トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 日野啓三

日野啓三

日野啓三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

日野 啓三(ひの けいぞう、1929年6月14日 - 2002年10月14日)は、日本の小説家、文芸評論家。ベトナム戦争を題材にした作品や、現代都市における幻想を描く都市小説といわれる作品などで知られる。
東京府豊多摩郡生まれ。5歳の時に父親の仕事のため朝鮮に移り、小中学校時代を慶尚南道密陽で暮らした。1942年にソウルに移って、龍山中学に通う。敗戦後は父親の故郷広島県福山市に引き揚げ、広島県立府中中学校(現広島県立府中高等学校)を経て、1946年に旧制一高入学、この頃野間宏、椎名麟三などの戦後文学に関心を持ち、大岡信、丸山一郎(佐野洋)らと同人誌『二十代』、次いで同じメンバーで『現代文学』を作り、文芸評論を執筆した。
1952年、東京大学文学部社会学科卒業し、読売新聞外報部に勤務。この年に『文学界』の新人批評家特集で「荒正人論-虚点という地点について」寄稿、同誌の会合で安岡章太郎、吉行淳之介、奥野健男ら同世代の作家や批評家と交流する。1954年に奥野健男、佐野洋らと同人誌『現代評論』を刊行する
1960年に軍政下のソウルに特派員として赴任。翌年帰国して直後に離婚、ソウルで知り合った妻と再婚する。1964年にベトナム戦争中のサイゴンに赴任し、開高健らと知り合う。帰国後1966年にベトナム戦争取材記者を題材にした「向こう側」を季刊誌『審美』に発表し作家デビュー。1967年に新聞の長期連載のために再度ベトナム取材。
『此岸の家』で平林たい子文学賞、1975年『あの夕陽』で芥川賞受賞。その後、1982年幻想的作風の『抱擁』で泉鏡花文学賞、1986年『夢の島』で芸術選奨文部大臣賞、同年『砂丘が動くように』で谷崎潤一郎賞受賞。1987年芥川賞の選考委員に加わる。
1990年に肝臓癌が発見されて摘出手術。1992年、『断崖の年』で伊藤整文学賞。1993年、癌治療中の体験を描いた『台風の眼』で野間文芸賞、1996年近未来小説『光』で読売文学賞。2000年、芸術院賞、日本芸術院会員。ほかに代表作として『天窓のあるガレージ』がある。
2000年にくも膜下出血で倒れ、歩行が困難となる。2002年10月14日に大腸癌で死去するまで読売新聞社編集委員の地位にあった。葬儀委員長は詩人の大岡信がつとめた。
アニメや漫画に対しても関心を抱き、『伝説巨神イデオン』『装甲騎兵ボトムズ』などに対して相応の評価をした。
長男の日野鋭之介はプロモデラー、原型師。

受賞歴

日野啓三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

日野啓三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sava_mujirushi前に日野啓三、買い損ねたから回収しに行く感じだけど、毎度のごとく迷子になりそう
0__lllo日野啓三の都市の描写は、ちゃんと描写していると感じる。
Naramel2056『男たちは北へ』とか、日野啓三の短編とか、国道を冒険の舞台にする小説を読んでも「所詮国道だから冒険と言っても大したことなかろう」と思ってたが、実際にひたすら国道を移動してみたら、なかなか珍しいものが見れて、あの作品たちはこういうリアリティに基づいて書かれたのだなと思った。
tatuki0「書く」ことによって「ほんとうのこと」が呼び出され呼び寄せられ、息を吹きかけられ血を注ぎ込まれ、影のように亡霊のように、近く遠く明るく暗く立ち現れるのであって、「書く」前にホントもウソもない。(日野啓三『書くことの秘儀』)鷲田清一『死なないでいる理由』p.24
bs_sea_sunset_新刊入荷です。第167回芥川賞受賞作『おいしいごはんが食べられますように』(高瀬隼子/講談社)や、『光』(日野啓三/小学館)は都市を舞台にして人間の陰陽を見事に描きます。『1946・文學的考察』(冨山房百科文庫)は戦後日本文学の理… https://t.co/RKNcIT5tjW
Gimmikc日野啓三の「私にとって都市も自然だ」から、道路で野良動物が轢かれて死ぬのも自然の一環と捉えておりま。
renko_tsubaki光/日野啓三初読み作家さん。月面基地での作業中に事故に遭った男は記憶を喪って帰還した。一体彼の身に何があったのか。ある時彼は入院していた精神病院を抜け出してあてどもなく東京を放浪する。喪った自分を探すように。様々な出会いを経て彼… https://t.co/ePhRyzUo3T
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
日野啓三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)