トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 庄野潤三

庄野潤三

庄野潤三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

庄野 潤三(しょうの じゅんぞう、1921年(大正10年)2月9日 - 2009年(平成21年)9月21日)は、日本の小説家。
大阪府東成郡住吉村(現・大阪市)出身。帝塚山学院小学校・大阪府立住吉中学校を経て、1941年(昭和16年)12月に大阪外国語学校(現・大阪大学外国語学部)英語科を卒業。更に九州帝国大学法文学部で東洋史を専攻するが、戦時中の特例措置で繰り上げ卒業となる。
終戦後大阪府立今宮中学校(大阪府立今宮高等学校)の歴史教員となり、野球部長として同校野球部の第19回選抜中等学校野球大会(1947年)出場を率いた。その後朝日放送に入社し、1955年(昭和30年)に『プールサイド小景』で第32回芥川賞を受賞、「第三の新人」の一人として注目される。1965年(昭和40年)『夕べの雲』で読売文学賞、1969年(昭和44年)『紺野機業場』で芸術選奨文部大臣賞、1971年(昭和46年)『絵合せ』で野間文芸賞、1972年(昭和47年)『明夫と良二』で毎日出版文化賞、1973年(昭和48年)日本芸術院賞、1978年(昭和53年)日本芸術院会員。
住吉中学時代の国語教師が詩人の伊東静雄で、九州帝大時代には1学年上に島尾敏雄がいた。また詩人で児童文学者の阪田寛夫とは小学校・中学校を通じての同級生で、その後朝日放送でも同僚となっており親交が長く続いた。
父は帝塚山学院初代学院長の庄野貞一、兄は児童文学者・帝塚山学院長の庄野英二。なお弟の庄野至は織田作之助賞受賞者。
2009年9月21日午前10時44分、川崎市の自宅で老衰のため死去。88歳没。叙従四位。戒名は文江院徳照潤聡居士。

庄野潤三新刊

  • 発売日
    2018年3月9日
  • 書名
    群像短篇名作選 1946~1969 (講談社文芸文庫)

受賞歴

庄野潤三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

庄野潤三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hkn_m1会社へ入ってくる時の顔を見てごらん。晴れやかな、充足した顔をして入る人間は、それは幸福だ。 ~庄野潤三 https://t.co/tMybM5oTZk
279556_bot庄野潤三 - われわれはまあこの世に間借りしているようなもので、何もむきになることはない。 #279556
hiroshitsutaya日経土曜日朝刊、一番の楽しみ堀江敏幸さんの「傍らにいた人」(おそらく最終回)は、庄野潤三『プールサイド小景』。最後まで一気に読ませてくれました。この連載の単行本化を早く切に願います。
aya1tum04awase4ふところの淋しい恋愛というものは、出来の悪いマッチをするようなものだ。  庄野潤三(作家)
officehit感傷は生きる力とはならない。─庄野潤三「旅人の喜び」
yoshiki430会社へ入ってくる時の顔を見てごらん。晴れやかな、充足した顔をして入る人間は、それは幸福だ。 庄野潤三
BtoBooks #日経新聞 #書評 2018年2月24日(土)★傍らにいた人(庄野潤三 「プールサイド小景」 今揺らす真っ白な魂の手紙) ●プールサイド小景・静物 (新潮文庫)  庄野 潤三https://t.co/l7h8Y7F2h7 https://t.co/oyWKRM3utM
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
庄野潤三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)