トップページ > 公募ではない賞一覧 > 芥川龍之介賞(芥川賞) > 歴代受賞情報一覧

芥川龍之介賞(芥川賞)

芥川龍之介賞(芥川賞)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。

第148回2013年

受賞

候補

候補

候補

第147回2012年

受賞

候補

候補

候補

候補

第146回2012年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第145回2011年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第144回2011年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第143回2010年

受賞

候補

候補

第142回2010年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

第141回2009年

受賞

候補

候補

候補

第140回2009年

候補

候補

候補

候補

第139回2008年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第138回2008年

受賞

候補

候補

候補

候補

第137回2007年

第136回2007年

受賞

候補

候補

候補

候補

第135回2006年

第134回2006年

受賞

候補

候補

第133回2005年

受賞

候補

候補

候補

候補

第132回2005年

候補

候補

候補

第131回2004年

受賞

候補

候補

候補

候補

第130回2004年

受賞

受賞

候補

候補

第129回2003年

受賞

候補

候補

候補

第128回2003年

候補

候補

候補

候補

第127回2002年

受賞

候補

候補

候補

候補

第126回2002年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第125回2001年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第124回2001年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第123回2000年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第122回2000年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第121回1999年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第120回1999年

受賞

候補

候補

候補

第119回1998年

候補

候補

第118回1998年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

第117回1997年

受賞

候補

候補

候補

候補

第116回1997年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第115回1996年

受賞

候補

候補

候補

候補

第114回1996年

受賞

候補

候補

候補

候補

第113回1995年

受賞

候補

候補

候補

候補

第112回1995年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

第111回1994年

候補

候補

候補

候補

第110回1994年

第109回1993年

受賞

候補

候補

候補

候補

第108回1993年

受賞

候補

候補

候補

候補

第107回1992年

受賞

候補

候補

候補

候補

第106回1992年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第105回1991年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第104回1991年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第103回1990年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第102回1990年

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第101回1989年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

第100回1989年

受賞

候補

候補

第99回1988年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第98回1988年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第97回1987年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第96回1987年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第95回1986年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第94回1986年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第93回1985年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

第92回1985年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第91回1984年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

第90回1984年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第89回1983年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第88回1983年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第87回1982年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第86回1982年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第85回1981年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第84回1981年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第83回1980年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第82回1980年

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第81回1979年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第80回1979年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第79回1978年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第78回1978年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第77回1977年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第76回1977年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第75回1976年

候補

候補

候補

候補

候補

候補

芥川賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.7.17 芥川賞に今村夏子さん 直木賞に大島真寿美さん

    第161回芥川賞と直木賞の選考会が東京で開かれ、芥川賞は今村夏子さんの「むらさきのスカートの女」、直木賞は大島真寿美さんの「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」(うず/いもせやまおんなていきん/たまむすび)が、それぞれ選ばれました。

  • 2019.7.16 ピース又吉の恋愛小説『劇場』が映画化 主演・山崎賢人、ヒロイン・松岡茉優の同い年コンビ

    長編デビュー作『火花』で第153回芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の受賞後第1作となる小説『劇場』が、映画化されることが決定し、松竹とアニプレックスの共同配信で公開。行定勲監督がメガホンを取り、主演は山崎賢人(24)、ヒロインは松岡茉優(24)の"同い年コンビ"が務めることが発表された。

  • 2019.6.17 直木賞 6候補作すべて女性の作品 昭和10年からの歴史で初

    令和最初の開催となる第161回芥川賞と直木賞の候補作が発表され、直木賞では6つの候補作がすべて女性作家の作品となりました。昭和10年に始まった賞の歴史の中で、候補作がすべて女性の作品となったのは初めてです。

芥川龍之介賞(芥川賞)関連つぶやき

maru07242古市憲寿の芥川賞候補作「無名の小説を参考」に山田詠美ら選考委員が「それってありな訳」と猛批判 https://t.co/bI3pISkNOw litera_webから
harukazeshobo今村夏子さんの背中を押した『蛇にピアス』。『平成の文学とはなんだったのか』では、金原ひとみが第10章で「文学の王道」をゆく、と取り上げられているほか、今村夏子さんについては助川先生がコラム的なページで触れています。(その原稿が… https://t.co/z10x8PwBBX
akutagawa_syou仕事を辞め、夫の田舎に移り住んだ夏。奇妙な獣の姿を見かけた私は、後を追ううちに得体の知れない穴に落ちた。ごく平凡な日常と、異界。『工場』で話題を集めた著者による、待望の第二作品集。受賞作を含む全三篇。 芥川賞受賞作『穴』小山田浩子https://t.co/4dafjlKjNU
rainasu古市憲寿の芥川賞候補作「無名の小説を参考」に山田詠美ら選考委員が「それってありな訳」と猛批判:リテラ https://t.co/jVyNloARCrワイドショーで“炎上芸人”をやりながら、最近は小説で芥川賞を狙っている古市憲寿… https://t.co/LyJicabbG0
Yuh_artisanLitera★古市憲寿の芥川賞候補作「無名の小説を参考」に山田詠美ら選考委員が「それってありな訳」と猛批判 https://t.co/jyN8N8UWGA @litera_web小説家としてのもっとも大切で、評価の基軸でもある「… https://t.co/46hJ99FWYW
sukebeningen人文批評家界隈の箔付けな道具に芥川賞もスッカリ貶められてんな。文学プロパー的には思うとこないの?
an26730284#読書好きな人と繋がりたい長嶋有さんの『猛スピードで母は』は、私が初めて読んだ芥川賞受賞作。深く辛い内容なのに、サラッと描いて読者を鬱々とさせないところがすごいと思います。 https://t.co/1eD1aWRAif
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)