トップページ > 作家名一覧 > えから始まる作家名一覧 > 江藤淳

江藤淳

江藤淳さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

江藤 淳(えとう じゅん、1932年(昭和7年)12月25日 - 1999年(平成11年)7月21日)は日本の文学評論家、文学博士(慶應義塾大学)。戸籍名は江頭 淳夫(えがしら あつお)、東京工業大学、慶應義塾大学教授等を歴任した。身長160センチ。
戦後日本の著名な文芸評論家で、小林秀雄の死後は文芸批評の第一人者とも評された。20代の頃から長らく文芸時評を担当し、大きな影響力を持った。20代で『奴隷の思想を排す』、『夏目漱石』を書き上げ、特に前者の『奴隷の思想を排す』は、日本の近代的自我に対する批判を描き出し、吉本隆明を始め多方面の文学者に大きな影響を与え、大江健三郎・司馬遼太郎らと共に気鋭の新人として注目され始める。1960年代初頭から文壇・論壇での活動を本格化させ、1966年(昭和41年)に遠山一行・高階秀爾・古山高麗雄の4名で『季刊藝術』を創刊・主宰。1969年(昭和44年)末から約9年間に渡り毎日新聞の文芸時評を担当。
明治国家を理想とする正統的な保守派の論客として論壇で異彩を放つようになり、しばしば戦後保守派や新保守主義派の論客とは対立した。一般的には、文学者としての立場から「父性原理」や「治者の理論」にこだわり、敗戦による時代と国家の喪失の物語を自らの体験に重ねて作為し、戦後神話の解体を通して主体の回復に挑んだ稀有なる個性を、文学史と思想史の交点に描き出す事を論点とし、三島由紀夫や清水幾太郎、福田恆存らとはしばしば対比された。作家を評価する際には思想性にはこだわらず、思想的な立場の異なる左派の中野重治などを積極的に評価し、文壇に登場して間もない頃の石原慎太郎などをいち早く発見した。
プリンストン大学への留学を通じて得た米国での経験から、巨大なアメリカ社会とどう向き合うかというテーマに生涯取り組み、戦後日本における西欧模倣の近代化を他の言論人に先駆けて鋭く批判した。なお、同大学に留学中、三島由紀夫から5点の書簡を受け、自作長編『美しい星』の英訳本刊行への助力などを求められている。
エッセイ「『ごっこ』の世界が終ったとき」(『諸君!』昭和45年1月号)では、全共闘運動を「革命ごっこ」、三島由紀夫の楯の会自決(三島事件)を「軍隊ごっこ」と斬り捨てた。更に、三島由紀夫が自決した直後に、『諸君!』で行った小林秀雄との対談「歴史について」では、「三島由紀夫は、一種の病気」であると断言し、吉田松陰的に崇拝されていく三島像を明確に否定する考えを表明した。
江戸城無血開城に際し敗れた幕府側の人間でありながらも、理想的な治者としては勝海舟を見出し、松浦玲と共に『勝海舟全集』(講談社)の編纂に参画(特に『氷川清話』、『海舟語録』は多数重版(講談社学術文庫で再刊)した)。評伝『海舟余波-わが読史余滴』著し、とりわけ近代史の変転の中で、滅び去っていく死者や敗者への挽歌を綴り、晩年に西郷南洲の伝記『南洲残影』を著した。
『小林秀雄』(講談社)により新潮社文学賞受賞、『漱石とその時代』(新潮選書)で菊池寛賞と野間文芸賞を受賞している。代表作『成熟と喪失』は第三の新人の作品を素材にして文学における母性について論じた代表作である。また、『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』・『一九四六年憲法-その拘束―その他』などでは、GHQによる戦後日本のマスコミへの検閲、GHQの呪縛から脱却できない戦後民主主義を鋭く批判した。『海は甦える』は「文藝春秋」に長期連載し、薩摩藩出身の山本権兵衛を軸に、開国からの日本海軍の創立・興隆にいたる過程を描いた長編歴史文学である。
1976年(昭和51年)に第32回日本芸術院賞受賞し、1991年(平成3年)より日本藝術院会員となる。1994年(平成6年)から日本文藝家協会理事長。日本文学大賞、文學界新人賞、群像新人文学賞、文藝賞、三島由紀夫賞などの選考委員を務めた。江藤淳というペンネームが本名に由来していることは明白だが、本人の言では「照れ隠しのようなものにすぎない」という。初め「あつし」と読ませていたがいつのまにか「じゅん」と読まれるようになった。なお1941年(昭和16年)から1948年(昭和23年)まで鎌倉の極楽寺に、戦後は市ヶ谷加賀町など東京都心部での在住を挟み、1980年(昭和55年)以降は、鎌倉市西御門に居住した。鎌倉文士の一人。
日本人の在り方や国語文化について積極的に発言し、『自由と禁忌』(河出書房新社)では、「アメリカを代表する占領軍当局によって、このように『存在させられている』のであり…」とし、日本は実質的に独立国家ではなくなっていると主張。また、アメリカ政府が極秘で日本弱体化計画(「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」)を進めていたと主張し続けた(江藤は歴史家の立場から発言しているわけではない。江藤以外にも、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」が存在しているとする主張がある)。
妻慶子を、1998年(平成10年)12月に癌で亡くしてからはかつてのような気力を失っていったと言われている。最後は自らを「形骸」とし、自宅で自殺した。
墓所は青山霊園。

