トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 安岡章太郎

安岡章太郎

安岡章太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

安岡 章太郎(やすおか しょうたろう、1920年4月18日 - 2013年1月26日)は、日本の小説家。
高知県高知市帯屋町に父・安岡章、母・恒の子として生まれる。父方は、安岡正美(覚之助)や安岡正定(嘉助)などの土佐勤王党員を多くだした土佐藩士の安岡家であり、幕末は板垣退助率いる土佐藩迅衝隊に加わり戊辰戦争を戦った勤皇家である。母方の入交家も江戸時代は郷士だったという。章太郎の父は陸軍獣医官であったため、生後2ヶ月で千葉県市川市に転居。小学校3年の時、青森県弘前市に転居。小学校5年から東京青山、目黒などで育った。
青南小学校から第一東京市立中学校に入学するが、素行不良のため教師の実家の禅寺に寄宿生活を強いられる。この生活は3年に肋膜炎を患うまで続いた。
青南小学校以来軍隊除隊までの劣等生への風当たりは小説やエッセイで再三文章にしており、病気、落第と共に彼の重要な文学的動機になっている。
1939年、高知高等学校 (旧制)を受験するが失敗。浪人生活を城北高等補習学校で送り、毎日古山高麗雄と遊び歩いた。1940年、旧制松山高等学校や山形高等学校 (旧制)の受験に失敗し、1941年慶應義塾大学文学部予科に入学するも、1944年陸軍に学徒動員で召集され東部第六部隊へ入営し満州に送られた。部隊では射撃の最優秀兵であったが「銃の手入れが悪い」と叱責される模範的でない兵隊であった。翌年肺結核により除隊処分となり内地送還された。なお、部隊はその後に全滅し数少ない生き残りとなる。
戦後、復学するも陸軍少将の父は敗戦により失職し、復員後も公職にはつけなかった。そのため、家族は収入のほとんどを失った。結核菌による脊椎カリエス(結核性脊椎炎)を患い、大きな肉体的・精神的苦痛の中1948年英文学科を卒業する。その当時コルセットをつけながら、吉行淳之介や阿川弘之と盛り場などを遊び歩いたと言う。
1951年『ガラスの靴』が芥川賞の候補作に選ばれ、文壇に注目される。1953年、選考委員の評価が真っ二つに割れながらも『悪い仲間』・『陰気な愉しみ』により、芥川賞を受賞し、1954年には脊椎カリエスが快癒(自然治癒したが、その為背丈が数センチ縮んだという)。創作活動に意欲的に取りくむ。『流離譚』では土佐藩での祖先の事跡を調査、『果てもない道中記』では中里介山『大菩薩峠』を論じた。
1960年代初頭に約半年間ロックフェラー財団の基金でアメリカ留学、公民権運動たけなわのテネシー州ナッシュビルに滞在し、その経験を『アメリカ感情旅行』としてまとめる。その後もアメリカに対する関心を深くもち、アフリカ系アメリカ人の先祖を探った作品『ルーツ』(アレックス・ヘイリー著)の翻訳もしている。
批評家としても文壇の評価が高かった安岡は、芥川賞をはじめ大佛次郎賞や伊藤整文学賞選考委員も務めた。また学校国語教科書に、1955年著の「サアカスの馬(サーカスの馬)」が採用されている。
2013年1月26日、老衰により死去。1920|5|30|2013|1|26。

安岡章太郎新刊

  • 発売日
    2018年6月22日
  • 書名
    安岡章太郎 戦争小説集成 (中公文庫)
  • 発売日
    2018年3月11日
  • 書名
    群像短篇名作選 1946~1969 (講談社文芸文庫)
  • 発売日
    2018年2月1日
  • 書名
    もうすぐ絶滅するという煙草について

受賞歴

安岡章太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

安岡章太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

18SPIbot【小説「海辺の光景」】安岡章太郎が著した小説
japwords【直喩法】「まるで」「のように」などの語句を用いてたとえる方法「ゴム鞠のようにふくらんでいた頬は内側からすっかりえぐりとられたように凹んで、前歯一本だけをのこして義歯をはずされた口はくろぐろとホラ穴のようにひらかれたままだ」(安岡章太郎『海辺の光景』)
morisinji@Zoo_YZF_R1 ソヴィエトの作家ソルジェニーツィンが来日して鼎談し「日本人は神を信じないのに何に対して畏怖を抱くのか?」といって、やはり作家の安岡章太郎が「自然に対してです」といったのを思い出します。
kokugokyokasyoするとぼくは、くやしい気持ちにも、悲しい気持ちにもなることができず、ただ心の中をからっぽにしたくなって、目をそらせながら、(まあいいや、どうだって。)とつぶやいてみるのである。(サーカスの馬/安岡章太郎/中二)
miyagasaki親が死ぬという ことの出会いは 安岡章太郎の「海辺の光景 」が初めてだった 。あんなに悲しい話なのに 随分救われたような気がする 。夫婦で嫌いあっていたのに、最後の言葉が「おとうさん」で、あああって思った。高校生のころ。
gazei45450721 #名刺代わりの小説10選 幽霊(北杜夫)鐘の渡り(古井由吉)夏の砦(辻邦夫)KYOKO(村上龍)千年の愉楽(中上健次)海辺の光景(安岡章太郎)バナナ剥きには最適の日々(円城塔)ユリシーズ(ジェイムズ・ジョイス)高… https://t.co/jTwr5ZVLYr
tome3000@w_denki https://t.co/vVmmAttqBvあの現国のクセに安岡章太郎を知らないイカサマ教師ですか?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
安岡章太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)