トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大岡昇平

大岡昇平

大岡昇平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大岡 昇平(おおおか しょうへい、1909年(明治42年)3月6日 - 1988年(昭和63年)12月25日)は、日本の小説家・評論家・フランス文学の翻訳家・研究者。
date=2013年7月
*1909年(明治42年)
:3月6日 - 東京市牛込区新小川町に父・貞三郎、母・つるの長男として生まれた。
*1919年(大正8年)
:従兄洋吉に勧められ「赤い鳥」に童謡を投稿、入選。
*1921年(大正10年)
:4月 - 府立一中受験に失敗。青山学院中学部に入学、キリスト教の感化を受ける。秋、母・つるが芸妓だったことを知った。
*1925年(大正14年)
:12月 - 成城第二中学校4年に編入。同級に古谷綱武、富永次郎、安原喜弘、加藤英倫らがいた。また、山口二矢の実父である山口晋平も同級である。
*1926年(大正15年・昭和元年)
:4月 - 成城中学校が7年制の成城高等学校となったため、高等科文科乙類に進学。
*1927年(昭和2年)
:9月 - アテネ・フランセの夜学でフランス語を学ぶ。
*1928年(昭和3年)
- 村井康男を通じて小林秀雄を紹介され、小林からフランス語の個人教授を受ける。詩人中原中也とも小林を通じて知り合った。
*1929年(昭和4年)
:3月 - 成城高等学校を卒業。
:4月 - 京都帝国大学文学部文学科に入学。河上徹太郎や中原中也らと同人雑誌「白痴群」を創刊。
*1932年(昭和7年)
:3月 - 京都帝国大学卒業。
*1933年(昭和8年)
:スタンダールへの傾倒始まる。
*1934年(昭和9年)
:2月 - 国民新聞社に入社。
*1935年(昭和10年)
:2月 - 国民新聞社を退社。
*1938年(昭和13年)
:10月 - 帝国酸素に翻訳係として入社。
*1943年(昭和18年)
:6月 - 帝国酸素を退社。
:11月 - 川崎重工業に入社。
*1944年(昭和19年)
:3月 - 教育召集で、東部第二部隊に入営。
:7月 - フィリピンのマニラに到着。第百五師団大藪大隊、比島派遣威一〇六七二部隊に所属し、ミンドロ島警備のため、暗号手としてサンホセに赴いた。
*1945年(昭和20年)
:1月 - 米軍の捕虜になり、レイテ島タクロバンの俘虜病院に収容される。
:8月 - 敗戦。同年12月、帰国し、家族の疎開先の兵庫県明石市大久保町に着いた。
*1949年(昭和24年)
:3月 - 『俘虜記』により横光利一賞を受賞。
:4月 - 明治大学文学部仏文学講師に就任。
*1952年(昭和27年)
:2月 - 『野火』を創元社より刊行、5月読売文学賞を受賞。
*1961年(昭和36年)
:5月 - 『花影』を中央公論社より刊行。
:11月 - 『花影』により毎日出版文化賞、新潮社文学賞を受賞。
*1964年(昭和39年)
:3月 - 中国作家協会などの招きで中国を訪問。
*1971年(昭和46年)
:9月 - 『レイテ戦記』を中央公論社より刊行。
:11月 - 芸術院会員辞退。
*1972年(昭和47年)
:1月 - 『レイテ戦記』により毎日芸術賞を受賞。
*1974年(昭和49年)
:1月 - 『中原中也』を角川書店より刊行。
- 野間文芸賞を受賞。
*1976年(昭和51年)
:1月 - 朝日文化賞を受賞。
*1978年(昭和53年)
:3月 - 『事件』により日本推理作家協会賞を受賞。
*1988年(昭和63年)
:12月25日 - 順天堂大学医学部附属順天堂病院で。
*1989年(平成元年)
:2月 - 『小説家夏目漱石』により読売文学賞を受賞。

大岡昇平新刊

  • 発売日
    2017年11月22日
  • 書名
    事件 (創元推理文庫)

受賞歴

大岡昇平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

大岡昇平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

seidiary中原中也は母親フクの書いた息子の死までの覚え書き『私の上に降る雪は』が、とても良いです。読むと困った息子だなあとは思うけど。盟友・大岡昇平が解説じゃなかったかな。
takafumi_kotaka今日買ったいろんな人の短編が載ってる文庫本を読んでて気づいたけど、大岡昇平ってサッコとヴァンゼッティを題材にした短編を書いてたんだなあ。しかし、最後に出てくるヴァンゼッティの言葉は凄まじい。権力が事実をねじ曲げ残忍非道に襲いかかるほど、二人の死が大きな勝利になるという逆説的考え。
atoreides黒沢清監督『散歩する侵略者』、北関東のベットタウンとも田舎ともつかぬ風景の中でドラマが進められ。この辺り映画版では東京のテレビ局に舞台が置き換えられた『美しい星』の三島由紀夫原作での「飯能がメインの舞台」という設定や大岡昇平等の「郊外」の主題とも響き合うもの見えて。
alha060510彼らは危険人物たる私に少しも気づかないように見えた。『野火』大岡昇平
tdb_a_tb@kaneko_mottyan チャーシュー大盛りにして大岡昇平「野火」
fukaisiawase大岡昇平「野火」を読みました。深かったです。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大岡昇平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)