江藤淳新刊

  • 発売日
    2019年7月23日
  • 書名
    小林秀雄 江藤淳 全対話 (中公文庫 (こ14-2))
  • 発売日
    2019年5月23日
  • 書名
    戦後と私・神話の克服 (中公文庫 (え3-2))

受賞歴

江藤淳関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

江藤淳関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

spicepirka没後二十年ということで江藤淳関連の本がポツポツ出ている。「神話の克服」 https://t.co/dfuzQOEW3h
urazumi今週末、西日本新聞の書評欄に拙著『司馬遼太郎『翔ぶが如く』読解』が紹介されるようです!西郷隆盛を司馬遼太郎がどう解釈したのか?司馬の西郷観と比べて江藤淳や村松剛は西郷をどう解釈したか?新しい令和の時代を考える手がかりになる本、と自… https://t.co/pND3MRw3fY
nishi_books6月22日(土)の西日本新聞朝刊の書評欄「読書館」の主なラインアップをお知らせします。書評では、平山周吉著『江藤淳は甦える』(新潮社)を評論家の梁木靖弘さんが取り上げます。『漱石とその時代』『海は甦える』など数々の長編評論で知られ… https://t.co/w031uYwuJg
kanabun_PR【江藤淳展】について本日の「産経新聞」文化面に掲載されました。先日行われた江藤展記念講演会「戦後批評の正嫡 江藤淳」での上野千鶴子氏の発言にも触れています。https://t.co/77eYK500it
hisatune神奈川近代文学館で「江藤淳展」をみる。 - 久恒啓一のブログ「今日も生涯の一日なり」 https://t.co/GFwvEVNl0R
hidekazuasai@KazuhiroSoda 藤岡信勝こそが歴史を歪めて大衆を騙している。その藤岡が私は騙されただとか何をカマトトぶっているのか。藤岡信勝も江藤淳のような自己心酔ナルシストのボンボンでしかない。
genshijoker【エヴァQ】「12歳の少年」でしかないことを自覚しつつ大人=治者を演じるため、影(家庭)では妻を殴り続ける江藤淳から、社会へのコミットメントが伴う責任を、男性主人公を無条件で肯定してくれる女性(母=妻=娘)が肩代わりしてくれる村上… https://t.co/goZ9w0J6EL
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
江藤淳さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)