トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高橋源一郎

高橋源一郎

高橋源一郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高橋 源一郎(たかはし げんいちろう、1951年1月1日 - )は、日本の小説家、文学者、文芸評論家。明治学院大学教授。
散文詩的な文体で言語を異化し、教養的なハイカルチャーからマンガ・テレビといった大衆文化までを幅広く引用した、パロディやパスティーシュを駆使する前衛的な作風。日本のポストモダン文学を代表する作家の一人である。
=
広島県尾道市の母の実家に生まれる。1歳まで大阪の帝塚山の父の実家にておもに祖母の手で育てられた。尾道市立土堂小学校在学時に自転車屋が廃業。また父の経営していた鉄工所が倒産。1959年、東京の大泉学園に移り住む。練馬区立大泉東小学校に入学するも、尾道に戻り土堂小学校に転校し直す。1960年、東京の千歳船橋に移り住む。世田谷区立船橋小学校に転校。1963年4月、麻布中学校に入学。1964年1月、灘中学校に転入。このころ鮎川信夫、谷川雁、鈴木志郎康等の現代詩を読み、感銘を受ける。同級生の竹信悦夫から多大な影響を受けたgroup="注"|内田樹との対談で高橋は次のように語る。「中高6年間で、年間100本単位で映画を観ていたけど、ベストムーヴィーは『アラビアのロレンス』と『気狂いピエロ』。そこは竹信も僕も同じだったかもしれない。(中略) 僕が唯一、竹信が泣いているのをみたのは、『気狂いピエロ』の初映の1回目で隣に座って観たときですね」。1966年4月、灘高校に入学。高校時代より無党派のデモに参加group="注"|1968年9月2日、大阪府立市岡高校で日本で最初の高校生による学校占拠が行われた。灘高校の生徒も多数参加したが、その中に高橋も含まれていた。。
1969年、東京大学を受験する予定だったが、東大入試の中止により京都大学を受験して失敗、二期校である横浜国立大学経済学部に入学した。しかし大学紛争中のストライキでほとんど授業が行われず、活動家として街頭デモなどに参加する日々を送る。その体験が原因で一種の失語症となり、書くことや読むことが思うようにいかなくなる。
1972年夏、土木作業のアルバイトを始め、鉄工所や化学工場、土建会社などの肉体労働に10年ほど従事する日々を送る。1977年3月、大学を除籍になる。除籍になった頃にハイセイコーの弥生賞を偶然テレビで見たことで競馬にハマる。

受賞歴

高橋源一郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高橋源一郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

denkidenki0011/21更新♪ 王様のブランチ ブックランキング ★第6位★ 民主主義ってなんだ? 高橋源一郎・SEALDs https://t.co/z2fj0Jph2D
sssugita→正直、あまり自信がなかった「高橋源一郎論」ですが、何人かの方から「よかった」「面白かった」と言ってもらえて、ほっとしています。この原稿だけで200枚と、もう少しで新書一冊分くらいありますし、他のメンバーの原稿も力作ぞろい。限界研の『東日本大震災後文学論』をよろしくどうぞ。
zqpmn本を読むようにしてください。自分の得意ジャンル以外の本を。視野の狭い人間にならないように。他人の言葉に、真剣に耳を傾けるようにしてください。自分の信じる「正しさ」以外にも「正しさ」があることを知ってください。(高橋源一郎)
tempo_san女性誌はファッションやメイクの情報以前に、女性を取り巻く「思想」を売っているのだ、と書いていたのはたしか高橋源一郎。 https://t.co/xlziLNIJ7v
kowito3室井佑月が政府の北朝鮮への対応に「さもありなん」?〈週刊朝日〉(dot.)高橋源一郎の元妻で元直木賞作家の室井祐月さん、知性のカケラもないね〜こんなのがテレビや週刊誌でコメントしてんだから…いやはやしょうもない https://t.co/MDq7zsNyTF
cobokobo@haku_mei #人生に影響を与えた本 いや、まだ結構あるぞ。ヨ―スタイン・ゴルデル:カード・ミステリー伊藤計劃:虐殺器官金井美恵子:タマや夏目漱石:私の個人主義谷崎潤一郎:細雪高橋源一郎:優雅で感傷的な日本野球… https://t.co/hpaxrIdKb5
higesan39高橋源一郎最強説ですがそれは… #nhk_suppin
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高橋源一郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)