トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤比呂美

伊藤比呂美

伊藤比呂美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊藤 比呂美(いとう ひろみ、1955年9月13日 - )は、日本の詩人。東京都板橋区出身。東京都立竹早高等学校、青山学院大学文学部日本文学科卒業。ポーランド文学者の西成彦は元夫。
1975年、大学在学中より新日本文学会の文学学校にて阿部岩夫に学ぶ。同年、詩人の岩崎迪子らと詩誌『らんだむ』を創刊。1976年から『現代詩手帖』に投稿をはじめる。1978年、第一詩集『草木の空』でデビューする。同年に第16回現代詩手帖賞を受賞。性と生殖、そして死に関する言葉を多用し、『姫』『青梅』『テリトリー論Ⅱ/Ⅰ』などで80年代にかけての女性詩ブームを井坂洋子とともにリードし、女性による詩のイメージを革新した。
1985年『良いおっぱい悪いおっぱい』で、「子育てエッセイ」という分野を開拓する。のちに詩をやめて小説に移行し、1999年『ラニーニャ』などで一定の評価を得るが、2005年『河原荒草』で、また詩に復帰し、2007年『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』で、説経節と現代詩を融合した独自の語りものの世界を確立する。音韻に敏感な表現スタイルもオリジナルなものとして評価を得る。
1984年より熊本市在住、1997年よりカリフォルニア州に在住しつつ、熊本とカリフォルニア間を往復する。2008年、熊本文学隊を旗揚げ。2011年10月1日より熊本学園大学招聘教授。2018年4月1日より早稲田大学文学学術院(文化構想学部)教授。

伊藤比呂美新刊

  • 発売日
    2018年8月17日
  • 書名
    たそがれてゆく子さん (単行本)

受賞歴

伊藤比呂美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊藤比呂美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

anthology_botわたしは意味が/あなたは意味が/わたしたちは意味が/意味だ、それは/伝達するな/わたしは伝達するな/あなたは伝達するな/わたしたちは伝達するな/それするな、伝達だ/切り裂かれて血まみれの意味はきっとみじめでうれしい(伊藤比呂美 意味の虐待)
ishiguroayako婦人公論 伊藤比呂美さんエッセイ「ショローの女」挿絵。 https://t.co/azEoMxsrJF
man_woman_meigeよその男と思いきりセックスしたかったから離婚したの。あたし潔癖症だから、不倫っていやなの。 伊藤比呂美 (詩人)
chidrip伊藤比呂美さんの「たそがれてゆく子さん」やっと読了。毎日飛ぶように過ぎる忙しい日々にふと立ち止まっちゃって、わたしの、今の時間も愛しくなりました。後半ずっと涙ぐんでた。いつもちょっと先を見せてくれる気持ちのいいパイセンにこれからも… https://t.co/8Dsgpc4XJj
MeigennBよその男と思いきりセックスしたかったから離婚したの。あたし潔癖症だから、不倫っていやなの。 伊藤比呂美 (詩人)
turu1000現代版こぶとり爺さんの話、この本の中にあるらしいんだけどいいお値段なのね/日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集08) 伊藤比呂美 https://t.co/YFFBnns58t @amazonJPさんから
gnocisous「言葉の壁」ということがよく言われますけど、「言葉の壁」という以上に、言葉そのものには限界があるということを、われわれ日本人は西洋人よりもはるかに強く意識してきた。本来、そういう文化をもっていたんですね。 先生! どうやって死んだらいいですか? 『山折哲雄 伊藤比呂美』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊藤比呂美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)