トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 福永武彦

福永武彦

福永武彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

福永 武彦(ふくなが たけひこ、1918年(大正7年)3月19日 - 1979年(昭和54年)8月13日)は、日本の小説家、詩人、フランス文学者。
東京帝国大学の学生であった福永末次郎と日本聖公会の伝道師であったトヨの長男として、福岡県筑紫郡二日市町(現・筑紫野市二日市)に生まれる。東大卒業後に三井銀行に就職した父・末次郎の転勤によって、横浜市、佐世保市、福岡市で過ごし、1926年6月、東京に転居する。その前年の1925年3月に母・トヨは弟・文彦を生んだが、翌月産褥熱のため死去している。
開成中学、第一高等学校を経て、1941年、東京帝国大学文学部仏文科を卒業する。
1945年、治療と疎開のため北海道帯広市に移り、3ヶ月ほど滞在したのち一時東京に戻るが、翌1946年再び帯広に渡り、帯広中学校の英語教師として赴任する。その年に処女作「塔」を発表する。しかし冬に肋膜炎を再発し、1947年秋に手術のため上京し、清瀬の東京療養所に1953年まで入院した。それまでに中学校教諭を退職した。
その間に同級生(旧制高校)の中村真一郎、加藤周一らと文学同人「マチネ・ポエティク」を結成し、日本語での押韻定型詩の可能性を追求した。戦後、この3人で『1946年・文学的考察』を刊行し、戦場での体験や左翼運動を経験した第一次戦後派作家とは距離をおいた文学活動を始めた。
1954年の長編小説『草の花』で作家としての地位を確立し、人間心理の深奥を探る多くの長編小説を発表した。また、中村真一郎と共に堀辰雄の薫陶を受け、『堀辰雄全集』の編纂にもかかわった。1961年学習院大学教授。フランス文学を中心にヨーロッパの文学動向を論じた。ボードレールなどの翻訳や芸術家を主題にしたエッセイ、古典の現代語訳(『日本書紀』、『古事記』、『今昔物語集』)もある。
また、中村真一郎・堀田善衛と共に映画『モスラ』の原作となる『発光妖精とモスラ』を執筆、中村真一郎・丸谷才一と組んで、西洋推理小説を巡るエッセイ『深夜の散歩』を刊行し、さらに加田伶太郎の名前で推理小説を書いた。
幼少時にキリスト教伝道師である母親の元を離れて、父親に預けられた。母親との約束を守り、父親は開成中学時代までは教会に武彦を連れて出席した。しかしその後、武彦は教会から遠ざかる。死の2年前、1977年にキリスト教朝顔教会の井出定治牧師により、病床洗礼を受け、クリスチャンになった。死ぬまでの2年間は教会に通い、聖書をギリシア語などで、原典に忠実に読んだ。1979年、脳内出血で死去した。朝顔教会で教会葬を行った。
同人仲間の原條あき子(詩人、2003年没)と1944年に結婚したが、1950年に離婚。二人の間に作家池澤夏樹がおり、さらにその娘が声優・池澤春菜である。

福永武彦新刊

  • 発売日
    2019年10月30日
  • 書名
    深夜の散歩 (ミステリの愉しみ) (創元推理文庫)

受賞歴

福永武彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

福永武彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

p4RYmnYDym8bm3d@wuzuki_ 名前は人間のイメージ喚起に大きな役割を果たしています。人間の認識に占めるイメージの位置は大きいというのが私の考えです(大学卒論もその類いのテーマ)。福永武彦『草の花』の主人公の名前は汐見茂思(しおみしげし)。も… https://t.co/D1Kvh0UT9K
maruyaessai大岡昇平とか、福永武彦とか、自分でもミステリも手がけた人たちはもちろんですが、さうでない作家たちもずいぶん読んでゐる。たとへば三島由紀夫。彼の『午後の曳航』はエラリー・クイーンの『Yの悲劇』の影響下に書かれたこと、歴然としてゐる。『人魚はア・カペラで歌ふ』
kotoba_wakare人間の心なんて儚いものよ、神の愛は変わらないけど、人間の愛には終わりがあるのよ。 「草の花」福永武彦
akitsura_b#町へ出るな書を読もう古事記(福永武彦訳)ちゃんと読んでるかと言われたらそういう人って案外少ない気がする。この機会に一度読んでおこう。いろんな人が訳してますが、私は福永武彦訳がお気に入り。小ネタですが、福永武彦は池… https://t.co/0akdWfQRpk
kokoro116愛することは信じることだ、この一瞬を悔いなく生きることだ。不安が何だろう、死が何だろう、この魂の静けさ、この浄福、この音楽、この月の光……。僕はいま死んでもいい、こうやって、君を愛しながら、いま、――(福永武彦、『草の花』)
ana_polyushko父・福永武彦の訳を「まどろっこしい」とdisってるのが最高
mebius_neta【京一郎の学友③】藤木(希臘哲学研究室所属。京一郎をアドニスと呼んで詩を書いている。妄想狂だがミサキ曰く害はないらしい)名前の由来は福永武彦氏の『草の花』の登場人物から。ローザさんのイメージでは理想化がとんちんかんで、京一郎が厠へ行くのを見て勝手にショック受けてたりする感じ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
福永武彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)