トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松浦寿輝

松浦寿輝

松浦寿輝さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松浦 寿輝(まつうら ひさき、1954年3月18日 - )は、日本の詩人、小説家、フランス文学者、批評家、東京大学名誉教授。毎日出版文化賞、高見順賞、読売文学賞選考委員。
東京都出身。幼少期から映画に親しむ。家のすぐ裏側が映画館であったと、初の映画評論集『映画n-1』の後書きに記されている。クリント・イーストウッド、ベルナルド・ベルトルッチ、特にアルフレッド・ヒッチコックの監督作品をこよなく愛しており、東大の映画講義でもしばしば言及する。ただし、ジャン=リュック・ゴダールに対しては、近年のあからさまなアジア蔑視に対して疑問を感じている。
77―79年、沼野充義らと第19次『新思潮』同人となり詩を書く。
B級映画への偏愛を隠さず、講義では『アスファルト・ジャングル』、『ウエスタン』から『ミッション:インポッシブル』、『チャーリーズ・エンジェル』、『キューティーハニー』などもとりあげている。
小説家としては、日本の古井由吉、吉田健一、内田百間、フランスのマルセル・プルーストとロラン・バルトを敬愛する。また中井久夫、川村二郎を知識人として深く尊敬している。最後まで小説を書かなかったバルトへの思いは「名前」(『そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所』)に詳しい。
社会から脱落した中年男を主人公とした作品が多い。『巴』『半島』といった長編小説も手がけるが、著者自身は短編の方により深い愛着を感じている。『半島』の装丁ではヴィルヘルム・ハメルショイを、『そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所』の装丁ではフィリップ・モーリッツの銅版画をあしらっている。近著『そこでゆっくり死んでいきたい気持をそそる場所』の一篇「あやとり」では自身による猫の兄弟の挿画に挑戦している。
『折口信夫論』は荒川洋治から「官僚的な評論」と言われ、折口門下の穂積生萩や鈴木亨や米津千之は、「同性愛ゴシップへの低俗な関心のみ強く折口学に対する理解の浅さを露呈した支離滅裂な内容である」と批判している。
2009年から2010年まで、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻の専攻長を務めた。また、東大駒場を拠点に2006年に設立された表象文化論学会の発足に尽力し、その初代会長となる(2期4年、2006-2010年)。
なお初期においてしばしば共に仕事をした美術研究家の松浦寿夫とは、特に血縁関係はない。

松浦寿輝新刊

  • 発売日
    2017年3月29日
  • 書名
    暗黒グリム童話集
  • 発売日
    2017年3月3日
  • 書名
    名誉と恍惚
  • 発売日
    2017年1月11日
  • 書名
    幽 花腐し (講談社文芸文庫)

受賞歴

松浦寿輝関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松浦寿輝関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

MilkBanan#2017読んだ本松浦寿輝『あやめ 鰈 ひかがみ』
shiroiyagitaro新潮読んでいたら松浦寿輝と筒井康隆の対談が掲載されていたんだけど、筒井先生ずいぶん小さくなっておられて…
sarihama_xx松浦寿輝『ひたひたと』より元遊廓地洲崎を歩く主人公は言う。「わたしは、と中年男でもあり精悍な青年でもありいたいけな子どもである薄い影のようなもの」なのだと。
dessinatrice001「ただ〈今〉と〈ここ〉が直接に在るだけなのだ、世界とはその〈直接に在ること〉それ自体の謂いなのだ」松浦寿輝『不可能』
tyawan@tokuso そーいえば、東大教授にして芥川賞作家の松浦寿輝もいますねー、
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松浦寿輝さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)