トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中村光夫

中村光夫

中村光夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中村 光夫(なかむら みつお、1911年(明治44年)2月5日 - 1988年(昭和63年)7月12日)は、文芸評論家、作家。本名、木庭一郎(こば いちろう)。第6代日本ペンクラブ会長、文化功労者、日本芸術院会員。私小説批判で有名。
東京市下谷区練塀町(現在の東京都台東区秋葉原)生まれ。祖父木庭榮は医師。
1917年、東京市本郷区追分小学校に入学。本郷区誠之小学校に転じて卒業後、1923年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)に入学。附属中の同級生には、石川馨(東京大学名誉教授)、島田秀夫(日本サッカー協会名誉会長)、小川平四郎(初代駐中国大使)などがいる。
1928年第一高等学校文科丙類(仏語クラス)入学。1931年4月東京帝国大学法学部に入学するが、6月退学。翌1932年4月東京帝国大学文学部仏文学科に再入学し、1935年3月に卒業。卒論のテーマはギ・ド・モーパッサン。この時期は、プロレタリア文学にも影響を受け、そうした習作も書いていた。
大学時代から『文學界』に評論を発表、1935年文芸時評を連載して新進の文芸評論家として注目される。1936年同誌に連載した「二葉亭四迷論」で第一回池谷信三郎賞受賞。
1938年フランス政府に招かれて渡仏し、パリ大学に学ぶが、1939年第二次世界大戦勃発に伴って帰国。同年吉田健一、西村孝次、山本健吉と同人誌『批評』を発行した。1940年外務省嘱託となり、1941年これを辞して筑摩書房顧問となる。
戦後は鎌倉アカデミアで教鞭を執る。1949年より明治大学教授。同年丹羽文雄とリアリズムをめぐって論争し、1950年近代日本文学批判である『風俗小説論』を上梓する。また1951年にはカミュ「異邦人」をめぐって広津和郎と論争。翌年読売文学賞受賞。『谷崎潤一郎論』を上梓、1954年『志賀直哉論』を上梓、いずれも大家を否定する内容であった。1956年芥川賞選考委員となる。1957年最初の戯曲「人と狼」を発表し話題となる。
1958年に、大岡昇平、福田恆存、三島由紀夫、吉田健一、吉川逸治との集い<鉢の木会>で、季刊同人誌『聲』を丸善を発行元に、10号発行した。同時期に『二葉亭四迷伝』を上梓、再度読売文学賞受賞。1959年には「ふたたび政治小説を」を『中央公論』に発表して話題となる。1962年日本近代文学館理事。1963年京都大学へ講師に赴任したが、この時の教え子に十川信介がおり、十川のために数年間、毎年京大へ行ったという(十川『落ち葉のはきよせ』)。同年初の小説『「わが性の白書」』を発表、上梓。1965年戯曲『汽笛一声』で三たび読売文学賞、1967年明治期の作家長田秋濤を描いた『贋の偶像』で野間文芸賞受賞。1967年日本芸術院賞受賞、1970年芸術院会員。1981年明大を定年退任。1982年文化功労者。
1988年7月12日、肺炎のため神奈川県鎌倉市扇ヶ谷の自宅で死去。
戦後間もなく、『風俗小説論』で日本の私小説を厳しく批判し、島崎藤村の『破戒』のような本格小説が出たのに、田山花袋の『蒲団』のようなものが出て日本の小説がダメになったと主張した。1955年から30年間芥川賞選考委員を務めたが、中村が退任した以降は選考委員は作家のみである。
近代仏文学の分野ではギュスターヴ・フローベールの『ボヴァリー夫人』も翻訳しており、蓮實重彦と共同作業を行い、蓮實に影響を与えた。
独特の「ですます」文体による評論は、当人は「文章を長くして原稿料を余分に取るため」と韜晦していた。
姉しげ子は、作家深田久弥の二度目の妻。弟木庭二郎と木庭三郎は共に理論物理学者。最初の妻との間に二児があったが、中村が43歳時に妻と死別、二度目の妻の木庭久美子は劇作家でもあった。没する直前にカトリックの洗礼を受けた。

受賞歴

中村光夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.4.12 第56回群像新人文学賞に秦さんら

    小説部門の当選作は、秦六男さん(22)の「鶏が鳴く」、評論部門の優秀作は木村友彦さん(45)の「不可能性としての<批評>――批評家 中村光夫の位置」、多羽田敏夫さん(64)の「<普遍倫理>を求めて――吉本隆明『人間の「存在の倫理」』論註」に決まった。

中村光夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

KiichiIshikawa「文学への篤志家」なんて、呼ばわれかた。中村光夫の秦恒平評が、いいえてみょう。
yu_satsuki_bot1950年頃、小説『自由学校』の中で「いかれポンチ」という言葉を用いて流行させた作家は中村光夫である→× (獅子文六だよ)
kokohibimeigens僕等が良い友人を得るか得ないかは運であっても、その友情を保って行くのは主として徳によらなければならない。 (評論家: 中村光夫) https://t.co/nyGE3lJcaU
yoneyan3書物にぶつかるのも、友人にぶつかるのと同じで、他人の経験はあまり役に立たないし、結局は偶然に支配されるということです。 by 中村光夫(評論家)
Yoshi_Ken_bot達筆で読み難い字というのは沢山あるが、稚拙で読めないというのは珍しい。珍しいよりも、天下に中村君一人ではないだろうか。大抵は、字が下手なのは読み易いのがせめてもの取り柄なのである。(中村光夫)
saeki984書物にぶつかるのも、友人にぶつかるのと同じで、他人の経験はあまり役に立たないし、結局は偶然に支配されるということです。─中村光夫(評論家)☆自分の心に響く素晴らしい本との出会いも、運命的なものかもしれません。
onessense『書物にぶつかるのも、友人にぶつかるのと同じで、他人の経験はあまり役に 立たないし、結局は偶然に支配されるということです。』中村光夫 ##kizuki
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中村光夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)