トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 庄野潤三

庄野潤三

庄野潤三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

庄野 潤三(しょうの じゅんぞう、1921年(大正10年)2月9日 - 2009年(平成21年)9月21日)は、日本の小説家。
大阪府東成郡住吉村(現・大阪市)出身。帝塚山学院小学校・大阪府立住吉中学校を経て、1941年(昭和16年)12月に大阪外国語学校(現・大阪大学外国語学部)英語科を卒業。更に九州帝国大学法文学部で東洋史を専攻するが、戦時中の特例措置で繰り上げ卒業となる。
終戦後大阪府立今宮中学校(大阪府立今宮高等学校)の歴史教員となり、野球部長として同校野球部の第19回選抜中等学校野球大会(1947年)出場を率いた。その後朝日放送に入社し、1955年(昭和30年)に『プールサイド小景』で第32回芥川賞を受賞、「第三の新人」の一人として注目される。1965年(昭和40年)『夕べの雲』で読売文学賞、1969年(昭和44年)『紺野機業場』で芸術選奨文部大臣賞、1971年(昭和46年)『絵合せ』で野間文芸賞、1972年(昭和47年)『明夫と良二』で毎日出版文化賞、1973年(昭和48年)日本芸術院賞、1978年(昭和53年)日本芸術院会員。
住吉中学時代の国語教師が詩人の伊東静雄で、九州帝大時代には1学年上に島尾敏雄がいた。また詩人で児童文学者の阪田寛夫とは小学校・中学校を通じての同級生で、その後朝日放送でも同僚となっており親交が長く続いた。
父は帝塚山学院初代学院長の庄野貞一、兄は児童文学者・帝塚山学院長の庄野英二。なお弟の庄野至は織田作之助賞受賞者。
2009年9月21日午前10時44分、川崎市の自宅で老衰のため死去。88歳没。叙従四位。戒名は文江院徳照潤聡居士。

庄野潤三新刊

  • 発売日
    2017年6月11日
  • 書名
    P+D BOOKS 前途
  • 発売日
    2017年6月6日
  • 書名
    前途 (P+D BOOKS)

受賞歴

庄野潤三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

庄野潤三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tatesan776会社へ入ってくる時の顔を見てごらん。晴れやかな、充足した顔をして入る人間は、それは幸福だ。~庄野潤三
job_meigenすべて一つの道に打ち込んで一生を送る人には、どこか毅然としたところが感じられます。自分の本職のこととなったら、かりそめにもいい加減にしないという態度が見られます。(庄野潤三)https://t.co/K5mrp51kjL
sassassa1鋭い感受性というものは、よき恋人として必須の条件であるが、家庭へ持ち込むには少しばかり邪魔な荷物である。─庄野潤三「スラヴの子守唄」☆家庭では、気を使わずのんびりしたいものです。お互いに、些細なことは気にしない方がうまくやっていけます。
aya1tum04awase4ふところの淋しい恋愛というものは、出来の悪いマッチをするようなものだ。  庄野潤三(作家)
Ijin_Tetugaku感傷は生きる力とはならない。─庄野潤三「旅人の喜び」
KantaTakemoto人はぜいたくということはいけないことと頭から決めているけれど、ぜいたくが必要な時がある。─庄野潤三「ザボンの花」
meigen_family兄弟の多い家族に育った者は、子供のうちから「何でも自分の思った通りにはならないものだ」という悟りを得るようになる。まわりで否応なしにそういう躾をしてくれる。 庄野潤三(作家)出典『あわれときびしさ』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
庄野潤三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)