トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松浦寿輝

松浦寿輝

松浦寿輝さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松浦 寿輝(まつうら ひさき、1954年3月18日 - )は、日本の詩人、小説家、フランス文学者、批評家、東京大学名誉教授。毎日出版文化賞、高見順賞、読売文学賞選考委員。
東京都出身。幼少期から映画に親しむ。家のすぐ裏側が映画館であったと、初の映画評論集『映画n-1』の後書きに記されている。クリント・イーストウッド、ベルナルド・ベルトルッチ、特にアルフレッド・ヒッチコックの監督作品をこよなく愛しており、東大の映画講義でもしばしば言及する。ただし、ジャン=リュック・ゴダールに対しては、近年のあからさまなアジア蔑視に対して疑問を感じている。
77―79年、沼野充義らと第19次『新思潮』同人となり詩を書く。
B級映画への偏愛を隠さず、講義では『アスファルト・ジャングル』、『ウエスタン』から『ミッション:インポッシブル』、『チャーリーズ・エンジェル』、『キューティーハニー』などもとりあげている。
小説家としては、日本の古井由吉、吉田健一、内田百間、フランスのマルセル・プルーストとロラン・バルトを敬愛する。また中井久夫、川村二郎を知識人として深く尊敬している。最後まで小説を書かなかったバルトへの思いは「名前」(『そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所』)に詳しい。
社会から脱落した中年男を主人公とした作品が多い。『巴』『半島』といった長編小説も手がけるが、著者自身は短編の方により深い愛着を感じている。『半島』の装丁ではヴィルヘルム・ハメルショイを、『そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所』の装丁ではフィリップ・モーリッツの銅版画をあしらっている。近著『そこでゆっくり死んでいきたい気持をそそる場所』の一篇「あやとり」では自身による猫の兄弟の挿画に挑戦している。
『折口信夫論』は荒川洋治から「官僚的な評論」と言われ、折口門下の穂積生萩や鈴木亨や米津千之は、「同性愛ゴシップへの低俗な関心のみ強く折口学に対する理解の浅さを露呈した支離滅裂な内容である」と批判している。
2009年から2010年まで、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻の専攻長を務めた。また、東大駒場を拠点に2006年に設立された表象文化論学会の発足に尽力し、その初代会長となる(2期4年、2006-2010年)。
なお初期においてしばしば共に仕事をした美術研究家の松浦寿夫とは、特に血縁関係はない。
2015年現在、漫画家の西原理恵子から譲り受けた猫(三毛2匹、キジ1匹)を飼っている。

松浦寿輝新刊

  • 発売日
    2019年10月25日
  • 書名
    掌篇歳時記 秋冬
  • 発売日
    2019年10月25日
  • 書名
    掌篇歳時記 秋冬
  • 発売日
    2019年4月27日
  • 書名
    作家と楽しむ古典 松尾芭蕉/おくのほそ道 与謝蕪村 小林一茶 近現代俳句 近現代詩

受賞歴

松浦寿輝関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松浦寿輝関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou多国籍な街、新宿・大久保の片隅、夜雨に穿たれた男の内部の穴に顕現する茸と花のイメージ。少女の肉体の襞をめくり上げ見える世界の裏側。腐敗してゆく現代の生と性の感覚を鋭く描く「知」と「抒情」の競演。芥川賞受賞作『花腐し』松浦寿輝
locus_solus松浦寿輝の『そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所』に印象深い短編小説「モーリッツの銅版画」が収録されている(装画・本文挿画もモーリッツ)。数年前リチルさんでの個展の折に『半島』を頂き、それがきっかけで読みました。… https://t.co/rd4RgPlhvm
furuiyoところが、黙読というのは、洋の東西問わずかなり新しい習慣なんですよね。本当に定着したのは十九世紀の後半という意見もあるぐらいです。それ以前は、言葉は声に出して耳で聞くものだったから、音韻に運ばれなければ論理も生きなかった。(松浦寿輝対談『色と空のあわいで』)
lostsheep4books今日は、またフランス文学と云うより、サンリオSF文庫です。『花腐し』で芥川賞をとった松浦寿輝氏が、若かりし頃、口に糊するためか、『熱い太陽、深海魚』を訳していた。 もう一冊の『蛾』は、巻末の他書紹介の『万華鏡』を見て下さい。川本… https://t.co/hb3wQeSH9h
tsukasaxyz花腐し(松浦寿輝)うつうつとした大雨の日に読むと脳が水浸しになるぞ
dessinatrice001「ただ〈今〉と〈ここ〉が直接に在るだけなのだ、世界とはその〈直接に在ること〉それ自体の謂いなのだ」松浦寿輝『不可能』
SiNGBsdpRyXoDhK【酒飲み書店員大賞コーナー】今年の受賞作は3冊です。「川の光」松浦寿輝 中公文庫「美人薄命」深水黎一郎 双葉文庫「阪堺電車177号の追憶」山本巧次 早川文庫2階文庫売場にて展開中!ご来店お待ち申します。 https://t.co/9rQSDNiNie
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松浦寿輝さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)