トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山田詠美

山田詠美

山田詠美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山田 詠美(やまだ えいみ、''Amy Yamada''、本名山田 双葉、やまだ ふたば、1959年〈昭和34年〉2月8日 - )は、日本の女性小説家、漫画家である。愛称は、ポンちゃん。
2歳頃まで東京都板橋区で過ごし、その後父の転勤のため札幌市(約3年)、加賀市(約1年2ヶ月)、磐田市(約4年)を転々とする。5年生の2学期より栃木県鹿沼市に転居。市立小学校、市立中学校と過ごし、栃木県立鹿沼高等学校に進学。高校では美術部や山岳部にも所属したが、3年間通したのは文芸部。住まいは父の勤務する会社の社宅が主であったが、高校時代に実家が宇都宮市に居を構える。高校時代はボリス・ヴィアン、フランソワーズ・サガンなどを愛読。
明治大学文学部日本文学科に進む。大学時代は明治大学漫画研究会に所属したが、他の部員とは話が合わず、浮いている存在だった。在学中、OBとして当時すでにプロになっていたいしかわじゅんが漫研を訪ねてきたことがきっかけで、高取英編集長のエロ劇画誌であった『漫画エロジェニカ』に紹介してもらい、在学中に本名の山田双葉名義で漫画家としてデビュー。同時期に同誌でエロ漫画デビューしたまついなつきと並び女子大生エロ漫画家として取り上げられた。
1981年(昭和56年)に大学を中退し、クラブなどでアルバイトをしながら漫画作品を発表。漫画家としては『シュガー・バー』(1981年けいせい出版)、『ミス・ドール』(1986年河出書房新社)、『ヨコスカフリーキー』(1986年けいせい出版)を出版している。
1985年(昭和60年)、『ベッドタイムアイズ』(河出書房新社)で文藝賞を受賞しデビュー、芥川賞の候補にもなった。次いで『ジェシーの背骨』(同)、『蝶々の纏足』(同)が続けて芥川賞候補に挙がるも受賞には至らなかった。
1987年(昭和62年)の『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』(角川書店)で直木賞を受賞。候補外であったが選考委員の五木寛之の強い推薦があり受賞に至った。また、この直木賞受賞前には、山田が当時交際していた外国人男性が婦女暴行容疑で逮捕されるという事件が発生、受賞への影響、外国人男性へのバッシングが話題となった。
1999年(平成11年)には、大学入試センター試験の試験科目「国語 I・II」の第2問に、山田の小説 『ぼくは勉強ができない』の「番外編 眠れる分度器」の一部が問題文として使用された。
現在は、芥川賞選考委員の常連である。2003年上半期第129回から務めている。

受賞歴

山田詠美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山田詠美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sekiseiwordなんという鳥なのか名前は解りませんが、それはいつも姿を見せないまま、窓の外でゆんゆんゆんと鳴いているのでした。それを耳にするたび、私は、麻子の姿を捜してしまいます。彼女が自分を呼んでいるような気がするのです。/山田詠美「アトリエ」
_yuukixxx山田詠美「つみびと」読了。若い女の子が赤ちゃんを産み捨てたり、シングルマザーがネグレクトの末に子供を死なせたり。そんな事件が起きるたび非難されるのは母親ばかりで、妊娠させた男や、父親の責任を問わないのはおかしいじゃないかという声がやっと最近は聞こえてくるようになったけれども。
IucK7o読了 ぼくはビート 山田詠美山田詠美にハマったのははるなれもんさんの影響。これは短編集。全部男女のことだけど、生っぽくなくてカッコいい。
C5CxXgZsa9UcOPJ『私が思っていた「良い先生」とは…子供が大人以上に発達した羞恥心を持っていること、を知っている教師たちである』 山田詠美
GuGuGuGuZi山田詠美とか深田えいみじゃん
boobookwords時には幸福よりも不幸の方が人をひきつけるものだ。(『放課後の音符』山田詠美p14)
tabix_gogoむかし読んだ山田詠美せんせいのエッセイに、当時の旦那だった人のアメリカの義実家に行くと、とりあえず会話の輪の中に招き入れられると、自分は一人でぼーっとしてたいたちなのに、それだと変だと思われると、喋らないやつはバカだと思われると、いうようなことが書いてあって印象に残ってる
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山田詠美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)