トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 日野啓三

日野啓三

日野啓三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

日野啓三新刊

  • 発売日
    2018年9月18日
  • 書名
    P+D BOOKS 抱擁
  • 発売日
    2018年9月13日
  • 書名
    抱擁 (P+D BOOKS)

受賞歴

日野啓三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

日野啓三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

RieMatsuda「現実に虚心にひたむき迫ろうとすれば、現在の中に未来の影孕まれていることも見えてくる」日野啓三  開高健著「ベトナム戦記」解説より
yonedakenji【本棚登録】『砂丘が動くように (講談社文芸文庫)』日野 啓三 https://t.co/iZzgvwuTwD #booklog
kokugonohon本当におれがいまも追われ続けているのか、実のところははっきりしないのだが、ビルの曲がり角、エレベーターの中、人ごみの背後の息づかい、アパートの鉄板の階段をのぼってくる靴音……いつも危険な気配にみちている。(『星の流れが聞こえるとき』日野啓三)
watareru_mcn初期の池澤夏樹とかポールオースター、日野啓三辺りの"消失"感には多分めちゃめちゃ影響受けてたと思う。後は子供の頃からよく読んでた推理小説怪奇小説幻想小説の類い...なんかどろっとしてんだよな。
qmabungaku【連想】『天使を誘惑』/『退屈しのぎ』/『真夜中のボクサー』/『九月の空』で芥川賞を受賞A.日野啓三B.高橋三千網C.堀田善衛D.中山義秀→B.高橋三千網(たかはし みちつな)
schutinn日野啓三の短編小説『ワルキューレの光』にムンクについて書かれた一節がある。「いま荒涼と仄暗い冥府のような町の中で、不意に彼の絵に出会うと、その異様な雰囲気が非日常というより日常、狂気というよりむしろ正気のように思えてくる」明日は北欧の雰囲気に触れられたらと思う。
bikasebu(連想)1『還れぬ旅』 2『砂丘が動くように』 3『此岸の家』 4『あの夕陽』で芥川賞受賞 A日野啓三/(連想)1『碑』 2『台上の月』 3『テニヤンの末日』 4『厚物咲』で芥川賞受賞 A中山義秀
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
日野啓三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)