トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上龍 > 限りなく透明に近いブルー

限りなく透明に近いブルー(村上龍)

限りなく透明に近いブルー(著者:村上龍)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)
  • 著者:村上 龍
  • ページ数:176
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062763478
  • ISBN-13:9784062763479

村上龍新刊

  • 発売日
    2018年1月4日
  • 書名
    オールド・テロリスト (文春文庫)

限りなく透明に近いブルー関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上龍のその他受賞歴(候補含む)

限りなく透明に近いブルー関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kotoba_bijyutu限りなく透明に近いブルー【村上龍】
tatoememo_bot血を淵に残したガラスの破片は夜明けに染まりながら透明に近い。限りなく透明に近いブルーだ。(限りなく透明に近いブルー/村上龍)
Yuki_ESousaku小学生の時にクラスの男子にプロフィール書いてもらったことがあって好きな色の欄に「限りなく漆黒に近いブルー」と書かれててかっこいいなぁと思って終わってたんだけど高校生になって文学史勉強してから村上龍の「限りなく透明に近いブルー」のオマージュなの気づいて驚愕した、あいつ只者じゃない
AwardAuthor米軍基地の街・福生のハウスには、音楽に彩られながらドラッグとセックスと嬌声が満ちている。そんな退廃の日々の向こうには、空虚さを超えた希望がきらめくー。著者の原点であり、発表以来ベストセラーとして読み継がれてきた、永遠の文学の金字塔。芥川賞受賞作『限りなく透明に近いブルー』村上龍
sotchi0121@chokotsu 村上龍限りなく透明に近いブルーこったん限りなく黒に近いグレー
Gotanda_Utsuwa今日が誕生日2:財津和夫(ミュージシャン・《心の旅》《青春の影》《サボテンの花》《虹とスニーカーの頃》1948年生)●村上龍(芥川賞作家《限りなく透明に近いブルー》《半島を出よ》1952年生)五反田、器⇒https://t.co/jYs9HEEQTE
HaagentiNeo村上龍のデビュー作で芥川賞も受賞した「限りなく透明に近いブルー」という小説の元々のタイトルは「クリトリスにバターを」なんだよ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)