トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 秋山駿

秋山駿

秋山駿さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

秋山 駿(あきやま しゅん、1930年(昭和5年)4月23日 - 2013年(平成25年)10月2日)は、日本の文芸評論家、日本藝術院会員。従四位。
東京府出身。旧制第二早稲田高等学院を経て、新制早稲田大学第一文学部に進み、1953年に仏文科を卒業する。評論『内部の人間』『想像する自由』(1963年発表)などを三島由紀夫に激賞された。1979年から93年まで東京農工大学教授、97年から武蔵野女子大学教授、2001年、客員教授を務めた。1997年に日本芸術院会員。
「石ころ」が秋山駿の批評のキーワードだと言われる。目の前の石ころから発想するのである。群像新人賞を受賞したが、以後三年間低迷する。『群像』が批評を掲載してくれないので、もう一度新人賞に応募しようとしてとめられたという。内向の世代の同伴者的批評家として出発する。
『恋愛の発見』では、恋愛とは犯罪に似ており、「俺は、こうする」というもので、学校的な知性では計れないものだと論じた。『信長』は、ベストセラーになった。大病を患ったがそこから復活し、晩年は『私小説という人生』で、改めて私小説を擁護し、話題となった。
瀬戸内寂聴、渡辺淳一など、通俗作家としてあまり文芸評論家が論じない作家を積極的に評価している。早くから時代小説家では、藤沢周平や宮城谷昌光を評価した(『時代小説礼賛』より)。
2013年10月2日に食道がんのため死去。83歳没。

秋山駿新刊

  • 発売日
    2018年1月11日
  • 書名
    小林秀雄と中原中也 (講談社文芸文庫)

受賞歴

秋山駿関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

秋山駿関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ryugoroku_botあの、一応聞くけど……ダメだって言ったら、素直に言うこと聞く? わけないよね……。君、なんてったってあの桐生さんと一緒に生きてきた女の子だもんね。/秋山駿
tmk_actでも、秋山駿が一番好き
ryuutabotだめだね だめよ だめなのよあんたが 好きで好きすぎてどれだけ 強いお酒でも歪まない思い出が 馬鹿みたい[ばかみたい/秋山駿]
udondon_tbn誰ですかこんなに鋭い質問したの!本命キャラ…いやあの…ほんと決められないっす…キャラ…ルカ姉も秋山駿も猿飛佐助もすきなんで…今ならルカ姉かな…https://t.co/UOAol4lFc4 #peing_lukatsubo #質問箱
shindesuyo53@okapi0408 本日、饗庭孝男氏の『知と感性の対話』読了しました。死を中心に据えた対談、得るところ大でした。特に伊東静雄を秋山駿と語り、辻邦生との文学・絵画・音楽を語った箇所は圧巻。
sirakawakeiT.O.Pイトゥク藍染惣右介秋山駿柏木修歌仙兼定ギムレットベートーヴェン黄泉 #推しを9人晒すと好みがわかる下から3人はモンスト。そして2次元3次元混ざってます(笑)
Edo21kon元々、ユースっ子では佐々木大樹君が名前も知ってるし注目してたけど、最近は完全に秋山駿君推しです。なぜ写真撮ってもらわなかったんだ昨日…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
秋山駿さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)