トップページ > 作家名一覧 > だから始まる作家名一覧 > 大道珠貴

大道珠貴

大道珠貴さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大道 珠貴(だいどう たまき、女性、1966年4月10日 - )は、日本の小説家。福岡市出身。福岡県立福岡中央高等学校卒業。2000年、「裸」が第30回九州芸術祭文学賞を受賞して小説家デビュー。同作で第123回芥川賞候補。2003年、「しょっぱいドライブ」で第128回芥川賞受賞。2005年、『傷口にはウオッカ』で第15回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞(選考富岡多恵子)。
=
*『背く子』(講談社、2001年/講談社文庫、2004年、ISBN 9784062749275)
*『裸』(文藝春秋、2002年/文春文庫、2005年、ISBN 9784167698010)
**裸(『文學界』2000年4月号)
**スッポン(『文學界』2000年10月号)
**ゆううつな莓( 『文學界』2001年12月号)
*『しょっぱいドライブ』(文藝春秋、2003年/文春文庫、2006年、ISBN 978-4167698027)
**しょっぱいドライブ(『文學界』2002年12月号)
**富士額(『文學界』2001年2月号)
**タンポポと流星(『文學界』2002年6月号)
*『銀の皿に金の林檎を』(双葉社、2003年/双葉文庫、2006年、ISBN 9784575510805)
**初出:『小説推理』2002年8月号 - 2003年5月号
*『ひさしぶりにさようなら』(2003年、講談社/講談社文庫、2006年、ISBN 9784062754835)
**ひさしぶりにさようなら(『群像』2002年12月号)
**いも・たこ・なんきん(『群像』2003年6月号)
*『ミルク』(中央公論新社、2004年/中公文庫、2007年、ISBN 9784122049253)
**ミルク、野菜ジュース、マシュマロを焼く、ラ・フランス、回転キャンディー、朝がゆにしない?、日の丸弁当
*『素敵』(光文社、2004年/光文社文庫、2007年、ISBN 9784334742270)
**純白(『小説宝石』2003年4月号)
**素敵
**一泊(『小説宝石』2003年12月号)
**走る(『小説宝石』2004年6月号)
**カバくん
*『傷口にはウオッカ』(講談社、2005年/講談社文庫、2008年、ISBN 9784062759656)
**初出:『群像』2004年11月号
*『たまたま…』(2005年、朝日新聞社)
**初出:『小説トリッパー』2003年冬季号 - 2005年冬季号
*『後ろ向きで歩こう』(文藝春秋、2005年/2008年、文春文庫、ISBN 9784167698034)
**後ろ向きで歩こう(『文學界』2005年1月号)
**旬(『文學界』2004年7月号)
**多生の縁(『文學界』2003年7月号)
*『ハナとウミ』(双葉社、2005年 のち文庫)
**初出:『小説推理』2004年4月号 - 2005年3月号
*『ケセランパサラン』(小学館、2006年)のち文庫 
**ちまきのこと、草太のこと、フユヲとハルヲのこと、剣のこと
*『蝶か蛾か』(文藝春秋、2006年)
**初出:『別冊文藝春秋』2005年9月号 - 2006年9月号
*『オニが来た』(光文社、2007年)
*『ショッキングピンク』(講談社、2007年)のち文庫 
**青すぎる空(『小説現代』2004年4月号)
**さらわれたい
**準ミス熱海(『小説現代』2006年2月号)
**懐く、冷たいスミレ、髄を吸う、ショッキングピンク
*『立派になりましたか?』(双葉社、2008年)のち文庫 
**初出:『小説推理』連載
*『きれいごと』(文藝春秋、 2011)
**初めてなのに懐かしいひと(『文學界』2010年1月)身重で身軽(『文學界』2010年7月)きれいごと(『文學界』2010年11月)を下敷きに長篇として書き下ろし。
*『煩悩の子』双葉社、2015 

受賞歴

大道珠貴関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

大道珠貴関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

may_chan_7読了メモ2015.5.24 双葉社「煩悩の子」大道珠貴とんがったり、ちぐはぐだったりする子どもの成熟期。大人が思うほど子どもじゃなくて、むしろ煩悩のかたまり。痛快な悪態は本物を探す本能とも思える感じがよかった。
akutagawa_syouさびれた港町で生活する34歳のミホが、60代のへなちょこ老人と同棲するまでに至る顛末を、哀しくもユーモラスに描く。芥川賞受賞作『しょっぱいドライブ』大道珠貴
syakai6『14歳からの社会学―これからの社会を生きる君に』「社会を分析する専門家」である著者が、社会の「本当のこと」を伝え、いかに生きるべきか、に正面から答えた。重松清、大道珠貴との対談を新たに附す。https://t.co/mlfSD9aDGe
AwardAuthorさびれた港町で生活する34歳のミホが、60代のへなちょこ老人と同棲するまでに至る顛末を、哀しくもユーモラスに描く。芥川賞受賞作『しょっぱいドライブ』大道珠貴
zero_jg大道珠貴「きれいごと」福岡出身、自衛隊員の娘で作家を生業にしている独身44歳が主人公。物語に起伏はない。タイトルの皮肉、年齢相応の汚ならしさを撒き散らしている。#読書
_suzuchanしょっぱいドライブ 大道珠貴 #読了
kyouhei「タンポポと流星」がなんか良かった。どの主人公たちもなんだか自分を大切にする事が憚られるかのような、適度...『しょっぱいドライブ (文春文庫 (た58-2))』大道 珠貴 ☆4 https://t.co/281fqSIZi2
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大道珠貴さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)