トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小島信夫

小島信夫

小島信夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小島 信夫(こじま のぶお、1915年(大正4年)2月28日 - 2006年(平成18年)10月26日)は、日本の小説家・評論家。
岐阜県稲葉郡加納町(現・岐阜市加納安良町)出身。旧制岐阜中学校(現・岐阜県立岐阜高等学校)、第一高等学校を経て、1941年東京帝国大学文学部英文科卒業。卒業論文は『ユーモリストとしてのサッカレイ』。
1942年より中国東北部で従軍、敗戦でポツダム上等兵(伍長)。1946年復員し、1948年4月から千葉県立佐原女子高等学校で教え、1949年度より東京都立小石川高等学校に移る。1954年からは明治大学工学部助教授として英語を教え、1961年に理工学部教授に昇格、以後1985年の定年まで勤務する傍ら旺盛な文筆活動を行った。
2006年10月26日、肺炎のため91歳で死去した。

小島信夫新刊

  • 発売日
    2018年7月25日
  • 書名
    背徳についての七篇 - 黒い炎 (中公文庫)
  • 発売日
    2018年4月12日
  • 書名
    群像短篇名作選 1970~1999 (講談社文芸文庫)

受賞歴

小島信夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小島信夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

u_nya_qma第1回谷崎潤一郎賞を受賞した小島信夫の小説です
takehiro30小島信夫「残光」は行くとこまで行ってるって思った。
fragments_botむしろ主人公は自我を不鮮明にすることで自己を防御しようとしているようにさえ思えます。つまり早い話、自分が朝起きて虫になっちゃっていたら、「おお、やったやった」と逆に喜んじゃうわけでしょう。このへんのユニークきわまりない防御的感覚は、やはり小島信夫独自なものでしょうね。
AwardAuthorアメリカン・スクールの見学に訪れた日本人英語教師たちの不条理で滑稽な体験を通して、終戦後の日米関係を鋭利に諷刺する、芥川賞受賞の表題作。一見無造作な文体から底知れぬ闇を感じさせる、特異な魅力を放つ鬼才の初期作品。芥川賞受賞作『アメリカン・スクール』小島信夫
Muscleneapolita#あなたの本棚のかきくけこ村上春樹『風の歌を聴け』高橋源一郎『君が代は千代に八千代に』町田康『くっすん大黒』ロブグリエ『消しゴム』小島信夫『公園 卒業式』今回も本棚からはじめに目に付いたものをチョイスしてみました。 https://t.co/pPizj9qQsr
dragon_boss石川義正『錯乱の日本文学』を読んだが、住宅についての「小島信夫の『家』」はふむふむと理解していたんだけど、「大岡昇平の『東京タワー』」はまだしも、「大江健三郎の『塔』」からはよくわからなくなってしまった……。改めて再読しよ。
haikaino講談社文芸文庫の牧野信一の解説が小島信夫だと知ってアツクなった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小島信夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)