トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 池澤夏樹

池澤夏樹

池澤夏樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

池澤 夏樹(いけざわ なつき、1945年7月7日 - )は、日本の小説家、詩人。翻訳、書評も手がける。日本芸術院会員。
文明や日本についての考察を基調にした小説や随筆を発表している。翻訳は、ギリシア現代詩からアメリカ現代小説など幅広く手がけている。
各地へ旅をしたことが大学時代に専攻した物理学と併せて、池澤の作品の特徴となる。また、詩が小説に先行していることも、その文章に大きな影響を与えている。
声優の池澤春菜は娘。
北海道帯広市出身。マチネ・ポエティクで同人だった原條あき子(山下澄、1923年 - 2004年)と福永武彦の間に、疎開先の帯広で誕生した。1950年、両親が離婚し、1951年母に連れられて東京に移る。母はその後再婚して池澤姓を名乗ったため、池澤は実父について高校時代まで知らなかったという。
都立富士高校卒業後、1964年に埼玉大学理工学部物理学科に入学。1968年中退。ハヤカワミステリーの短編やテレビ台本、『リーダーズダイジェスト』の記事などを翻訳。
ロレンス・ダレルの弟のナチュラリストであるジェラルド・ダレルが少年時代を回顧した、ギリシアを舞台にした『虫とけものと家族たち』『鳥とけものと親類たち』『風とけものと友人たち』を1974年から翻訳。これがきっかけで、1975年にギリシアに移住、3年間同地で過ごす。
『ユリイカ』の当時の編集長・三浦雅士の誘いがきっかけで、『ユリイカ』に詩を掲載。帰国後、初の詩集『塩の道』を出版。1979年より『旅芸人の記録』(監督テオ・アンゲロプロス)の字幕を担当、これがきっかけでアンゲロプロスの作品の字幕を担当する。
1984年5月号『海』に長編小説「夏の朝の成層圏」を発表、1987年中央公論新人賞を受賞した小説「スティル・ライフ」で、1988年に第98回芥川賞を受賞。
1993年に沖縄に移住。2005年にフランスのフォンテヌブローに移住。2009年に北海道札幌に移住。「ぼくが生まれて育ったのは北海道である。梅雨がないことで知られるとおり、最も乾燥した土地だ。フランスを離れて日本に帰ろうかと思った時、同じ空気の中に住みたいと思って、札幌に決めた。ここの今日の湿度は六八パーセント。やっぱり乾いている。」と『週刊文春』にて述べている。
小説では『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞、『花を運ぶ妹』で毎日出版文化賞、『すばらしい新世界』で芸術選奨、『静かな大地』で親鸞賞などを受賞。また、随筆では『母なる自然のおっぱい』で読売文学賞(随筆・紀行部門)、評論では『楽しい終末』で伊藤整文学賞(評論部門)を受賞。2007年紫綬褒章受章。
『むくどり通信』シリーズなどの随筆もある。2010年、北海道新聞や中日新聞、東京新聞、北陸中日新聞、西日本新聞及び中国新聞に、小説「氷山の南」を連載。
2001年9月11日アメリカでのアメリカ同時多発テロ事件の直後から『新世紀へようこそ』というメールコラムを100回にわたって発信し、その後メールコラムは『パンドラの時代』、『異国の客』へと移っている。2002年11月にはイラクを訪れ、現地の普通の人々の暮らしを伝える『イラクの小さな橋を渡って』(写真・本橋成一)を緊急出版した。
池澤の個人編集の河出書房新社の『池澤夏樹=個人編集 世界文学全集』全30巻が2007年11月より刊行された。
小説や評論が国語の教科書など教育現場において採用されることも多く、『スティル・ライフ』は2002年度の大学入試センター試験国語I・国語IIの追試験問題で出題された(過去問題集では池澤の意向で文章は省略されている)。
2011年第145回をもって、1995年第114回から務めた芥川賞の選考委員を辞任。
2012年現在、谷崎潤一郎賞、読売文学賞選考委員。
2014年8月1日より、北海道立文学館館長に就任。同年10月、過去に元従軍慰安婦の偽証言を報じた北星学園大学非常勤講師植村隆の解雇に反対する「負けるな北星!の会(マケルナ会)」を結成。「たくさんの人が一人の人を非難している。その非難に根拠がないとしたら、もっとたくさんの人が立ち上がってその人を守らなければならない。」と発言した。

受賞歴

池澤夏樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

池澤夏樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mioncocori一昨日22日に、国立能楽堂にて池澤夏樹・作 野村萬斎・演出の新作狂言『鮎』の制作発表を拝見させて頂きました。この『鮎』のチラシ、ポスター画とタイトルの文字は私が担当させて頂きました。https://t.co/RcIooII1Vv https://t.co/TpElhNi1l1
tw56itterpp文学と演劇の出会い、池澤夏樹×野村萬斎の新作狂言「鮎」会見に“鮎”登場。(メ`ロ´)o
4rk_pnzつまり、地名というのは実はずいぶん政治的なものなのである。(中略)中央が勝手につけることもあり、地方の方からすりよることもある。そのいい例が中軽井沢。ここはかつて沓掛という宿場らしいいい名前だったのに、隣の軽井沢にあやかりたくて改名した。池澤夏樹『むくどり通信』
fraseypintura今週行った『源氏物語』刊行記念、角田光代さんと全集編者の池澤夏樹さん対談イベント。角田さんが他のお名前で書いてた頃から大好きで、それ故これまでトークには行かなかったのだけど、書かれるのと同じように「これしかない」ということばを紡がれて素敵なお話がたくさん聞けました
travelmeigen「行った先で何が起こるかわからないままに出てゆくのが旅ではないか。そう考えれば、旅の準備とはもともと矛盾した言葉だ」池澤夏樹
Namimagazine池澤夏樹著『世界文学を読みほどく スタンダールからピンチョンまで【増補新版】』の評者は野崎歓さん!/世界文学の海原をへめぐる精神の航跡(波2017年4月号)https://t.co/KXXE1GuC8q
kahu50池澤夏樹ってマジでセンスねえな。バカじゃねえの。『予告された…』を書くまでは、一番気に入ってるのは『大佐に手紙はこない』だと言ってたのに。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
池澤夏樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)