トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石黒達昌

石黒達昌

石黒達昌さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石黒 達昌(いしぐろ たつあき、1961年9月5日 - )は、日本の小説家、医師、東京大学講師・文部科学省高等教育局医学教育課専門官・テキサス大学MDアンダーソン癌センター助教授などを経て、2020年現在は勤務医。
専門は医学教育・外科・消化器科・乳腺科、特に癌免疫、ジクロロ酢酸を用いた癌治療など。
date=2020年10月12日 (月) 12:10 (UTC)
北海道深川市出身。
東京学芸大学附属高等学校卒業、東京大学医学部卒業。
1989年、「最終上映」で第8回海燕新人文学賞を受賞。
1994年、「平成3年5月2日、後天性免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに……」で第110回芥川龍之介賞候補。『平成3年5月2日、後天性免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに……』で第16回野間文芸新人賞候補。
1996年、『94627』で第9回三島由紀夫賞候補。
2001年、「人喰い病」で第32回星雲賞日本短篇部門候補作。
2002年、「真夜中の方へ」で第126回芥川龍之介賞候補。
2003年、「希望ホヤ」で第34回星雲賞国内短篇部門参考候補作。
2005年、「目を閉じるまでの短い間」で第132回芥川龍之介賞候補。

受賞歴

石黒達昌関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石黒達昌関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

p_pakira『日本SFの臨界点 石黒達昌』読んでるけど小説って面白いな……
kyo_mukan【日本SFの臨界点 石黒達昌 冬至草/雪女 (ハヤカワ文庫 JA ハ 11-5)/石黒 達昌】を読んだ本に追加 → https://t.co/1mOeuynhzv #bookmeter
mateinappa仕事を辞め、いろいろと一段落したので買っておいて読めていなかった本に手を付け始めた。ハヤカワ文庫から出ている石黒達昌の短編集は期待にそぐわぬ出来で大いに満足。医学・生物学をバックグラウンドにした虚実綯い交ぜのSF万華鏡。どこからがリアルでどこからがフェイクなのか。目が眩む。
murasaki452『日本SFの臨界点 石黒達昌』は掛け値なしに超おすすめ。「平成3年5月2日、後天性免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに……」は言うに及ばず「希望ホヤ」「アブサルティに関する評伝」「ALICE」が衝撃的におもしろかった。
normal_stress読了。石黒達昌『日本SFの臨界点 石黒達昌──冬至草/雪女』(ハヤカワ文庫JA) https://t.co/ox66VcIPa8 芥川賞候補になったりしてるけど、突き放した視線が所謂純文学とは違う気がする。 #読書
lightnovelJP伴名練編 『日本SFの臨界点 石黒達昌 冬至草/雪女』 (ハヤカワ文庫JA) - 十七段雑記https://t.co/cbVVuFcewc#ラノベ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石黒達昌さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)