トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上龍 > 共生虫

共生虫(村上龍)

共生虫(著者:村上龍)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:共生虫 (講談社文庫)
  • 著者:村上 龍
  • ページ数:320
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062736969
  • ISBN-13:9784062736961

共生虫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.5.31 村上龍氏の小説の主人公から、若い男性の姿が消えた理由

    「しばらく現代の若者を描いた作品を書いていない」 これは、村上龍氏のエッセイ集『櫻の樹の下には瓦礫が埋まっている。』のなかの一文です。村上氏が若者を描いた作品は、厳密に言うと、社会的引きこもりを描いた『共生虫』(2000年)や、援助交際をテーマにした『ラブ&ポップ』(1996年)あたりが最後となっています。

村上龍のその他受賞歴(候補含む)

共生虫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

zz_ef2l@peaceTstrength 村上龍の共生虫川上未映子のヘヴン薬丸岳の友罪梶井基次郎のKの昇天村上春樹の7番目の男江戸川乱歩の赤い部屋下の3つは短編
kenichirotoma個人的に村上龍の共生虫が作者の視点を一匹の虫をカメラに見立て書き上げるというもので影響を受けて取り入れているので参考にしたのもあり作者の作品による視点の変化はそれぞれに特色がありそれぞれに癖や実験的配慮がみられるのでとても面白いので綿矢りさは参考になった。
allreviewsjp【本日のピックアップ】「引きこもりをそれが求める的確な声で、リアルに描き尽くす」『共生虫』(講談社) - 著者:村上 龍 - 豊崎 由美@toyozakishatyouによる書評 ALL REVIEWS #書評 https://t.co/1UqheELtdU
Noveroman_71710加藤典洋『テクストから遠く離れて』に…村上龍『共生虫』と阿部和重『ニッポニアニッポン』のインターネットの取り入れ方の違いをテクスト論的に注目した部分があったけどそう言えば上田岳弘『ニムロッド』のNAVERまとめ引用は、その文脈で読めるのか知らん
orisawa30321【存在しない回】村上龍の『共生虫』を読んでると思ったら黒井千次の『カーテンコール』だった回
UEHARAKAMUIおわったから次は斜陽の流し読みでもしようかと本を開いて「そうだっけ?」思った。直治が師と仰ぐ。悪名高い小説家。毎晩遊び歩き酒に溺れる男の名がウエハラ。村上龍の共生虫の主人公の名がウエハラ。シルバー事件に登場する殺人鬼の名がウエハラ。他にもウエハラという狂人。何処かにいるのかな。
jfmnagg4.村上龍『インザ・ミソスープ』『共生虫』わたしが最もこういう話が書きたいと思う頂点にある小説。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)