トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 鷺沢萠

鷺沢萠

鷺沢萠さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鷺沢 萠(さぎさわ めぐむ、1968年(昭和43年)6月20日 - 2004年(平成16年)4月11日)は小説家。本名は松尾めぐみ。女性。
父は教育系出版社のコーキ出版代表で『戦えリキ』などの作者でもある鷺沢祥二郎。
1968年(昭和43年)6月20日、4人姉妹の末っ子として東京都世田谷区に生まれる。大田区出身。
1987年(昭和62年)に「川べりの道」で第64回文学界新人賞を受賞、女子大生小説家としてデビュー。
当時彼女の受賞は史上最年少であった(1993年(平成5年)に記録は塗り替えられた)。
『川べりの道』で文学界新人賞に応募した際、公木 萠(こうき めぐみ)を名乗ったが、「公木」は「鷺沢」とともに、祥二郎が使用していたペンネームである公木龍太郎に基づく。
姉は検察官。後に父方の祖母が韓国人であることを執筆のための取材の途上で知る。これを契機に韓国へ留学をし、作品に新境地を開いた。
エッセイの執筆の他、小説や絵本の翻訳も行った。作品はイタリア、韓国などでも翻訳されている。
1990年(平成2年)、映画監督の利重剛と結婚。1991年(平成3年)、離婚。
2004年(平成16年)4月11日、東京都目黒区の自宅で自殺する。享年35歳。

受賞歴

鷺沢萠関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

鷺沢萠関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

urigayatsuはてなブログに投稿しました #鷺沢萠 #はてなブログ自分が生きている意味を実感したとき(鷺沢萠『「私」という「自分」』を読んで)。 - 身の上話https://t.co/K9Z0IlA8Wn
r0s1n鷺沢萠『葉桜の日』読了。「私って誰?」というアイデンティティの問題やら死装束を探す話やら、いくつかに分割してもっとスキッとした短編にしたほうが好みかもしれない。 #dokusyo
sword7masterツイッター検索したら「鷺沢萠」の名前と作品名はかなりヒットするのに、好きな作品名に「指」を挙げてる人が意外といない。教科書には最近とられたのかなあ。
hihitotosisi本当に悲しい涙を共有できるのは、やはり家族。どんなに最愛の人でも、恋人でも、自分がなぜ泣いているのかわかってもらえない気がする。(鷺沢萠)
syosiyosinari作家の鷺沢萠を思いだした。高校時代に好きな作家だった。小説家、エッセイストとして着実な仕事を積み重ねていた鷺沢はある日、父方の祖母が韓国人であることを知る。それからは在日の生活をテーマにするような作家活動で新境地をひらくが、若くして亡くなった。
renaisukidesu本当に悲しい涙を共有できるのは、やはり家族。どんなに最愛の人でも、恋人でも、自分がなぜ泣いているのかわかってもらえない気がする。(鷺沢萠)
tsubo_tsubo823アフガンハウンドっていうと子供の頃家にあった幼児教材セットに入ってた「アフガンハウンドものがたり」っていう絵本。内容覚えてないんだけどなぜか印象に残ってる。作家の鷺沢萠さんのお父様が作った本だって大人になって知ったけどご本人も出版社も亡くなりもう読めないのが残念…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
鷺沢萠さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)