トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 河野多惠子

河野多惠子

河野多惠子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

河野 多惠子(こうの たえこ、1926年(大正15年)4月30日 - 2015年(平成27年)1月29日)は、日本の小説家。勲三等瑞宝章、文化勲章受章。
大阪府生まれ。西道頓堀の椎茸問屋の娘。旧制大阪府女子専門学校(新制大阪女子大学の前身、現大阪府立大学)卒業。1950年、丹羽文雄主宰の『文学者』同人となる。1961年『幼児狩り』で注目され、1963年『蟹』で芥川賞を受賞する。1989年、日本芸術院会員。大庭みな子と共に女性初の芥川賞選考委員となり、1987年から2007年まで務めた。
谷崎潤一郎の衣鉢を継ぎ、マゾヒズム、異常性愛などを主題とする。また『谷崎文学と肯定の欲望』(1976)で読売文学賞を受賞するなど谷崎の読み手としても知られ、『谷崎文学の愉しみ』などの評論を書き継ぐほか谷崎潤一郎賞選考委員を務めた経験もある。また平林たい子を高く評価し、平林たい子記念会理事長を務めた。
夫は洋画家の市川泰(1925 - 2012)。
最晩年の谷崎が文京区関口の目白台アパートという高級マンションに住んでいた時、瀬戸内晴美が同じ階にいたので河野が来て、これが谷崎先生の部屋だと教えられてドアに口づけしたら、部屋を間違えていたなどということもあった。
『男友達』を出した時、「ベッドシーンだらけだ」と批判され、計算したら20%だったので反論文を書こうとして瀬戸内に相談すると、竹西寛子にも相談したらいいと言われ、竹西は、作家としてそういうことをしていいのは三回だけ、と言ったのでやめにした。
1990年、永山則夫が日本文芸家協会に入会しようとした際反対し、「そんな人が入ってきたら、あたし、怖いわよ」と言ったとされる。
2015年1月29日、呼吸不全のため死去。1926|4|30|2015|1|29。没後に従三位を追叙された。

受賞歴

河野多惠子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

河野多惠子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sum7colo河野多惠子の「幼児狩り」はタイトルからしてやばみだけど、中身もサイコー(大変素晴らしい文学を表現する語彙はフェードアウトオーイェ)そしてなんかしらグリウルでパロできないか考えてるギルティ
Namimagazine河野多惠子著『考えられないこと』の評者は池澤夏樹さん!/水鳥が飛び立ったあと(波2015年7月号)https://t.co/MtUteEKHTx
BungakuNoAtama別字:幼児狩…河野多惠子「幼兒狩り」
maruyaessai女の作家が男の作家にまさるものは何か。細部である。ディテイルだけ取つて言ふなら、河野多惠子は谷崎潤一郎をしのぐかもしれない。『快楽としてのミステリー』
yossy43jp最近買ったブックカバー肉球のスピンも付いたスグレモノ中身はなぜか角川ホラー文庫に入っている河野多惠子「妖術記」#ブックカバー https://t.co/IVFCFOMzpr
961_Cocoannaはじめて河野多惠子を読む。柔らかで静謐な物腰、鋭い洞察。説かれるその印象に既視感を覚えていると、なるほど、彼女は伊藤整によって才能を見いだされたとのこと。よく似ている。
AlkanMuze「計り知れない不思議を数えきれない細胞の中にかかえこんでいるからこそ、尽きない魅力に包まれているのだろう」と。最も親しかった河野多惠子と大庭みな子が「あの世に去ってしま」い、早くあちらで「三人で一晩中喋り明かしたいものだ」と最後にある。生まれ変わってもまた小説家でありたいとも。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
河野多惠子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)