トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 井上ひさし

井上ひさし

井上ひさしさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

井上 ひさし(いのうえ ひさし、1934年11月17日 - 2010年4月9日)は、日本の小説家、劇作家、放送作家である。文化功労者、日本藝術院会員。本名は井上 廈(いのうえ ひさし)。1961年から1986年までの本名は内山 廈(うちやま ひさし)。遅筆堂(ちひつどう)を名乗ることもあった。
日本劇作家協会理事、社団法人日本文藝家協会理事、社団法人日本ペンクラブ会長(第14代)などを歴任した。晩年は自身の蔵書を収蔵した遅筆堂文庫を造り、運営した。(後述)
先妻は西舘代志子。後妻のユリは元衆議院議員米原昶の娘。長女は元こまつ座主宰の井上都。三女は株式会社こまつ座社長の石川麻矢。
=
1934年(昭和9年)11月17日、井上靖と競った文学青年の井上修吉を父とし、井上マスを母として山形県東置賜郡小松町中小松(現・川西町)に生まれる。マスが病院の下働きをしていたときに薬剤師助手の修吉と知り合い駆け落ちしたが、井上の籍には入らず、ひさしたち3兄弟は戸籍上は非嫡出子(婚外子)として生まれた。廈(ひさし)という名前は、『H丸傳奇』の舞台となった中国の厦門(アモイ)に由来する。5歳のとき父が脊髄カリエスで死亡。青年共産同盟に加入していた父親は3回検挙歴があり、そのときに受けた拷問の影響で脊髄を悪くしたとも語っていた。母親は夫に替わって薬屋を切り盛りする傍ら、闇米の販売や美容院経営などで3人の子を育てていたが、旅回りの芸人と同居を始める。その義父から虐待を受け、ストレスから円形脱毛症と吃音症になる。その後、義父に有り金を持ち逃げされた。山形では父が残した蔵書を乱読して過ごし、「神童」と言われていた。
母は一関市で飯場を営んでいた義父の居場所を突き止め、会社から義父を追い出して自ら社長の座につき土建業「井上組」を立ち上げたが、経営はうまくいかず会社は程なくして解散。生活苦のため母はカトリック修道会ラ・サール会の孤児院(現在の児童養護施設)「光が丘天使園」(宮城県仙台市)にひさしを預ける。そこではカナダ人修道士たちが児童に対して献身的な態度で接していた。カナダから修道服の修理用に送られた羅紗もまず子供たちの通学服に回し、自分はぼろぼろの修道服に甘んじ毎日額に汗して子供たちに食べさせる野菜などを栽培していた。このような修道士たちの生きかたは入所児童を感動させ、洗礼を受ける児童が続出した。ひさしもその一人となった(洗礼名:マリア・ヨゼフ。上京後、棄教している)。一方、井上の孤児院時代の友人によると、この孤児院は理不尽な体罰といじめが横行する弱肉強食の環境であり、当時の井上は弟と一緒だったが「小さな弟がいじめられて泣いてもかばえないような奴でした」「口がうまくてそれで渡り歩いたようなところがあった」、という。井上在園当時に園長を務めた石井恭一修道士も「ひさしさんはおとなしい子でしたよ。弟さんは小さくて、よくおねしょをしたので、皆にからかわれていました。彼はかばうことはせずに、はやし立てる仲間の方に加わっていました」と証言している。この当時のことは自著『四十一番の少年』にも描かれている。

井上ひさし新刊

  • 発売日
    2019年6月11日
  • 書名
    井上ひさし ベスト・エッセイ (ちくま文庫)
  • 発売日
    2019年4月17日
  • 書名
    この人から受け継ぐもの (岩波現代文庫)

受賞歴

井上ひさし関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

井上ひさし関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

IHOSHIARITACetc扨敬老の日の本日、新宿の紀伊国屋サザンシアターにまいりまして、こまつ座の公演『日の浦姫物語』を観劇しましたぢゃ。作者井上ひさしさんが亡くなった後、蜷川幸雄さんが演出して蘇らせた作品でして、近親相姦を巡る劇を、今回鵜山仁さんは、より明るい笑いの作品にしてました。最後も幸福な結末ぢゃ
Hikarineko2018初耳なので調べました井上ひさし著の『握手』に登場する人物ですね#BoxFresh https://t.co/oxSgdtT9bM
greenrose1125@kkmoto2 @kabosu_issey 私は図書館でパソコンにタイトル打ち込んで予約しました。天保単体は古い本なので、井上ひさしさんの全集に入っている方が借りやすいかもです。
kkmoto2@kabosu_issey @greenrose1125 突然申し訳ありません、井上ひさしさんのこの本は図書館で借りられるのでしょうか?分類はどんな分野になるのでしょう?
hakushitouhyou娘と映画を観てきた。星野源の「引っ越し大名」越前松平藩の話。面白かった。星野源はうまい。高橋一生はますます芝居の幅が広がっている。いい役者だね。来年日生劇場で井上ひさしの「天保十二年のシェークスピア」をやる。楽しみ。高… https://t.co/MhJsbdgGo6
fv_wrd「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをゆかいに、ゆかいなことをまじめに書くこと」 by 井上ひさし
kento_sekkei「九条の会」は致命的欠陥を保持。故井上ひさしさんが「守れ、守れと言っているうちに、既成事実だけがつくられて空しくなる」と講演で発言。つまり野球で言えば守備だけだという事です。攻撃に移れませんから、勝てる見込みはない。「九条の会」が卑怯なのはそのことを理解していながら国民を誤導。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
井上ひさしさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)