トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上龍 > 限りなく透明に近いブルー

限りなく透明に近いブルー(村上龍)

限りなく透明に近いブルー(著者:村上龍)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)
  • 著者:村上 龍
  • ページ数:176
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062763478
  • ISBN-13:9784062763479

村上龍新刊

  • 発売日
    2020年4月8日
  • 書名
    すべての男は消耗品である。 最終巻 (幻冬舎文庫)
  • 発売日
    2020年3月18日
  • 書名
    MISSING 失われているもの

限りなく透明に近いブルー関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上龍のその他受賞歴(候補含む)

限りなく透明に近いブルー関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tn1bty2014昔90年代前半に、村上龍の後に「映画小説集」という形で単行本になる連載のはじまりが忘れられない。「限りなく透明に近いブルー」のまんまの時間を経験した青年が大学だか専門学校に潜り込んで生活する話しです。
kurosu_1983_2nd@go_cat_wild1216 村上龍の限りなく透明に近いブルーでやりましたwwそしてその後は暫く「成りあがり」でwww
180a01暴力とセッの話、余りにも文学の題材としてありふれてるので、他のどの部分で差別化されてるのかが見分け難しい。でも確かに村上龍『限りなく透明に近いブルー』と中村慎弥『共喰い』と西村賢太『苦役列車』と花村萬月『希望』は全部そういう系統だけど全部主題が違うとは思う。似て非なる作品たち。。
mtzkeeeee最近文学青年なので村上龍の『限りなく透明に近いブルー』と梶井基次郎の『檸檬』を読んでみたけど,意味わからんすぎて高専行って良かったと思った.
NogKey10そして村上龍の限りなく透明に近いブルーの初版本。三鷹の古本屋で見つけて衝動買い。 https://t.co/uhGsl1eZlM
booktitle_bot『限りなく透明に近いブルー』村上龍
C_cherrypie73村上龍の限りなく透明に近いブルーすごい好きだった記憶がなんとなくあるけど具体的なシーンを本当に覚えてなくて唯一覚えてるのが とにかく色んなお酒とか薬でベロベロに酔った人が洗面台で吐いたら前に食べたジャガイモがそのまま出てきてアハハ〜みたいなとこ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)