トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小島信夫

小島信夫

小島信夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小島 信夫(こじま のぶお、1915年(大正4年)2月28日 - 2006年(平成18年)10月26日)は、日本の小説家・評論家。
岐阜県稲葉郡加納町(現・岐阜市加納安良町)出身。旧制岐阜中学校(現・岐阜県立岐阜高等学校)、第一高等学校を経て、1941年東京帝国大学文学部英文科卒業。卒業論文は『ユーモリストとしてのサッカレイ』。
1942年より中国東北部で従軍、敗戦でポツダム上等兵(伍長)。1946年復員し、1948年4月から千葉県立佐原女子高等学校で教え、1949年度より東京都立小石川高等学校に移る。1954年からは明治大学工学部助教授として英語を教え、1961年に理工学部教授に昇格、以後1985年の定年まで勤務する傍ら旺盛な文筆活動を行った。
2006年10月26日、肺炎のため91歳で死去した。

小島信夫新刊

  • 発売日
    2018年8月21日
  • 書名
    背徳についての七篇-黒い炎 (中公文庫)

受賞歴

小島信夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小島信夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

_shitatarazu_小島信夫の『星』がめちゃくちゃメイソンじゃんと思ったらホントにメイソン過ぎて読んでて気持ちぐちゃぐちゃになった…… https://t.co/yjPnxnYb0y
dokushonoato彼は実はその靴を同僚から借りてきたのだ。彼にちょうどいい大きさと思えたのに、ちょっとのちがいが次第に彼の足を痛めつけてきたのだ。彼はその同僚が、にわかに油断のならない存在のようにかんじられさえし、山田の企みであるようにさえ思われるのだった。-「アメリカン・スクール」小島信夫
plasticpark漱石はときとして奇異に見えるほどの当て字や造語を好んで用いたし、小島信夫は同じ行、いや同じ一文においてさえも平気で漢字・かなの表記不統一を犯した。正書法が定まっていなかったとか校正が甘かったとか言ってしまえばそれまでだが、ワープロ世代の僕にとっては羨望するばかりの自由な身振りだ。
Nobusan_bot坪内さんが著書のなかで、ある雑誌の座談会のときに、小島信夫が「獣性」を発揮した、と書かれていた。ぼくはびっくりしましたね。ああいうところは内容と関係なく面白い。ぼくが怒った、「獣性」を発揮した、と。 ―小説の楽しみ
fukukara22小島信夫読もうかなあ
tokyorealism新潮文庫から『ワインズバーグ・オハイオ』の新訳が出たけれど、私は文芸文庫の小島信夫・浜本武雄訳の同作品でシャーウッド・アンダーソンの魅力を知ったから、版を重ねる限りは後者を読みつづける。原書ペーパーバックとハードカバーもあるから、不自由はない。
natsume00読み始め。写真入り、小島信夫のエッセイ入りで高まるアンダーソンの死因がうっかり飲み込んだ爪楊枝が腸に穴を開けたため、と知りなんだかお腹が痛い https://t.co/3EBDeU5umk
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小島信夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)