トップページ > 公募ではない賞一覧 > 読売文学賞小説部門 > 2005年−第56回 読売文学賞小説部門

読売文学賞小説部門

2005年−第56回 読売文学賞小説部門の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

読売文学賞(よみうりぶんがくしょう)は読売新聞社が制定した文学賞で、1949年に第二次世界大戦後の文芸復興の一助として発足した。小説、戯曲・シナリオ、随筆・紀行(第19回より創設)、評論・伝記、詩歌俳句、研究・翻訳の6部門に分類し、過去1年間に発表された作品を対象とする。
受賞作品は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として硯、副賞として200万円が授与される。年度受賞者は翌年の2月1日に発表するため、受賞年度の表記で混乱が生じることがある。

第56回—2005年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

読売文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

読売文学賞小説部門関連つぶやき

yurubngkbot読売文学賞読売新聞社が制定した文学賞で、第二次世界大戦後の文芸復興の一助として発足した。小説、戯曲・シナリオ、随筆・紀行(第19回より創設)、評論・伝記、詩歌俳句、研究・翻訳の6部門に分類し、過去1年間に発表された作品を対象とする。1949年(S24)~現在
raisen_bot_qmaNo.502 次の村上春樹の小説と受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒ねじまき鳥クロニクル―読売文学賞、風の歌を聴け―群像新人文学賞、羊をめぐる冒険―野間文芸新人賞
amelobquiz第16回読売文学賞の評論・伝記賞を受賞した『日本百名山』の著者は深田久弥(ふかだ きゅうや)ですが第32回読売文学賞の随筆・紀行賞を受賞した『花の百名山』の著者は誰でしょう?
shiganohanazono呉羽長氏の『源氏物語の創作過程の研究』(新典社)も読了。引き続き源氏研究本かなと思っていたら、ちょうど富士川義之氏の『ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎』(新書館)が届いた。帯で初めて知ったのだが、読売文学賞受賞らしい。迷う。
zinbunkenbot「最初に読売文学賞受賞のお知らせをいただいた時、ふと思い浮かんだのは、高校時代、仮病を使って学校をさぼり、校舎と隣り合った寮の、だだっ広い寝室の二段ベッドに寝転んで『紅楼夢』を読んでいた情景だった」(井波陵一)https://t.co/hsLbezSvFc
raisen_bot2_qmaNo.36 次の1980年代に読売文学賞を受賞した作家と受賞作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒色川武大―狂人日記、大江健三郎―「雨の木」を聴く女たち、井上ひさし―吉里吉里人
qma_pr_bot次の村上春樹の小説と受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい(ライ線)ねじまき鳥クロニクル-読売文学賞  羊をめぐる冒険-野間文芸新人賞  風の歌を聴け-群像新人文学賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)