トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 秋山駿

秋山駿

秋山駿さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

秋山 駿(あきやま しゅん、1930年(昭和5年)4月23日 - 2013年(平成25年)10月2日)は、日本の文芸評論家、日本藝術院会員。従四位。
東京府出身。旧制第二早稲田高等学院を経て、新制早稲田大学第一文学部に進み、1953年に仏文科を卒業する。評論『内部の人間』『想像する自由』(1963年発表)などを三島由紀夫に激賞された。1979年から93年まで東京農工大学教授、97年から武蔵野女子大学教授、2001年、客員教授を務めた。1997年に日本芸術院会員。
「石ころ」が秋山駿の批評のキーワードだと言われる。目の前の石ころから発想するのである。群像新人賞を受賞したが、以後三年間低迷する。『群像』が批評を掲載してくれないので、もう一度新人賞に応募しようとしてとめられたという。内向の世代の同伴者的批評家として出発する。
『恋愛の発見』では、恋愛とは犯罪に似ており、「俺は、こうする」というもので、学校的な知性では計れないものだと論じた。『信長』は、ベストセラーになった。大病を患ったがそこから復活し、晩年は『私小説という人生』で、改めて私小説を擁護し、話題となった。
瀬戸内寂聴、渡辺淳一など、通俗作家としてあまり文芸評論家が論じない作家を積極的に評価している。早くから時代小説家では、藤沢周平や宮城谷昌光を評価した(『時代小説礼賛』より)。
2013年10月2日に食道がんのため死去。83歳没。

受賞歴

秋山駿関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

秋山駿関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Moto96569809しっかし本編の秋山、桐生ちゃんのことが大好きだなあ。発言から桐生ちゃんに向ける視線まで好意がひしひしと伝わってくる。しかし時と場合によっちゃ利用もするし脅しもする。つくづくずるい男だ、秋山駿ってやつは。
ryugoroku_bot文句言うわけじゃないんですけど、桐生さん、尾けられましたね?…あ、目そらした。/秋山駿
4itmtiger腕の毛や眉毛も無精髭と負けないくらい大好きなのですが今日は無精髭オンリーで行かせていただきます。鼻の下は青髭でもめちゃくちゃ興ふ、いえ大好きです。例えるならFFのグラディオ、ジェクト、アーデン、龍如の秋山駿が大好きです。最高ですよ… https://t.co/CRS6bR6wHr
ryuutabot例え毒に犯されても 深い闇に包まれても『あなたと』「お前と」『二人で』「ならば」乗り越えられるわ悲しい日は側で泣こう 嬉しい日は側で笑おう『一緒に』「歩もう」二人の思い出の街で[神室純恋歌/秋山駿&花]
seika_ryu_on_mkえー、秋山駿のキラカードが欲しいですぅ〜(笑)
aa73gb1y生きる意味の名言:「哲学とは死を学ぶことだ」というのは、生における死の流れを絶えず見守り、深く考察せよ……という意味ではないか。 秋山駿
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
秋山駿さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)