トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤比呂美

伊藤比呂美

伊藤比呂美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊藤 比呂美(いとう ひろみ、1955年9月13日 - )は、日本の詩人。東京都板橋区出身。東京都立竹早高等学校、青山学院大学文学部日本文学科卒業。ポーランド文学者の西成彦は元夫。
1975年、大学在学中より新日本文学会の文学学校にて阿部岩夫に学ぶ。同年、詩人の岩崎迪子らと詩誌『らんだむ』を創刊。1976年から『現代詩手帖』に投稿をはじめる。1978年、第一詩集『草木の空』でデビューする。同年に第16回現代詩手帖賞を受賞。性と生殖、そして死に関する言葉を多用し、『姫』『青梅』『テリトリー論Ⅱ/Ⅰ』などで80年代にかけての女性詩ブームを井坂洋子とともにリードし、女性による詩のイメージを革新した。
1985年『良いおっぱい悪いおっぱい』で、「子育てエッセイ」という分野を開拓する。のちに詩をやめて小説に移行し、1999年『ラニーニャ』などで一定の評価を得るが、2005年『河原荒草』で、また詩に復帰し、2007年『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』で、説経節と現代詩を融合した独自の語りものの世界を確立する。音韻に敏感な表現スタイルもオリジナルなものとして評価を得る。
1984年より熊本市在住、1997年よりカリフォルニア州に在住しつつ、熊本とカリフォルニア間を往復する。2008年、熊本文学隊を旗揚げ。2011年10月1日より熊本学園大学招聘教授。

受賞歴

伊藤比呂美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊藤比呂美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

GU4qZDADX43KJcO伊藤比呂美訳 日本文学全集の日本霊異記「狐女房の縁」で、男が狐の妻を思って詠んだ歌が好き。「恋という恋が みんな おれの上に落ちてきた」というやつ。ストレートに力強くて情熱的。恋の悲喜がガッツン!と伝わってくる
Virtuless_Bot芥川の死を文学的と捉えるなら、近年起こる自殺も内在的な意味があるかもと考えないのか。その矛盾にメディアは気づいてない。一般も気づいてないし、思想家、文学者までも論調の尻馬に乗っている。情けない話だと思いませんか?先生! どうやって死んだらいいですか? 『山折哲雄 伊藤比呂美』
nofacewizard伊藤比呂美さんの「赤ちゃんはウンコである」を思い出すな。
man_woman_meigeよその男と思いきりセックスしたかったから離婚したの。あたし潔癖症だから、不倫っていやなの。 伊藤比呂美 (詩人)
lotushouseむむツカマダ兄さん目次に「後藤明生の〈朝鮮〉」だそうですよ。「島尾敏雄のポーランド」?ってのも気になるな。西成彦氏って伊藤比呂美の元旦那か... https://t.co/46DJ2RstEs
MeigennBよその男と思いきりセックスしたかったから離婚したの。あたし潔癖症だから、不倫っていやなの。 伊藤比呂美 (詩人)
fillallmy_伊藤比呂美さんと聞いたらオオアレチノギク
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊藤比呂美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)