トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 遠藤周作 > 侍

侍(遠藤周作)

侍(著者:遠藤周作)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:侍 (新潮文庫)
  • 著者:遠藤 周作
  • ページ数:512
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:410112325X
  • ISBN-13:9784101123257

侍関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

遠藤周作のその他受賞歴(候補含む)

侍関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Sotelo1624修道院長の部屋を出て私は与えられた自分の部屋に戻り、蝋燭に火をつけ、肉欲に負けぬために手首を縛った(遠藤周作『侍』164)
ys1152945085@caozza 遠藤周作の「サムライ」読みましたか?この旅行のことが詳しく描かれていますよね。東京国立博物館にイタリアから送られ一時展示されていた大好きな支倉常長の肖像画を見るために10年位前に行きました。感動しました。凛々しい侍の顔でした。
raisen_bot_qmaNo.593 次の1980年代に野間文芸賞を受賞した作家と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒遠藤周作―侍、丹羽文雄―蓮如、島尾敏雄―魚雷艇学生
lumin_games@jinsei_tagatame 遠藤周作は沈黙、侍、エッセイ良いよねえ。照れがあるかもだし、オレが本当にやりたいのはこれじゃないって言いたい捻くれタイプかと。好感が持てる性格ですねw
maria_m_0417私が遠藤周作の『侍』の中で出会ったイエスは、まさにC年ルカ“王であるキリスト”で読まれる箇所と同じだった。腰布一枚で十字架に架けられたその人が、同じく十字架に架けられた人に、「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言う。
aladjibah4この世界にはもっと布教の容易な国がある。にもかかわらず私が日本にこだわるのは、一族が抱いた、遠い島、遠い大陸を征服しようとする野望と同じ血が、我が体内に流れているためであろうか。(遠藤周作『侍』169)
0srba沈黙侍白い人・黄色い人わたしが・棄てた・女死海のほとり海と毒薬深い河影に対して善人たちテレーズ・デスケルヴ(遠藤周作訳)テレーズ含めたら遠藤周作で10冊読んでた
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)