トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤比呂美

伊藤比呂美

伊藤比呂美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊藤 比呂美(いとう ひろみ、1955年9月13日 - )は、日本の詩人。東京都板橋区出身。東京都立竹早高等学校、青山学院大学文学部日本文学科卒業。ポーランド文学者の西成彦は元夫。
1975年、大学在学中より新日本文学会の文学学校にて阿部岩夫に学ぶ。同年、詩人の岩崎迪子らと詩誌『らんだむ』を創刊。1976年から『現代詩手帖』に投稿をはじめる。1978年、第一詩集『草木の空』でデビューする。同年に第16回現代詩手帖賞を受賞。性と生殖、そして死に関する言葉を多用し、『姫』『青梅』『テリトリー論Ⅱ/Ⅰ』などで80年代にかけての女性詩ブームを井坂洋子とともにリードし、女性による詩のイメージを革新した。
1985年『良いおっぱい悪いおっぱい』で、「子育てエッセイ」という分野を開拓する。のちに詩をやめて小説に移行し、1999年『ラニーニャ』などで一定の評価を得るが、2005年『河原荒草』で、また詩に復帰し、2007年『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』で、説経節と現代詩を融合した独自の語りものの世界を確立する。音韻に敏感な表現スタイルもオリジナルなものとして評価を得る。
1984年より熊本市在住、1997年よりカリフォルニア州に在住しつつ、熊本とカリフォルニア間を往復する。2008年、熊本文学隊を旗揚げ。2011年10月1日より熊本学園大学招聘教授。2018年4月1日より早稲田大学文学学術院(文化構想学部)教授。

伊藤比呂美新刊

  • 発売日
    2019年12月12日
  • 書名
    深淵と浮遊 現代作家自己ベストセレクション (講談社文芸文庫)
  • 発売日
    2019年11月12日
  • 書名
    ユリイカ 2019年12月臨時増刊号 総特集◎装幀者 菊地信義
  • 発売日
    2019年11月12日
  • 書名
    ユリイカ2019年12月臨時増刊号 総特集=装幀者・菊地信義

受賞歴

伊藤比呂美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊藤比呂美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

eda_neko今日は大きな満月ですよ。伊藤比呂美より伝言です。東京はどうかな、と思ったら、おゝ、まだ木の陰だけど、ほんとだすごく大きな満月
KARAIMO_ONLINE『リフカの旅』カレン・ヘス、伊藤比呂美+西更 訳、理論社、2015年、750円https://t.co/yVnVPSCG9C 髪のないあなたは『好ましからざる移民』ってことになる。髪が生えてこないと、あなたを養ってくれる夫が、見つからないかもしれない。
AlkanMuze一眠り後、仔猫を寝かせハイボール。古書店Mの百均棚で買った『ウマし』(伊藤比呂美著)の四割読んだ。著者の本は2005年刊『河原荒草』を持っているが寝かせ中。この本大変面白い。「あたしはカリフォルニア在住のおばさんである。国を離れて… https://t.co/6SZcv74uWO
shakutesshu担当のT原さん情報。伊藤比呂美さん「こんなにわかりやすい解説本めったにない」とのことです。うしし。 https://t.co/Q3sj3AbPbL
maikomuratakkk十代のときにリアルタイムで読んだ伊藤比呂美先生の「河原荒草」がすごくセンセーショナルだった。あの頃見たテレビなんかにはなかったリアリティがあの詩にはあった。今読んだら、あのときにうっすらしかわからなかった説得力を感じる。すごいなあ。
minase030610伊藤比呂美「犬心」犬だったので買ったけど、今はもういない犬の話なのでなかなか読めない
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊藤比呂美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)