トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 武田泰淳

武田泰淳

武田泰淳さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

武田 泰淳(たけだ たいじゅん、1912年(明治45年)2月12日 - 1976年(昭和51年)10月5日)は、日本の小説家。第一次戦後派作家として活躍。主な作品に『司馬遷』、『蝮のすゑ』、『風媒花』、『ひかりごけ』、『富士』、『快楽』など。
妻は随筆家の武田百合子、娘は写真家の武田花。兄は水産生物学者・東大教授の大島泰雄。伯父に僧侶・仏教学者・社会事業家の渡辺海旭がいる。
東京市本郷区(現在の東京都文京区本郷)にある浄土宗の寺に大島泰信の三男として生まれる。長い間二男とされていたが、上田女子短期大学教授の長田真紀の研究によって、夭折した次兄・信也がいたことが明らかになった。出生名は覚(さとる)。
父の師にあたる武田芳淳に養子に入り、武田泰淳と姓名を変更する。
京北中学校、浦和高等学校を経て東京帝国大学文学部支那文学科に入学、竹内好と知り合う。左翼活動を繰り返し、1年の時、中央郵便局でゼネスト呼びかけのビラ配布に参加して逮捕され、1ヶ月ほど警視庁丸ノ内署や本富士署に身柄を拘束される。釈放後に大学を中退し、1934年、魯迅の弟、周作人来日歓迎会を機に竹内好らと共に「中国文学研究会」を設立する。
1937年、華中戦線に送られるが2年後に除隊される。1943年、『司馬遷』刊行。終戦時には上海に滞在していた。日本に帰国して、1947年、『蝮のすゑ』発表。同年、北海道大学法文学部助教授として勤務した。翌年には『近代文学』の同人となり、作家活動に専念するため退職し帰京。
1951年、昭森社社主の森谷均がオーナーで当時文学者が多く集まっていた神田の喫茶・文壇バーの「ランボオ」で働いていた鈴木百合子との間に子ができる。長女・花の誕生と共に、11月に鈴木百合子と結婚。戦時中に起きた知床岬沖で遭難した船長の食人事件をテーマに、1954年『ひかりごけ』を発表。この作品により前述の事件はひかりごけ事件と言われるようになった。北海道滞在時に接したアイヌを題材にした『森と湖のまつり』が、発表直後の1958年には映画化された。翌年には二・二六事件を舞台にした『貴族の階段』が吉村公三郎監督で映画化された。
1964年、富士桜高原の別荘地「字富士山(あざふじさん)」に別荘「武田山荘」を構え、東京都港区赤坂の自宅に加え、よく過ごすようになる。
1969年(昭和39年)10月から、週の半分を過ごしている山梨県南都留郡鳴沢村の富士桜公園山荘から着想を得て、太平洋戦争末期の富士北麓の精神病院を舞台にした長編小説『富士』を文芸雑誌『海』に連載し、1971年に刊行した。『富士』執筆中に酒量が増え刊行後は、糖尿病原因の脳血栓症で入院、片麻痺が残ったため以後の作品は妻百合子の口述筆記により書かれた。 1973年に『快楽』で、日本文学大賞を受賞、1976年に『目まいのする散歩』で、野間文芸賞を受けるも、『秋風秋雨人を愁殺す』での1968年度芸術選奨文部大臣賞や日本芸術院会員の選出などの国家的栄誉は辞退し続けた。
1976年10月5日、胃ガン及び転移した肝臓ガンのため東京慈恵会医科大学附属病院で死去、64歳。戒名は恭蓮社謙誉上人泰淳和尚。未完作に『上海の蛍』(残りは一作のみだった)。葬儀等の後の整理は、遺言で竹内好と埴谷雄高に託された。没後間もなく、竹内らにより「増補版 全集」(筑摩書房)が刊行された。
泰淳の残した2000点以上の資料は、娘の花により2005年に日本近代文学館に寄贈された。資料の中には、中国への従軍時の日記「従軍手帖」もあり、泰淳が「個人的発砲」を行なったことが記されていた。なお担当編集者には村松友視・川西政明らがいる。川西は『武田泰淳伝』(講談社、2005年)により 伊藤整文学賞(第17回・評論部門)を受賞した。

受賞歴

武田泰淳関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

武田泰淳関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

etojunbot「文化大革命」の結果、マルクス・レーニン主義という「真善美」の伝統を継承しているはずの現代中国の中心が、「真っ二つに引き裂かれ」たことは否定しがたい事実である。(武田泰淳)
Xi_Rute【並替】【社会】No.0113武田泰淳の小説『ひかりごけ』の舞台となった、国内最大規模のヒカリゴケ群生地として知られる北海道羅臼町の洞窟は?→マッカウス洞窟
ttlw8q0t遺言の名言:死は平等です。平等であらねばなりません。どんなに壮烈な死も、どんなに惨めな衰弱死も、自己主張の死も、沈黙の死も、死にもし価値があったら、どんな死の重みも同じでなくてはなりません。 武田泰淳
meigen_11bot我々は人間の美しさ強さをありがたがるが、しかし、同時に人間の醜さや弱さもありがたがっていいのじゃないだろうか。 (武田泰淳 人間をささえるもの)
poleple2145この二人いかにも武田泰淳読んだこともなさそうだし、無意味な揚げ足取りして得意顔でなのをマークさんが呆れてるのも気付かないし…マジで息してる?と思った。 https://t.co/lliccN6CQJ
kumasannda「いま、読みつぎたいもの第5回 : 武田泰淳「汝の母を!」」https://t.co/JgZ6c5yzbO⇒「父に問う-いまと未来を知るために」で引用されていた小説。 https://t.co/e40NjW3iWk
sutoretia3708武田泰淳氏の佳作『目まいのする散歩』の一節に、《おお、世はすべてこともなし。されど‥……されど神秘のざわめきは、とこしへに続くなり》とある。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
武田泰淳さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)