トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 平野啓一郎

平野啓一郎

平野啓一郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

平野 啓一郎(ひらの けいいちろう、1975年6月22日 - )は、日本の小説家である。
1975年6月22日に、福岡県立東筑高等学校、京都大学法学部卒業する。高校時代に80枚の処女作を綴る。大学で政治思想史の小野紀明ゼミナールに所属し、バーのアルバイトや軽音サークルで活動しながら小説を執筆した。
大学の軽音楽サークルでギターを担当した。主にLOUDNESSをはじめとするヘヴィメタル系のコピーが中心で、LOUDNESSのドラマーである樋口宗孝の訃報を耳にした際、バンド時代の思い出と当時のヘヴィメタルシーンを社会的背景を含めて綴る。1997年、21歳の平野は資料収集と執筆にそれぞれ半年を費やして処女作の『日蝕』を書く。1998年に『日蝕』を『新潮』に投稿し、1999年に『日蝕』で第120回芥川賞を当時最年少の23歳で受賞した。月齡を考慮すると、平野は丸山健二より約6か月年長である。1999年に泉鏡花風の幻想譚『一月物語』(いちげつものがたり)を発表する。
2002年に、19世紀のパリを舞台にショパン、ドラクロワ、ジョルジュ・サンドらが織り成す人間模様を描いた『葬送』を刊行し、『日蝕』『一月物語』と合わせて「ロマンティック三部作」とした。
以降は一転して現代を舞台にした短編に取り組み、『高瀬川』(2003年)や『滴り落ちる時計たちの波紋』(2004年)、『あなたが、いなかった、あなた』(2007年)、中篇『顔のない裸体たち』(2006年)を刊行する。
2006年から『新潮』で連載した『決壊』以降は、『ドーン』(2009年)、『かたちだけの愛』(2010年)、『空白を満たしなさい』(2012年)などの長編を執筆している。2012年には、「分人主義」の考え方をまとめた新書『私とは何か――「個人」から「分人」へ』も刊行した。
2005年は、文化庁の文化大使に任命されてフランスに1年間滞在する。2008年にモデルの春香と2年間の交際を経て結婚し、明治神宮で挙式した。2009年に、三島由紀夫賞選考委員に最年少で選任される。2009年に、『決壊』が織田作之助賞候補となり芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞する。『ドーン』でBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞する(島田雅彦選考委員)。2020年3月に芥川賞選考委員に選任される。

受賞歴

平野啓一郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

平野啓一郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yugurenohana@makotcha 平野啓一郎の小説「決壊」の中のセリフが「暴力の衝動は善悪の彼岸だ」で、「善悪の彼岸」はニーチェの著作名なので、なにか引用した風なのかと思ったら、普通にそう解釈もできますね!ありがとうございます。
benbenpen6放医研3年と家電雑誌リック1年のパソコンのネット書き込みそんな頃は、平野啓一郎の本を読んでなかったし知らないひとだったなんで子供をおろしたか?変なひとだなぁ。平野を思ってもいなかったひかかっちゃう
moja_cosいつもの平野啓一郎だった
hishiokakenji平野啓一郎『決壊 下』(新潮文庫、Audible)。そうか、ミステリー仕立てだけど、よい意味でミステリーではないんですね。主人公の母など、良くも悪くも凡庸な登場人物を、些細なエピソードも含めて、行動原理をしっかり描いているから、極… https://t.co/auyiRkxq0V
kureo0819平野啓一郎氏の目指す独裁国家なら、それこそ何でもかんでも政府の責任だけど…成熟した民主主義ってのは、良くも悪くもこ〜ゆ〜ものなんだよなぁ…。 https://t.co/T6fTc06XRa
kaki_sake_saba思い返せば社会思想史の教授と90分ほど移民問題や世界史について話し、フランス語の先生がフランスの時事問題をアクチュアルに教えてくれていて、平野啓一郎先生の『ある男』を読んでいた時期に書いたレポートだったな。2021年度はいろいろ… https://t.co/3Up7KIZkbb
gakku2007芥川賞作家の平野啓一郎氏。朝日新聞での彼の日韓関係のインタビュー。そこに表れたのは彼の奴隷根性だった。「作家・平野啓一郎の奴隷根性!」https://t.co/x1FpYf94aY
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
平野啓一郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)