トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤比呂美

伊藤比呂美

伊藤比呂美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊藤 比呂美(いとう ひろみ、1955年9月13日 - )は、日本の詩人。東京都板橋区出身。東京都立竹早高等学校、青山学院大学文学部日本文学科卒業。ポーランド文学者の西成彦は元夫。
1975年、大学在学中より新日本文学会の文学学校にて阿部岩夫に学ぶ。同年、詩人の岩崎迪子らと詩誌『らんだむ』を創刊。1976年から『現代詩手帖』に投稿をはじめる。1978年、第一詩集『草木の空』でデビューする。同年に第16回現代詩手帖賞を受賞。性と生殖、そして死に関する言葉を多用し、『姫』『青梅』『テリトリー論Ⅱ/Ⅰ』などで80年代にかけての女性詩ブームを井坂洋子とともにリードし、女性による詩のイメージを革新した。
1985年『良いおっぱい悪いおっぱい』で、「子育てエッセイ」という分野を開拓する。のちに詩をやめて小説に移行し、1999年『ラニーニャ』などで一定の評価を得るが、2005年『河原荒草』で、また詩に復帰し、2007年『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』で、説経節と現代詩を融合した独自の語りものの世界を確立する。音韻に敏感な表現スタイルもオリジナルなものとして評価を得る。
1984年より熊本市在住、1997年よりカリフォルニア州に在住しつつ、熊本とカリフォルニア間を往復する。2008年、熊本文学隊を旗揚げ。2011年10月1日より熊本学園大学招聘教授。2018年4月1日より早稲田大学文学学術院(文化構想学部)教授。

受賞歴

伊藤比呂美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

伊藤比呂美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kabusan_tonda久しぶりに歎異抄読む気になりまず伊藤比呂美さんの「たどたどしく声に出して読む歎異抄」を読み(いつもそうしている)それから第四条と第五条を何度も繰り返し読む。夕方~夜は気持ちがふわふわとして心許なく 何か必死に読む気になる。「歎異抄」に出会ったのは5年前 出会えてよかった。
blue_may_526@earlgreytea_h 「かか」は読まれましたか?内容紹介を聞いただけで、恐ろしくなりました。伊藤比呂美さんが「このお母さんは私だ」って言ってて。よかったらラジオ番組聴いてみてください。前半です。
tecoron伊藤比呂美さん…ワタクシ的に恐らく苦手なタイプの女性なんだけど、彼女の悩み相談のアドバイスはいつもココロにグッときて、じんわりココロに残る。 #高橋源一郎の飛ぶ教室
irohatohohetoまず自分は自分。そのあとに他人は他人、親は親という伊藤比呂美さんの話もよくわかり。
amehanakoこちらで高橋源一郎さんが宇佐見りんさん『かか』をここまで…!と震えるほどの大絶賛。素晴らしい評で、熊野の携帯の圏外=社会からの圏外、言葉を作って産むイザナミ、など感嘆しました。あの伊藤比呂美さんに「言語センスが素晴らしい、羨ましい… https://t.co/V6X5rEhsXk
carocomete後半、宇佐美りんさんの「かか」に出てくる家庭内言語の『行ってきマンモス』を伊藤比呂美さんのご家庭でも使っていたと。そう言えば我が家でも『ご飯マダガスカル?』とか『そんなの今まで知らんデルタール人だった』などが横行している。#高橋源一郎の飛ぶ教室 #家庭内言語
nhk_radiru【高橋源一郎の飛ぶ教室】きのうの放送は「聴き逃し配信」で、1週間お聴きいただけます。1コマ目 #ヒミツの本棚#宇佐見りん 著「かか」です。2コマ目は詩人の伊藤比呂美さんと毎月恒例の人生相談!感想などメッセージは番組HP ま… https://t.co/Pw6scYbSi3
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊藤比呂美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)