トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石黒達昌

石黒達昌

石黒達昌さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石黒 達昌(いしぐろ たつあき、1961年9月5日 - )は、日本の小説家、医師、元東京大学講師・文部科学省高等教育局医学教育課専門官・テキサス大学MDアンダーソン癌センター助教授。専門は医学教育・外科・消化器科・乳腺科、特に癌免疫、ジクロロ酢酸を用いた癌治療など。
北海道深川市出身。
東京学芸大学附属高等学校卒業、東京大学医学部卒業。
1989年、「最終上映」で第8回海燕新人文学賞を受賞。
1994年、「平成3年5月2日、後天性免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに……」で第110回芥川龍之介賞候補。『平成3年5月2日、後天性免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに……』で第16回野間文芸新人賞候補。
1996年、『94627』で第9回三島由紀夫賞候補。
2001年、「人喰い病」で第32回星雲賞日本短篇部門候補作。
2002年、「真夜中の方へ」で第126回芥川龍之介賞候補。
2003年、「希望ホヤ」で第34回星雲賞国内短篇部門参考候補作。
2005年、「目を閉じるまでの短い間」で第132回芥川龍之介賞候補。

受賞歴

石黒達昌関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

石黒達昌関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

book_title_bot『平成3年5月2日、後天性免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに、』(石黒達昌 福武書店 9784828817385)
bookshopranking(8/13) 和書 医学ランキング5位:石黒達昌『ハローマッチング 〈2018〉 - 小論文・面...』https://t.co/4tcsfSSPGo
konpakusouimyon石黒達昌→いしぐろたつあき
japanfield石黒達昌『人喰い病』収録の「雪女」、科学的な観察日誌という冷ややかな語り口で、可能な限り感情描写を避けることによって生まれた、切り詰めた感傷。静かな美しさが立ち上がってくる、見事な短編でした。
m_quzuki@gymnopedia2 石黒達昌氏の『平成3年5月2日、後天性免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに……』という作品です。ハネネズミという架空の動物を題材にした論文風の小説なのですが、読めば読むほどひきこまれる一作でした。このすごさは140字では表現しがたいです。
nemanoc変態生物よりエモい生物のが好きなので石黒達昌読みます
yuki_chitose伴名練きっかけで石黒達昌作品を少しずつ集めはじめたものの、全然見つからなくて困ってる。まだ二冊ぐらいしか手に入れてない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
石黒達昌さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)