トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小島信夫

小島信夫

小島信夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小島 信夫(こじま のぶお、1915年(大正4年)2月28日 - 2006年(平成18年)10月26日)は、日本の小説家・評論家。
岐阜県稲葉郡加納町(現・岐阜市加納安良町)出身。旧制岐阜中学校(現・岐阜県立岐阜高等学校)、第一高等学校を経て、1941年東京帝国大学文学部英文科卒業。卒業論文は『ユーモリストとしてのサッカレイ』。
1942年より中国東北部で従軍、敗戦でポツダム上等兵(伍長)。1946年復員し、1948年4月から千葉県立佐原女子高等学校で教え、1949年度より東京都立小石川高等学校に移る。1954年からは明治大学工学部助教授として英語を教え、1961年に理工学部教授に昇格、以後1985年の定年まで勤務する傍ら旺盛な文筆活動を行った。
2006年10月26日、肺炎のため91歳で死去した。

小島信夫新刊

  • 発売日
    2019年7月11日
  • 書名
    別れる理由 (1) (P+D BOOKS)

受賞歴

小島信夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小島信夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Nobusan_bot「ぼくは小島信夫を同郷人の先輩として持ち、このように係り合っていることで、とくに今夜のこの状況のなかで話していることに、法悦をかんじます。いやみないい方ですが、ぼくの失なった脚も成仏できるというものです」 ―白昼夢
ISBN41220364457月から全6巻でp+d booksから小島信夫さんの『別れる理由』が出るそうです
gohan_tabetain【うるわしき日々 (講談社文芸文庫)/小島 信夫】を読んだ本に追加 → https://t.co/fJzW5GD5a9 #bookmeter
hirohut1970年代、数ヶ月前の文芸誌を古書店で買っていた高校生の自分、盛んに書いていた小島信夫や庄野潤三らの小説は、本当に嫌で嫌で、吉行理恵や、まだ書いていた稲垣足穂が救いでした。
nanseido仕事帰りに銀座の教文館に寄った。小島信夫『アメリカン・スクール』の文庫本をレジに持っていくと、中年の男性店員がすかさず「はい、第32回芥川賞ね!」と。心の中で「おお、おぬしやるな!」と思ったが、小島信夫ファンか、はたまた主要な文学… https://t.co/46Ib7Z3pqa
disnzgkdrnys読みかけのまま放置していた文学全集太宰治巻を再び手に取った。「津軽」に何度も吹き出し、太宰並みに終始にやにやしていた。小島信夫「アメリカンスクール」を読んだ時もこんな感じであった。笑いの内容がちいと違うが。さらば読者よ、命あらばまた他日。元気で行こう。絶望するな。では、失敬。
u_nya_qma第1回谷崎潤一郎賞を受賞した小島信夫の小説です
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小島信夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)