トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 臼井吉見

臼井吉見

臼井吉見さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

臼井 吉見(うすい よしみ、1905年6月17日 - 1987年7月12日)は、日本の編集者、評論家、小説家、日本藝術院会員。息子は映像作家の臼井高瀬。
長野県南安曇郡三田村(現・安曇野市)に、父貞吉・母きちの次男として生まれる。旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)、旧制松本高校文科甲類を経て、1929年東京帝国大学文学部卒業。松本中学では後に筑摩書房の創業者となる古田晁、俳優・演劇評論家の松本克平が同級であった。
旧制伊那中学(現長野県伊那北高等学校)、松本女子師範学校などで教員を務めた後、上京して東京女子大学でも教え、さらに、1946年創刊の総合雑誌『展望』(筑摩書房)の編集長を務め、文芸評論家としても活躍した。『日本文学全集』『現代教養全集』などを編集した。1956年『近代文学論争』で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。1964年から代表作となる大河小説「安曇野」の執筆を始め、1974年に完結し、谷崎潤一郎賞を受賞した。1975年日本藝術院会員。
1977年、『展望』5月号に掲載した『事故のてんまつ』(まもなく単行本化)は、川端康成の孤独な生い立ちから自殺までの背景を描いた作品で、川端家が抗議し、販売差止め仮処分の民事訴訟が提起された。結局、臼井が謝罪し和解が成立、単行本は絶版となった。
1987年7月12日、急性心不全のため東京都杉並区下高井戸の病院で死去。
NHKのクイズ番組『それは私です』に、解答者として出演していたこともある。
安曇野市役所堀金支所に隣接する堀金中央公園に臼井吉見文学館がある。

受賞歴

臼井吉見関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

臼井吉見関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Pukasan1963年(昭和38年)の本。第一章 大正前期第二章 大正後期大正7年を堺にして、明治43年...『大正文学史 (筑摩叢書)』臼井吉見 ☆3 https://t.co/lRBFtARtND #booklog
Quotes_Dokusyo読書とは、つまるところ、邂逅、出会いの問題に帰するだろう。(臼井吉見)
is3460「安曇野」には、明治、大正、昭和の三代にわたって、何百人とも知れぬ群像が登場する。その中で、一人を選べといわれれば、僕は躊躇なく、石川三四郎をあげる。人間的魅力に溢れた、世界的レベルにおける、日本独自の思想家だと思う。(臼井吉見)
tapioca077文学の興味は、人間の知識が凡そ不完全な言語をもつて、虚偽と不真実を何れ程真実らしく語り得るかと云ふ其の手腕を見るのにある。この滑稽な遊戯が乃ち文学と称するものだ。永井荷風—『大正文学史 (筑摩叢書)』臼井吉見
senjihiranuma埴谷雄高/死霊臼井吉見/安曇野足立巻一/やちまた加藤一雄/無名の南画家小泉八雲/日本-一つの試論ボルヘス/七つの夜ロレンス/その男Monique Truong/The Sweetest FruitsLouis Me… https://t.co/sjl88XFGTK
catsummer臼井吉見『作家論控え帳』かわいいはくちょ先生エピソードが載ってるということを教えてもらったので買った
Gokutubushi_CoC「自由だの解放だのと云ふものは、皆現代人が在来の秩序を破らうとする意嚮の名である。そしてこれを新しい道徳だと云つてゐる。併し秩序は道徳を外に表現してゐるもので道徳自身ではない。……」—『大正文学史 (筑摩叢書)』臼井吉見著https://t.co/YrnRLdOGkj
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
臼井吉見さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)