トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 林京子

林京子

林京子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

林 京子(はやし きょうこ、1930年8月28日 - 2017年2月19日)は、日本の小説家。本名は宮崎京子。
1930年8月28日、長崎県長崎市出身。誕生の翌年、父(三井物産社員)の勤務地・上海に移住。1945年に帰国し、長崎県立長崎高等女学校(現長崎県立長崎東中学校・高等学校、長崎県立長崎西高等学校)3年に編入学。同年8月9日、市内大橋にある三菱兵器工場に学徒動員中、被爆した。爆心地に近かったが奇跡的に助かったと言われている。長崎医科大学附属厚生女学部専科(現長崎大学医学部)中退。1963年被爆者手帳を受ける。
被爆からおよそ30年を経て、その体験をモチーフに書きつづった短編『祭りの場』(『群像』1975.6)で第18回群像新人文学賞、および第73回芥川賞。実質文壇へ登場するきっかけとなった同作は芥川賞選考委員の井上靖らに激賞を受けるが、逆に安岡章太郎は「事実としての感動は重かったが、それが文学としての感動に繋がらなかった」と受賞に対して批判的であった。
受賞後に執筆した、十二の短編からなる連作『ギヤマン ビードロ』にて芸術選奨文部大臣新人賞受賞の内示を受けるが、「被爆者であるから国家の賞を受けられない」として辞退。その後も自身の被爆体験や家庭における問題、上海での少女時代などをもとにした作品を展開していく。
1983年『上海』で女流文学賞、1984年『三界の家』で川端康成文学賞、1990年『やすらかに今はねむり給え』で谷崎潤一郎賞、2000年『長い時間をかけた人間の経験』で野間文芸賞、2006年『その全集に至る文学的功績』を評価され、2005年度朝日賞を受賞。
原爆を特権化する姿勢があるとして批判もあり、中上健次は「原爆ファシスト」と呼んだことがある。

林京子新刊

  • 発売日
    2018年4月10日
  • 書名
    群像短篇名作選 1970~1999 (講談社文芸文庫)
  • 発売日
    2018年2月24日
  • 書名
    現代作家アーカイヴ3: 自身の創作活動を語る

受賞歴

林京子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

林京子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

utsuwa_hanada本日より林京子さんの新作展がはじまりました。思わず笑みがこぼれるような魅力あふれるうつわの数々がギャラリーいっぱいに展示されています。https://t.co/Xiyu7zGgiB企画展名:団欒のとき 林京子 ―うつわ新作展―… https://t.co/5MXlDnI1HM
chii_oboeta_qma【芥川賞】李良枝:由熙木崎さと子:青銅郷静子:れくいえむ林京子:祭りの場瀧澤美恵子:ネコババのいる町加藤幸子:夢の壁山本道子:ベティさんの庭吉田知子:無明長夜ちぃ覚えた
Koikesan_Q今日の伝七・・・三林京子と南田洋子がゲスト出演。お二人ともお着物がよくお似合いでお綺麗です
akutagawa_syou如何なれば膝ありてわれを接(うけ)しや──長崎での原爆被爆の切実な体験を、叫ばず歌わず、強く抑制された内奥の祈りとして語り、痛切な衝撃と深甚な感銘をもたらす林京子の代表的作品。芥川賞受賞作『祭りの場』林京子
cIcy0ITLmwBm42z恐怖時代/多神教で三林京子さん大好きになった。痺れた。思い返せばパジャマでは阿知波悟美さんにメロメロになり、宝塚でいったらアーネストでは出雲綾さん好きすぎてずっとモノマネしてた。どうも私はベテラン女優さんに惹かれる傾向にあるらしい。ちなみにエリザで1番好きなのはゾフィー様です。
naonao200170三林京子と山村紅葉、共通項あるなぁ
007_wataame恐怖時代観にきてる。鯨井さん目的で来たけど、北翔海莉さんと三林京子さんのお芝居素晴らしい。本当凄い。ここまで本格的な和物のお芝居みるの初めてだけど、所作も綺麗で見とれる。観に来てよかった。 https://t.co/9H62ISVjuL
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
林京子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)