トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 加賀乙彦

加賀乙彦

加賀乙彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

加賀 乙彦(かが おとひこ、男性、1929年4月22日 - )は、日本の小説家、医学者(犯罪心理学)、精神科医。勲等は旭日中綬章。学位は医学博士(東京大学・1960年)。日本芸術院会員、文化功労者。本名は小木 貞孝(こぎ さだたか)。本名でも著作がある。
東京大学医学部助手、東京大学医学部脳研究所助手、東京拘置所医務部技官、パリ大学サンタンヌ病院医師、北仏サンヴナン病院医師、東京大学医学部附属病院精神科助手、東京医科歯科大学医学部助教授、上智大学文学部教授などを歴任した。
=
1929年、東京府東京市芝区三田に生まれ、東京市淀橋区西大久保(現・東京都新宿区歌舞伎町)に育つ。母方の祖父は医師・発明家の野上八十八。
大久保小学校5~6年の頃、新潮社の世界文学全集を耽読したことが、後年長篇作家になる素地を培ったという。1942年4月、東京府立第六中学校入学。1943年4月、100倍の倍率を突破して名古屋陸軍幼年学校に入学するも、在学中に敗戦を迎えたため軍人への道が絶たれ、1945年9月、東京府立第六中学校に復学。同年11月、旧制都立高等学校理科に編入学。1949年3月、旧制都立高校理科卒業。同年4月、東京大学医学部入学。1953年3月、東京大学医学部卒業。

加賀乙彦新刊

  • 発売日
    2019年7月11日
  • 書名
    フランドルの冬 (P+D BOOKS)
  • 発売日
    2019年5月23日
  • 書名
    妻の死: 加賀乙彦自選短編小説集

受賞歴

加賀乙彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

加賀乙彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Nana_bot_remind人間には残念ながら、自分より下の存在を作ることで不安や焦りを解消する性向があります。自分に自信がなく、人と比べて心のなかで優劣をつけている人ほど、いじめという行為に走ってしまう。(加賀乙彦『不幸な国の幸福論』)
Shiba20[新刊発見] 2019-10 死刑囚の有限と無期囚の無限 加賀乙彦 [小説・エッセイ] https://t.co/Gsy1bgIVgA #sinkan
ak6kxj26挫折したら自分を鍛えるチャンスだと喜び、その経験を活かして違う方向に進んでみる。夢は変更可能なものですし、自分が本当に好きなことや向いていることが最初からわかっている人などそうはいません。だから、進む道も臨機応変に変えて行けばいいのです。(加賀乙彦「不幸な国の幸福論」)
ksmd0挫折したら自分を鍛えるチャンスだと喜び、その経験を活かして違う方向に進んでみる。夢は変更可能なものですし、自分が本当に好きなことや向いていることが最初からわかっている人などそうはいません。だから、進む道も臨機応変に変えて行けばいいのです。(加賀乙彦「不幸な国の幸福論」)
tenty7a76挫折したら自分を鍛えるチャンスだと喜び、その経験を活かして違う方向に進んでみる。夢は変更可能なものですし、自分が本当に好きなことや向いていることが最初からわかっている人などそうはいません。だから、進む道も臨機応変に変えて行けばいいのです。(加賀乙彦「不幸な国の幸福論」)
6kxsm挫折したら自分を鍛えるチャンスだと喜び、その経験を活かして違う方向に進んでみる。夢は変更可能なものですし、自分が本当に好きなことや向いていることが最初からわかっている人などそうはいません。だから、進む道も臨機応変に変えて行けばいいのです。(加賀乙彦「不幸な国の幸福論」)
zinseyutaka_bot挫折したら自分を鍛えるチャンスだと喜び、その経験を活かして違う方向に進んでみる。夢は変更可能なものですし、自分が本当に好きなことや向いていることが最初からわかっている人などそうはいません。だから、進む道も臨機応変に変えて行けばいいのです。(加賀乙彦「不幸な国の幸福論」)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
加賀乙彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)