トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北原亞以子

北原亞以子

北原亞以子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北原 亞以子(きたはら あいこ、本名:高野美枝、1938年1月20日 - 2013年3月12日)は、日本の小説家。
東京・新橋の祖父からの椅子専門の洋家具職人の家に生まれる。4歳で父が南方戦地で戦死し、6歳の1944年(昭和19年)11月30日に空襲で生家が焼失し、7歳で終戦を迎える。千葉県立千葉第二高等学校卒業。高校のころから小説家を希望し、石油会社OLをしながら書き続ける。
28歳の時に同人誌「文藝首都」。翌1969年、同誌に発表した『ママは知らなかったのよ』で第1回新潮新人賞を受賞。同年、『粉雪舞う』が司馬遼太郎に賞され、第12回小説現代新人賞佳作を受賞。
以後は、勤務先を変えつつ、年1、2回「小説現代」や「小説新潮」に短篇を発表するが。
しかし、写真スタジオに事務員として勤務していた40歳のとき誘われ、もう一つの憧れだったコピーライターとして広告制作会社に入社して、生活が安定してから、時代小説に本格的に分野を移し、作家として再デビューして、1988年単行本『小説春日局』、『歳三からの伝言』を初めて出版する。この時は、新人賞から、ほぼ20年たっていた。それから5年後1993年に『恋忘れ草』で直木賞を受賞する。1997年から始まった『慶次郎縁側日記』は人気シリーズとなり、NHKで高橋英樹主演で断続的にドラマ化された。
2011年心臓病の悪化で入院、手術後の復帰インタビューで余命が少ないことを述べていた。
2013年3月12日、東京都内の病院で心筋梗塞のため死去。1938|1|20|2013|3|12。

受賞歴

北原亞以子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北原亞以子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ibahachiro_bot「さっきも言ったが、伊庭さんが勝さんの胸のうちを、どこまで読んでいたかは知らない。が、小田原へ向かったと聞いて、俺はさすがだと思ったよ。小田原藩を味方に引き入れて箱根を押えれば、総督府は身動き一つできなくなる」---土肥庄次郎  (北原亞以子『風よ聞け』)
showa_g昭和を振り返る画像。『北原亞以子』プロフィールは→https://t.co/uXvzXzLsGL#昭和#歴史#芸術文化 https://t.co/plB0vpspmB
a_ranking_newshonto電子書籍期間限定セール (3/31)まで 人気の時代小説も配信開始!チャンバラ抜きの時代小説特集 北原亞以子『【期間限定価格】澪つくし 深川澪通り木戸番小屋(講談社文庫)』29%OFFhttps://t.co/b7phYpWsWo
Namimagazine北原亞以子著『乗合船 慶次郎縁側日記』の評者は西木正明さん!/追い求めたさりげない日常(波2014年4月号)https://t.co/Tp4pMggilB
n_Fushimi_243赤報隊の丸山梅夫(徳五郎)に関しては、お仲間7人と「神文誓詞」に「血判」ついて入門していて何だか凄い(^_^;)能の習得ってそこまでするものだっけ?
tatsutaaoおばちゃん、作家の北原亞以子さんをとっても尊敬しているので、若い頃~中年で鳴かず飛ばずでも、50代60代で花開けばばいいや、と思ってる。まあ、一生花開かない可能性もあるけどな!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北原亞以子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)