トップページ > 公募ではない賞一覧 > 紫式部文学賞

紫式部文学賞

紫式部文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

紫式部文学賞(むらさきしきぶぶんがくしょう)は、京都府宇治市と市の教育委員会が主催する、同市ゆかりの文学者紫式部の名が冠された文学賞である。前年1月1日から12月31日までに発表された、女性作家による日本語の文芸作品・文学研究を対象とする。受賞者には正賞としてブロンズ像、副賞として200万円が授与される。

第22回2012年

第21回2011年

第20回2010年

受賞

第19回2009年

受賞

第18回2008年

第17回2007年

受賞

第16回2006年

第15回2005年

受賞

第14回2004年

受賞

第13回2003年

受賞

第12回2002年

受賞

以前のデータ(全データ一括表示

紫式部文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.9.3 紫式部文学賞に山崎佳代子さん

    女性の文学作品に贈られる第29回紫式部文学賞(京都府宇治市など主催)が3日、山崎佳代子さん(62)の「パンと野いちご 戦火のセルビア、食物の記憶」(勁草書房)に決まった。賞金は200万円。贈呈式は11月9日、宇治市源氏物語ミュージアムで。

  • 2018.9.24 紫式部文学賞に歌人、水原紫苑さんの歌集「えぴすとれー」

    女性の文学作品を対象とした「第28回紫式部文学賞」(京都府宇治市など主催)に歌人、水原紫苑(しおん)さん(59)の歌集「えぴすとれー」(本阿弥書店)が選ばれ24日、ウェスティン都ホテル京都(京都市東山区)で発表・贈呈式が行われた。

  • 2018.2.10 石牟礼道子さん死去 水俣病を描いた小説「苦海浄土」

    水俣病患者の苦しみや祈りを共感をこめて描いた小説「苦海浄土」で知られる作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市の介護施設で死去した。90歳だった。葬儀は近親者のみで執り行う。喪主は長男道生(みちお)さん。

紫式部文学賞関連つぶやき

yurubngkbot紫式部文学賞京都府宇治市と市の教育委員会が主催する、同市ゆかりの文学者紫式部の名が冠された文学賞である。前年1月1日から12月31日までに発表された、女性作家による日本語の文芸作品・文学研究を対象とする。1991年(H3)~現在
bunshun_senden #朝日新聞 #辛島デイヴィッド が薦める文庫この新刊!でご紹介いただきました。『浮遊霊ブラジル』 #津村記久子 #文春文庫 #新聞書評川端康成文学賞受賞作「給水塔と亀」収録、紫式部文学賞受賞の短編集。https://t.co/bkxznyZCuH
bensey_edit長瀬氏著作に紫式部学術賞 都留文科大教授(毎日新聞)※第21回紫式部学術賞に、長瀬由美氏源氏物語と平安朝漢文学」(勉誠出版) - 文学通信|多様な情報をつなげ、多くの「問い」を世に生み出す出版社 https://t.co/llzeNrNgSK
BungakuReport長瀬氏著作に紫式部学術賞 都留文科大教授 /京都 - 毎日新聞※長瀬由美氏 「源氏物語と平安朝漢文学」(勉誠出版)https://t.co/GkJY0nyyJE
fmuji8889時からは宇治市探検です。今日は文化自治振興課より、紫式部市民文化賞候補作品の募集についてです。応募期間は令和2年4月1日から5月29日まで。宇治市の文化向上、発展のための賞です。オリジナルの小説や歌句など、様々な文学作品、研究作… https://t.co/dduQ0R0MfV
dodoko801 #小笹大輔 君が勧めてたので、はじめましての川上弘美さん。紫式部文学賞受賞短編集2001年に文庫化されて、私が持ってるのは2017年の第23刷。シュールな展開ながら、なぜかじんわりと面白く読みました。 https://t.co/sk1cFWzM6v
geJaCzufb3wi0zk若い男の子に勧められて、はじめましての川上弘美さん。紫式部文学賞受賞短編集2001年に文庫化されて、私が持ってるのは2017年の第23刷。シュールな展開ながら、なぜかじんわりと面白く読みました。 https://t.co/6iaDnK1cHN
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)