トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大庭みな子

大庭みな子

大庭みな子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大庭 みな子(おおば みなこ、1930年11月11日 - 2007年5月24日)は日本の小説家。本名・美奈子。東京市出身。
東京渋谷生れ。
広島県呉市(呉市二河小学校)、広島県江田島(従道小学校(海軍兵学校内))、愛知県豊川市(豊橋高等女学校(現愛知県立豊橋東高校))、広島県賀茂郡西条町(現東広島市)などで育つ。賀茂高等女学校(現広島県立賀茂高校)在籍時の1945年8月末から原爆投下後の広島市に救援隊として入り、その惨状に強い衝撃を受ける。この時見た被爆地の悲惨な光景が文学的原点となった。終戦後、岩国高等女学校(現山口県立岩国高校)、新潟高等女学校(現新潟県立新潟中央高校)を経て津田塾大学学芸学部英文学科卒業。
夫の赴任先・アラスカで本格的に執筆を始め、1968年、アメリカの市民生活を描いたデビュー作『三匹の蟹』で、群像新人文学賞・芥川賞を受賞した。
1975年『がらくた博物館』で女流文学賞、1982年『寂兮寥兮(かたちもなく)』で谷崎潤一郎賞、1986年『啼く鳥の』で野間文芸賞、1991年評伝『津田梅子』で読売文学賞、2003年『浦安うた日記』で紫式部文学賞受賞。
小説からエッセイ、評論、詩集など作品多数あり、ドナルド・キーンなどの著作や児童文学の翻訳もある。講談社より『大庭みな子全集』(全10巻)が刊行されている。1987年から河野多惠子と共に芥川賞初の女性選考委員となり、1997年まで務めた。1991年、日本芸術院会員、その他日本ペンクラブ副会長、女流文学者会代表などを務めた。フェミニズムに関心が高く、対談集などで精力的に発言していた。
1996年に脳梗塞で倒れ、左半身不随で車いす生活になった。その後は夫の協力を得て、口頭筆記で著述を行っていたが、2007年5月24日午前9時14分、腎不全のため入院先で没した。1930|11|11|2007|5|24。夫の利雄は、この介護を題材とした手記「終わりの蜜月」を発表している。
なお没後、絶筆となった短編やエッセイを含む『風紋』と、倒れる直前まで執筆していた未完の長編『七里湖』が相次いで刊行された。
2009年5月から、日本経済新聞出版社より2回目の全集(全25巻)が刊行されている。

大庭みな子新刊

  • 発売日
    2018年6月10日
  • 書名
    P+D BOOKS 三匹の蟹
  • 発売日
    2018年6月7日
  • 書名
    三匹の蟹 (P+D BOOKS)

受賞歴

大庭みな子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.7.1 【書評】『最後の桜――妻・大庭みな子との日々』 大庭利雄著

    評・尾崎真理子(本社編集委員)

  • 2012.4.6 片瀬さん 群像新人文学賞優秀作に

    帯広出身で明治大学4年生の片瀬チヲルさん(21)=横浜市在住、本名非公表=の応募作品が、第55回群像新人文学賞(講談社主催)の小説部門で優秀作に選ばれた。受賞作品は「群像」6月号(5月7日発売)に掲載され、メジャーデビューを果たす。片瀬さんは十勝毎日新聞社、NPO十勝文化会議主催の短編小説公募「郷土作家アンソロジー」で4度、最優秀賞を受けており、「大きい賞に挑んでもなかなか評価されず悩むことも多かったが、地元に自分を評価してくれる人がいることが心強く、書き続ける力になった」と話している。

  • 2012.2.10 女流だけの随筆集が刊行スタート!

    今では囲碁や将棋くらいしか使われなくなった「女流」ということば。明治以降、新しい文学の世界で「女流作家」は差別されながらも、すばらしい活躍していた。小説はもとより、その随筆は当時の世相を反映しているばかりか、作家の心情や、周辺の人々との交流が鮮やかに描かれ、今読んでも全く古びたところがない。

大庭みな子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

valentineinform「恋を始めるのは簡単だが、恋を継続させるのは大変難しい。」大庭みな子
marukogeda1幸福な結婚というのは、 いつでも離婚できる状態でありながら、 離婚したくない状態である。- 大庭みな子 -
akutagawa_syou“大型新人”として登場以来25年、文学的成熟を深めて来た大庭みな子の、あらためてその先駆性を刻印する初期世界。群像新人賞・芥川賞両賞を圧倒的支持で獲得した衝撃作。芥川賞受賞作『三匹の蟹』大庭みな子
egy_lotus「言っておくけれども歌を詠んでよこさないでくれ。歌はかたきみたいなもんだ。これきりの仲にしたいときに歌をよこせばいい。」『枕草子』大庭みな子訳
geinou_news_ero幸福な結婚というのは、いつでも離婚できる状態でありながら、離婚したくない状態である。大庭みな子
keroritotoy幸福な結婚というのは、 いつでも離婚できる状態でありながら、 離婚したくない状態である。 大庭みな子
sefure_know_how【恋愛名言】幸福な結婚というのは、いつでも離婚できる状態でありながら、離婚したくない状態である。大庭みな子 日本の女性小説家
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大庭みな子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)