トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上龍 > 半島を出よ

半島を出よ(村上龍)

半島を出よ(著者:村上龍)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:半島を出よ (上)
  • 著者:村上 龍
  • ページ数:430
  • 出版社:幻冬舎
  • ISBN-10:434400759X
  • ISBN-13:9784344007598

村上龍新刊

  • 発売日
    2018年9月20日
  • 書名
    すべての男は消耗品である。 最終巻
  • 発売日
    2018年8月3日
  • 書名
    おしゃれと無縁に生きる (幻冬舎文庫)
  • 発売日
    2018年7月20日
  • 書名
    収録を終えて、こんなことを考えた カンブリア宮殿 編集後記

半島を出よ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上龍のその他受賞歴(候補含む)

半島を出よ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

u5for9UeQUrb09d村上龍のエッセイが最終巻。「半島を出よ」以来、読む気になれなかったもしくは読んで辞めたものしかなかったけれど、未だに鋭さはあるのかな。もう歳を取りすぎたのかも。村上春樹もだけど、やっぱり初期の作品が素晴らしかった。もう昔の話かな、NPなんかを見てると、時代は更新されたと感じる。
miumisuzu11月15日の新党大地塾での佐藤優。北方領土の返還交渉の議論を正確に追えているのは『北海道新聞』だけ。全国紙は見当違い。このエピソードで思い出されるのが村上龍『半島を出よ』(幻冬舎)北朝鮮のコマンドが日本を攻め九州を占領する話だがここでも『西日本新聞』だけがまともに描かれている。
furoki23暇ならこれ読んでみ!「半島を出よ」村上龍/幻冬舎
5Ri3_#名刺代わりの小説10選再読したものをザッと。「ねじまき鳥クロニクル」村上春樹「半島を出よ」村上龍「こころ」夏目漱石「流れる星は生きている」藤原てい「終末のフール」伊坂幸太郎「十五少年漂流記」ベルヌ「黒い家」貴志… https://t.co/vNOkxYc4gu
kannami_madoそういえば、村上龍さんの「半島を出よ」をようやっと読み終えたのですが、あんなものどうやって書くんだろうという、作家魂というか執念みたいなものを感じた本でした。あんまり面白くはなかったんですけど、とにかく取材の鬼がいました。そういう意味では圧倒されました
qmabot218【小説家】【長崎県佐世保市出身】【村上竜之助】【N.M.L.結成】村上龍→『限りなく透明に近いブルー』『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』『ラブ&ポップ トパーズII』『イン ザ・ミソスープ』『希望の国のエクソダス』『半島を出よ』
fantasy_steps_野党がんばっているみたいだけど、「英雄」と呼ばれるべき人達(政治家も含む)が不在なんだよね。テレビで「消えた天才たち」とかやっていたみたいだけど。村上龍の小説って今あまり有効じゃないのかもだけど、「半島を出よ」のラストシーンは好きだな。あの人達は「英雄」。安倍の汚点と英雄について
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)