トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小島信夫

小島信夫

小島信夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小島 信夫(こじま のぶお、1915年〈大正4年〉2月28日 - 2006年〈平成18年〉10月26日)は、日本の小説家。中国から復員後、教師を経て『小銃』で文壇に登場。「第三の新人」の一人と目されるも、抽象表現を帯びた前衛的手法の作品に独自の道を拓いた。日本芸術院会員。文化功労者。
岐阜県稲葉郡加納町(現・岐阜市加納安良町)出身。旧制岐阜中学校(現・岐阜県立岐阜高等学校)、第一高等学校を経て、1941年東京帝国大学文学部英文科卒業。卒業論文は『ユーモリストとしてのサッカレイ』。
1942年より中国東北部で従軍、敗戦でポツダム上等兵(伍長)。1946年復員し、1948年4月から千葉県立佐原女子高等学校で教え、1949年度より東京都立小石川高等学校に移る。1954年からは明治大学工学部助教授として英語を教え、1961年に理工学部教授に昇格、以後1985年の定年まで勤務する傍ら旺盛な文筆活動を行った。
2006年10月26日、肺炎のため91歳で死去した。

受賞歴

小島信夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小島信夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ace_c8v49k@aya_totoya 抱擁家族!20年程前に一度読みましたが、本を手放してしまいました。再読したいです。小島信夫は読書会で取り上げたい作家の一人です。オースティンは『高慢と偏見』以外を読んでいきたいです。
5zA5DkIWCQd7TOeこんなことばかり考えていたら最終的に天馬が掛けて終わりになるぞ。小島信夫のようになるぞ。
HenoSeeIt小島信夫『美濃』と保坂和志『カフカ式練習帳』を並行してパラパラ。このスピード感、と思う。ミミズの移動しているときのカラダの速さの感じを思い出した。
aya_totoya最近、本当に地球が心配です…。冬もどんどん暖かくなってるし
u_nya_qma第1回谷崎潤一郎賞を受賞した小島信夫の小説です
cojicoji_nobnob小島信夫『別れる理由』(講談社)第1巻、読み終わりました。
95aryosha2206読了1 小沼丹『村のエトランジェ』2 上原隆『晴れた日にかなしみの一つ』3 橋川文三『昭和ナショナリズムの諸相』4 小島信夫『うるわしき日々』5 呉明益『雨の島』6 古井由吉『東京物語考』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小島信夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)