未明文学賞が創設された。

小川未明新刊

  • 発売日
    2019年7月12日
  • 書名
    電信柱と妙な男: 小川未明怪異小品集 (平凡社ライブラリー)
  • 発売日
    2019年2月14日
  • 書名
    赤い船 おとぎばなし集: 国会図書館復刻版

受賞歴

小川未明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小川未明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

takanamentaiko3以前ケイソさんが京極先生パロSSを書かれていたのがとても素敵で、もっと書いて!と厚かましくおねだりしたら小川未明さんパロの美しいお話を書いてくださいました
imaizumi896・・・今日は小川未明の資料館行きました・・・!! #上越市 https://t.co/wfiw1IukgT
MayWmyg@ryokumado15tas はじめまして!如月メイムと申します。私も尾崎翠、小川未明、折口信夫など読みます。主に日本文学を好んで読みますが、ジャンル問わず興味の赴くまま…忘我し、物語の中に浸ることがすきです。
ochagashidouzo平成怪奇小説傑作集1文豪怪談傑作選 小川未明集ブレイク詩集今度丸善に寄れたら
keisoyoi「山ゆり」小川未明の「野ばら」のパロディ。童話風で色々と説明は省略しています。なんでもこい! という猛者の方、よろしければ読んでください
DKE80lqSlzH6kov小川未明さんの童話が既に怪奇な雰囲気満載だから、すごく期待してしまうな。
fujiwara_ed小川未明が活躍した大正時代は怪奇文芸の隆盛期だったが、平成(1989-2019)も怪奇幻想文学が様々な華を咲かせた30年で、専門誌《幻想文学》《幽》編集長としてこのジャンルに関わり、同時に書評家としてその動向、次々登場する新たな才能を見続けてきたのが、編者の東雅夫氏である。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小川未明さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)