トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北原亞以子

北原亞以子

北原亞以子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北原 亞以子(きたはら あいこ・本名:高野美枝、1938年1月20日 - 2013年3月12日)は、日本の小説家。
東京・新橋の家具職人の家に生まれる。千葉県立千葉第二高等学校卒業。高校のころから小説家を希望し、石油会社OLをしながら書き続ける。
28歳の時に同人誌「文藝首都」。翌1969年、同誌に発表した『ママは知らなかったのよ』で第1回新潮新人賞を受賞。同年、『粉雪舞う』が司馬遼太郎に賞され、第12回小説現代新人賞佳作を受賞。
以後は、勤務先を変えつつ、年1、2回「小説現代」や「小説新潮」に短篇を発表するが。
しかし、写真スタジオに事務員として勤務していた40才のとき誘われ、もう一つの憧れだったコピーライターとして広告制作会社に入社して、生活が安定してから、時代小説に本格的に分野を移し、作家として再デビューして、1988年単行本『小説春日局』、『歳三からの伝言』を初めて出版する。この時は、新人賞から、ほぼ20年たっていた。その後すぐ『歳三からの伝言』出版記念パーティで機会を得て「小説新潮」で断続的に連作掲載されていた『深川澪通り木戸番小屋』が1989年講談社より刊行され、注目を集め出世作となる。それから5年後1993年に『恋忘れ草』で直木賞を受賞する。1997年から始まった『慶次郎縁側日記』は人気シリーズとなり、NHKで高橋英樹主演で断続的にドラマ化された。
2011年心臓病の悪化で入院、手術後の復帰インタビューで余命が少ないことを述べていた。
2013年3月12日、東京都内の病院で心筋梗塞のため死去。1938|1|20|2013|3|12。

北原亞以子新刊

  • 発売日
    2017年4月28日
  • 書名
    乗合船 慶次郎縁側日記 (新潮文庫)
  • 発売日
    2017年2月3日
  • 書名
    龍馬の生きざま (実業之日本社文庫)
  • 発売日
    2016年11月9日
  • 書名
    恋情の果て (光文社時代小説文庫)

受賞歴

北原亞以子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北原亞以子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

marustaproject東京駅の丸の内北口でおこる様々な人間模様を描いた映像作品『Marunouchi North Exit』原案は北原亞以子著の『東京駅物語』。なんと制作に携わったキャスト・スタッフの全員が実際に東京駅での勤務経験者!是非ご覧下さい!https://t.co/OMDIiYYYUx
shincholive_bot『ほたる―慶次郎縁側日記―(新潮文庫)』(北原亞以子)奴が悪人になる前に、救ってやらなきゃならねえ。傑作シリーズ第十弾! https://t.co/0ejDqS0UaN #ebook #電子書籍
ibahachiro_bot筒袖ダンブクロに鉄砲の薩長軍と、鉢巻たすきがけ、槍刀(やりかたな)で戦って勝つつもりでいたのだから、お粗末な話さ。剣術なんざ無用の世の中になったと、話していたところだ  (北原亞以子『風よ聞け』)
Namimagazine北原亞以子著『あした 慶次郎縁側日記』刊行記念インタビュー!/隣人の悩みを描き続けて(波2012年5月号)https://t.co/ylVWUpcOnC
reruto_meiso北原亞以子「臆病者」(『江戸風狂伝』)を読んだ。妻おせい視点で国芳が描かれる。夫に対する不安と期待というか。国芳、ご改革を皮肉る絵を進んで描いたわけではないのか(『歌川国芳猫づくし』と違う)。時代は長女のおとりが4歳なので、赤ん坊な『国芳猫草紙 おひなとおこま』より3年前かな。
dokushotsu_net「風よ聞け 雲の巻」(北原亞以子)の評判/レビュー/クチコミです。 もっと見る... https://t.co/b2yjpb0959 #小説 #クチコミ #レビュー #評判
yunacheshire023今日は毎月のお楽しみ、銀河万丈さんの朗読会行って来ました。今回の長編ものは北原亞以子さん著「朧月夜」。初めての作品でしたが、江戸の女の生き様に沁みた。とても好きな作品でした。他の作品も読んでみよう(о´∀`о)そんで、恒例の… https://t.co/KNtARBleJc
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北原亞以子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)