トップページ > 公募ではない賞一覧 > 芥川龍之介賞(芥川賞) > 歴代受賞情報一覧

芥川龍之介賞(芥川賞)

芥川龍之介賞(芥川賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。

第148回2013年

受賞

候補

候補

候補

第147回2012年

受賞

候補

候補

候補

候補

第146回2012年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第145回2011年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第144回2011年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第143回2010年

受賞

候補

候補

第142回2010年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

第141回2009年

受賞

候補

候補

候補

第140回2009年

候補

候補

候補

候補

第139回2008年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第138回2008年

受賞

候補

候補

候補

候補

第137回2007年

第136回2007年

受賞

候補

候補

候補

候補

第135回2006年

第134回2006年

受賞

候補

候補

第133回2005年

受賞

候補

候補

候補

候補

第132回2005年

候補

候補

候補

第131回2004年

受賞

候補

候補

候補

候補

第130回2004年

受賞

受賞

候補

候補

第129回2003年

受賞

候補

候補

候補

第128回2003年

候補

候補

候補

候補

第127回2002年

受賞

候補

候補

候補

候補

第126回2002年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第125回2001年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第124回2001年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第123回2000年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第122回2000年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第121回1999年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第120回1999年

受賞

候補

候補

候補

第119回1998年

候補

候補

第118回1998年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

第117回1997年

受賞

候補

候補

候補

候補

第116回1997年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第115回1996年

受賞

候補

候補

候補

候補

第114回1996年

受賞

候補

候補

候補

候補

第113回1995年

受賞

候補

候補

候補

候補

第112回1995年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

第111回1994年

候補

候補

候補

候補

第110回1994年

第109回1993年

受賞

候補

候補

候補

候補

第108回1993年

受賞

候補

候補

候補

候補

第107回1992年

受賞

候補

候補

候補

候補

第106回1992年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第105回1991年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第104回1991年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第103回1990年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第102回1990年

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第101回1989年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

第100回1989年

受賞

候補

候補

第99回1988年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第98回1988年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第97回1987年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第96回1987年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第95回1986年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第94回1986年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第93回1985年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

第92回1985年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第91回1984年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

第90回1984年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第89回1983年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第88回1983年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第87回1982年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第86回1982年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第85回1981年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第84回1981年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第83回1980年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第82回1980年

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第81回1979年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第80回1979年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第79回1978年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第78回1978年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第77回1977年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第76回1977年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第75回1976年

候補

候補

候補

候補

候補

候補

芥川賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.6.10 作家の田辺聖子さん死去、91歳=小説、エッセーなど多彩な作品

    人間関係の機微を描いた小説やエッセーを発表してきた作家で文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6日午後1時28分、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は弟聰(あきら)氏。後日、東京と大阪でお別れの会を開く予定。

  • 2019.4.24 【今週はこれを読め! エンタメ編】松村栄子『僕はかぐや姫/至高聖所』が帰ってきた!

    松村栄子という名前を聞いて胸をときめかせる読者のみなさんに、できればひとりでも多くの方々の目に、このレビューが触れることを願う。私たちが愛した「僕はかぐや姫」が、「至高聖所」が帰ってきましたよ!

  • 2019.3.23 作家の読書道 第204回:上田岳弘さん

    デビュー作「太陽」の頃から、大きな時間の流れの中での人類の営みと、個々の人間の哀しみや郷愁を融合させた作品を発表し続け、『私の恋人』で三島由紀夫賞、そして今年『ニムロッド』で芥川賞を受賞した上田岳弘さん。5歳の頃から「本を書く人」になりたかった上田さんに影響を与えた本とは? 作家デビューを焦らなかった理由など、創作に対する姿勢も興味深いです。

芥川龍之介賞(芥川賞)関連つぶやき

qmabungaku【エフェクト】1974年に『草のつるぎ』で芥川賞を受賞した作家です[野呂邦暢]→のろくにのぶ
yusuke19831222沼田真佑(芥川賞)経歴や出身の大学は…どこの塾で講師をしてた?https://t.co/aNErjUONnI 第157回、芥川賞作家の発表があったようなのですが、受賞をされたのは沼田真佑さん!かなりの努力をされていたのでしょうね
ngz55芥川賞候補の発表は来週くらいなのかな。
kotobano2マヒトゥ・ザ・ピーポーの『銀河で一番静かな革命』(2019年5月)を読んだ。作者のことはよく知らない。初めての小説らしい。半ば過ぎまで登場人物関係を誤解したりして少し難渋したけど、この作品は芥川賞の表現の水準にあるように思う。いい感じの作品だ。
zYyVFHHSSnstM4W#行定勲監督 の新作映画って芥川賞作家の#又吉さんの「劇場」??若手実力派俳優の出演で主演は実写映画化NO.1の俳優さん✨って…もしかしたら…もしかして…❣️#山崎賢人 さんだったら嬉しいな
akutagawa_syou大学で流れた教授と女学生にまつわる黒い噂。乙女達が騒然とするなか、みか子は課題アンネの日記のドイツ語のテキストの暗記に懸命になる。やがてアンネの心の叫びや、やがて噂の真相も明らかとなり…。悲劇の少女アンネ・フランクと現代女性の奇跡の邂逅を描く―。芥川賞受賞作『乙女の密告』赤染晶子
jiro80MTV今、第1回芥川賞を受賞された石川達三の“生きている兵隊”(伏字復元版)を読んでいます。“四分の一ほど伏字削除されて、昭和十三年『中央公論』に発表されたが、即日発売禁止となる。”この作品ですが、1938年当時の日本を私なりに想像する手掛かりとして、興味を持って読んでいます。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)