トップページ > 公募ではない賞一覧 > 芥川龍之介賞(芥川賞) > 1999年−第121回 芥川龍之介賞(芥川賞)

芥川龍之介賞(芥川賞)

1999年−第121回 芥川龍之介賞(芥川賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。

第121回—1999年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

芥川賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.3.23 作家の読書道 第204回:上田岳弘さん

    デビュー作「太陽」の頃から、大きな時間の流れの中での人類の営みと、個々の人間の哀しみや郷愁を融合させた作品を発表し続け、『私の恋人』で三島由紀夫賞、そして今年『ニムロッド』で芥川賞を受賞した上田岳弘さん。5歳の頃から「本を書く人」になりたかった上田さんに影響を与えた本とは? 作家デビューを焦らなかった理由など、創作に対する姿勢も興味深いです。

  • 2019.2.10 作家の堺屋太一さん死去 小説「団塊の世代」

    「団塊の世代」などの小説で知られ、平成10年から2年間、経済企画庁長官も務めるなど、政治や経済、文芸など、幅広い分野で活躍した堺屋太一さんが、8日多臓器不全のため亡くなりました。83歳でした。

  • 2019.1.16 第160回芥川賞は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R1分34秒』に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定!

    第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は1月16日(水)、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R(いちらうんど)1分34秒』の2作品に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定した。

芥川龍之介賞(芥川賞)関連つぶやき

akutagawa_syouぼくと聡は、通信社の仮眠室で仮眠をとる人々を、快く目覚めへと導く「起こし屋」のアルバイトをしている。ところがある日「自動起床装置」なるものが導入された…。眠りという前人未到の領域から現代文明の衰弱を衝いた作品。芥川賞受賞作『自動起床装置』辺見庸
amelobquiz『春の庭』で第151回芥川賞を受賞したのは柴崎友香ですが、『ベティさんの庭』で第68回芥川賞を受賞したのは誰でしょう?
h_chounaikai一時期、鍵に「X JAPAN」って彫ってた。 妖怪の山 ぼくのわたしの芥川賞作家
masuwo3「小説執筆とIT企業の経営、僕は“両極”にあるものが好きなんです」――芥川賞受賞・上田岳弘インタビュー『ニムロッド』で第160回芥川賞を受賞 #芥川賞 https://t.co/MhIKo2J4Mt
sha_serect1芥川賞・直木賞の選考が行われる場所として有名な東京の築地にある料亭「新喜楽」の設計者は?→吉田五十八 安藤忠雄/岡田信一郎/丹下健三
2000_2331うわー。 林美玖の名前まで出てきた。  有名私大の文学部出て、「芥川賞って、第157回ですよ。 157年前からやってるんですよ。 凄いでしょ」って生放送で言ってた気の毒な方。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)