トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 鷺沢萠

鷺沢萠

鷺沢萠さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鷺沢 萠(さぎさわ めぐむ、1968年(昭和43年)6月20日 - 2004年(平成16年)4月11日)は小説家。本名は松尾めぐみ。女性。
実父は教育系出版社のコーキ出版代表で『戦えリキ』などの作者でもある鷺沢祥二郎。
1968年(昭和43年)6月20日、4人姉妹の末っ子として東京都世田谷区に生まれる。大田区出身。1987年(昭和62年)に「川べりの道」で第64回文学界新人賞を受賞、女子大生小説家としてデビュー。当時彼女の受賞は史上最年少であった(1993年(平成5年)に記録は塗り替えられた)。『川べりの道』で文学界新人賞に応募した際、公木 萠(こうき めぐみ)を名乗ったが、「公木」は「鷺沢」とともに、祥二郎が使用していたペンネームである公木龍太郎に基づく。姉は検察官。後に父方の祖母が韓国人であることを執筆のための取材の途上で知る。これを契機に韓国へ留学をし、作品に新境地を開いた。エッセイの執筆の他、小説や絵本の翻訳も行った。作品はイタリア、韓国などでも翻訳されている。1990年(平成2年)、映画監督の利重剛と結婚。1991年(平成3年)、離婚。2004年(平成16年)4月11日、東京都目黒区の自宅で自殺した。1968|6|20|2004|4|11。

鷺沢萠新刊

  • 発売日
    2018年6月8日
  • 書名
    帰れぬ人びと (講談社文芸文庫)

受賞歴

鷺沢萠関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

鷺沢萠関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sazankaQ鷺沢萠が亡くなって14年、彼女が飼っていたコマももう亡くなっているだろう。絶筆のまま刊行された最後の著書はワープロに遺された文章の途中で途切れていて、作家なら門外不出の不本意なテキストを売らん哉と本にする出版社に憤慨したのも今は昔。死んだ作家は作家の意思とは無関係に裸にされる。
kaorikaeru鷺沢萠やっぱり良いなー
mikachan43鷺沢萠さんの本、できる限り読み漁りたい。物語も言葉も、全てが美しくて優しい。
s_osmanthus今日は電車に片道1時間半乗らなくてはいけないので、お仕事とはいえ思いがけず読書の時間ができました。今読んでいるのは ウェルカム・ホーム!/鷺沢萠 https://t.co/pcxugjtoEM
mayonebotひとは歩くのをやめない。伝えたい気持ちをあきらめられない。それは、とても素敵なことだ。とても素敵な「歩み」を、目のあたりにできる時代に生まれたことだけは、もしどこかに神様みたいな存在があるのならば感謝しなければならない、などと切実に思う。 -鷺沢萠『君へ。』
suschamour心が落ち着いた後に、「私」という「自分」(筆者:鷺沢萠)という話を思い出しました。これ好き(≧∀≦)
rdf_yuni【ごく普通の在日韓国人 (朝日文庫)/姜 信子】何年ぶりかに再読。鷺沢萠のエッセイと、内容や主張は似ているけど、決定的に違うのが語り方。比較してみると面白いかもしれない。 → https://t.co/KzrbQY27Hm #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
鷺沢萠さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)