トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 鷺沢萠

鷺沢萠

鷺沢萠さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鷺沢 萠(さぎさわ めぐむ、1968年(昭和43年)6月20日 - 2004年(平成16年)4月11日)は小説家。本名は松尾めぐみ。女性。
実父は教育系出版社のコーキ出版代表で『戦えリキ』などの作者でもある鷺沢祥二郎。
1968年(昭和43年)6月20日、4人姉妹の末っ子として東京都世田谷区に生まれる。大田区出身。
1987年(昭和62年)に「川べりの道」で第64回文学界新人賞を受賞、女子大生小説家としてデビュー。
当時彼女の受賞は史上最年少であった(1993年(平成5年)に記録は塗り替えられた)。
『川べりの道』で文学界新人賞に応募した際、公木 萠(こうき めぐみ)を名乗ったが、「公木」は「鷺沢」とともに、祥二郎が使用していたペンネームである公木龍太郎に基づく。
姉は検察官。後に父方の祖母が韓国人であることを執筆のための取材の途上で知る。これを契機に韓国へ留学をし、作品に新境地を開いた。
エッセイの執筆の他、小説や絵本の翻訳も行った。作品はイタリア、韓国などでも翻訳されている。
1990年(平成2年)、映画監督の利重剛と結婚。1991年(平成3年)、離婚。
2004年(平成16年)4月11日、東京都目黒区の自宅で自死する。享年35歳。

鷺沢萠新刊

  • 発売日
    2018年6月8日
  • 書名
    帰れぬ人びと (講談社文芸文庫)

受賞歴

鷺沢萠関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

鷺沢萠関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mayonebotひとは歩くのをやめない。伝えたい気持ちをあきらめられない。それは、とても素敵なことだ。とても素敵な「歩み」を、目のあたりにできる時代に生まれたことだけは、もしどこかに神様みたいな存在があるのならば感謝しなければならない、などと切実に思う。 -鷺沢萠『君へ。』
kokugonohon女は迷っていた。もう長いこと迷い続けていた。走る電車の扉にもたれかかって、振動に身をまかせながら、窓の外の穏やかな景色と目の前にいる男を、女は交互に見つめた。彼女は名を幸子という。(『グレイの層』鷺沢萠)
spa_chan鷺沢萠の文庫が平積みされていたので懐かしいなーと思って手に取りました https://t.co/vUGnaYcgAb
kurage60鷺沢萠が好きなんだけど彼女の本は絶版になっているものが多いので、特にエッセイは古書店で見かけると絶対買ってしまうんだよな。すぐに読む予定もないのに
sampo_cameraステージを見た後に「真昼の月・夜の太陽」って言われて,頭の中は完全に鷺沢萠の『海の鳥・空の魚』になってる… https://t.co/T7MCwFP3Jp
kojiromaruko立ち寄ったブックオフの書棚で、先崎学と鷺沢萠の文庫本が隣同士だった。先崎九段の鷺沢への追悼文《それにしてもさあサギサワ。(中略)人のグチばっかり聞いて。みんな君のグチを聞きたかったんだ》を思い浮かべた。店員さんが「先崎」を「サキザキ」だと思って陳列した可能性にあとで気が付く。
b_bonap書きやすいのは鷺沢萠だろう(一応戦争がテーマ) 江國香織のほうはある種のファンタジー まあどちらでもよい どちらにしてもまず小5の読書感想文にはあまり選ばれない作品だと思うからw
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
鷺沢萠さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)