トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 加賀乙彦

加賀乙彦

加賀乙彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

加賀 乙彦(かが おとひこ、男性、1929年4月22日 - )は、日本の小説家、精神科医(専門は犯罪心理学)。本名は小木貞孝(こぎ さだたか)。本名でも著作がある。日本ペンクラブ顧問。
1929年、東京市芝区三田に生まれ、東京市淀橋区西大久保(現・東京都新宿区歌舞伎町)に育つ。母方の祖父は医師・発明家の野上八十八『自伝』。父の小木孝次は安田生命のエリート社員で、のち、取締役『自伝』
大久保小学校5~6年の頃、新潮社の世界文学全集を耽読したことが、後年長篇作家になる素地を培ったという。1942年4月、東京府立第六中学校入学。1943年4月、100倍の倍率を突破して名古屋陸軍幼年学校に入学するも、在学中に敗戦を迎えたため軍人への道が絶たれ、1945年9月、東京府立第六中学校に復学。同年11月、旧制都立高等学校理科に編入学。1949年3月、旧制都立高校理科卒業。同年4月、東京大学医学部入学。1953年3月、東京大学医学部卒業。
東大精神科、同脳研究所、東京拘置所医務部技官を経た後に、1957年よりフランス留学を果たす。フランスに向かう船中で私費留学生の辻邦生と知り合う『自伝』
パリ大学サンタンヌ病院、北仏サンヴナン病院に勤務し、1960年に帰国。同年医学博士号取得。学位論文 「日本に於ける死刑ならびに無期刑受刑者の犯罪学的精神病理学的研究」 東京大学附属病院精神科助手を経て、1965年、東京医科歯科大学犯罪心理学研究室助教授。1969年から1979年まで上智大学文学部教授。
1964年、立原正秋主催の同人誌『犀』に参加し、高井有一、岡松和夫、白川正芳、佐江衆一、金子昌夫、後藤明生らと知り合う『自伝』。また、辻邦生を通じて、同人誌『文芸首都』にも参加『自伝』。この頃、久里浜特別少年院で犯罪心理学者として非行少年の調査を行うhttp://www.chikumashobo.co.jp/blog/pr_chikuma/entry/1017/
1968年、長編『フランドルの冬』の第一章を太宰治賞に応募し、候補作として『展望』に掲載されるが、その後全体を刊行、芸術選奨新人賞を受賞。1968年には、短編「くさびら譚」で第59回芥川賞候補にもなる。5年後の1973年に、『帰らざる夏』で谷崎潤一郎賞を受賞、同年活躍した小川国夫、辻邦生とともに「73年三羽ガラス」と呼ばれたが、江藤淳がこれらを「フォニイ」(贋物、ここでは通俗という意味)で批判したため、江藤と平岡篤頼の「フォニイ論争」を引き起こした。
1979年から文筆に専念。同年に『宣告』で日本文学大賞受賞。1986年に『湿原』で大佛次郎賞受賞。1987年のクリスマス(58歳)に遠藤周作の影響でカトリックの洗礼を受ける。1998年に『永遠の都』で第48回芸術選奨文部大臣賞受賞。2000年日本芸術院会員。2005年旭日中綬章受章。2011年、文化功労者。2012年、『雲の都』(全5巻完結)により毎日出版文化賞特別賞を受賞。
室生犀星とは7親等の血縁。死刑囚の苦しみを描いた『宣告』が代表作で、死刑廃止論者と見られている。娘はQVCジャパンでショッピングナビゲーターをしている加賀真帆。自宅は文京区本郷にある。
オウム真理教事件において、弁護士に依頼され松本智津夫に接見し、訴訟能力はなく治療すべきであると結論づけた。
1986年 日本文藝家協会理事。1988年 日本ペンクラブ理事。1997年から2003年、日本ペンクラブ副会長『自伝』。1998年 軽井沢高原文庫館長。

受賞歴

加賀乙彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

加賀乙彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shodiai挫折したら自分を鍛えるチャンスだと喜び、その経験を活かして違う方向に進んでみる。夢は変更可能なものですし、自分が本当に好きなことや向いていることが最初からわかっている人などそうはいません。だから、進む道も臨機応変に変えて行けばいいのです。【加賀乙彦】
bibun_n_botNo.130 (エフェ)小説「帰らざる夏」で谷崎潤一郎賞を受賞しました⇒かがおとひこ(加賀乙彦)
qmabungaku【エフェクト】小説『帰らざる夏』で谷崎潤一郎賞を受賞しました[加賀乙彦]→かがおとひこ
uu6kxj挫折したら自分を鍛えるチャンスだと喜び、その経験を活かして違う方向に進んでみる。夢は変更可能なものですし、自分が本当に好きなことや向いていることが最初からわかっている人などそうはいません。だから、進む道も臨機応変に変えて行けばいいのです。(加賀乙彦「不幸な国の幸福論」)
rfvrfv876人間には残念ながら、自分より下の存在を作ることで不安や焦りを解消する性向があります。自分に自信がなく、人と比べて心のなかで優劣をつけている人ほど、いじめという行為に走ってしまう。(加賀乙彦『不幸な国の幸福論』)
fsqryt挫折したら自分を鍛えるチャンスだと喜び、その経験を活かして違う方向に進んでみる。夢は変更可能なものですし、自分が本当に好きなことや向いていることが最初からわかっている人などそうはいません。だから、進む道も臨機応変に変えて行けばいいのです。(加賀乙彦「不幸な国の幸福論」)
kotirahedo1挫折したら自分を鍛えるチャンスだと喜び、その経験を活かして違う方向に進んでみる。夢は変更可能なものですし、自分が本当に好きなことや向いていることが最初からわかっている人などそうはいません。だから、進む道も臨機応変に変えて行けばいいのです。【加賀乙彦】
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
加賀乙彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)