トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 鷺沢萠

鷺沢萠

鷺沢萠さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鷺沢 萠(さぎさわ めぐむ、1968年(昭和43年)6月20日 - 2004年(平成16年)4月11日)は小説家。本名は松尾めぐみ。女性。
父は教育系出版社のコーキ出版代表で『戦えリキ』などの作者でもある鷺沢祥二郎。
1968年(昭和43年)6月20日、4人姉妹の末っ子として東京都世田谷区に生まれる。大田区出身。
1987年(昭和62年)に「川べりの道」で第64回文学界新人賞を受賞、女子大生小説家としてデビュー。
当時彼女の受賞は史上最年少であった(1993年(平成5年)に記録は塗り替えられた)。
『川べりの道』で文学界新人賞に応募した際、公木 萠(こうき めぐみ)を名乗ったが、「公木」は「鷺沢」とともに、祥二郎が使用していたペンネームである公木龍太郎に基づく。
姉は検察官。後に父方の祖母が韓国人であることを執筆のための取材の途上で知る。これを契機に韓国へ留学をし、作品に新境地を開いた。
エッセイの執筆の他、小説や絵本の翻訳も行った。作品はイタリア、韓国などでも翻訳されている。
1990年(平成2年)、映画監督の利重剛と結婚。1991年(平成3年)、離婚。
2004年(平成16年)4月11日、東京都目黒区の自宅で自殺する。享年35歳。

受賞歴

鷺沢萠関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

鷺沢萠関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

SnowlogYはてなブログに投稿しました #はてなブログ鷺沢萠死去から15年。 - SNOWLOGの日記https://t.co/U74RDlRRjy
seijiota宮本輝『青が散る』村上春樹『ノルウェイの森』鷺沢萠『葉桜の日』俵万智『サラダ記念日』笹井宏之『えーえんとくちから』斉藤斎藤『人の道、死ぬと町』「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ショーシャンクの空に」「THE 有頂天ホテル」 #わたしをつくった本と映画
r0s1n鷺沢萠『海の鳥・空の魚』読了。短編集。どれもなんてことない日常を切り取るのが上手いなあと感じた。日頃の何気ないやり取りや人間関係もこうやって書かれてみると味わいがある。 #dokusyo
yurasu28281鷺沢って名前の人も鷺沢萠さんくらいしかいないし、やっぱり読書しかないんかなぁ
yobukoe【琴線に触れた一文】 その手紙ではじめてわたしは、 自分の作品がこの若い女流作家に、 小説を書くきっかけを作ったらしいことを知らされた。 (小関智弘「解説」\鷺沢萠「帰れぬ人びと」)
sigh_to_you『葉桜の頃』って鷺沢萠の小説があったなご存命なら還暦くらいか?いよいよこれからって頃にお亡くなりになったのだよな
hihitotosisi本当に悲しい涙を共有できるのは、やはり家族。どんなに最愛の人でも、恋人でも、自分がなぜ泣いているのかわかってもらえない気がする。(鷺沢萠)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
鷺沢萠さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)