トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北原亞以子

北原亞以子

北原亞以子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北原 亞以子(きたはら あいこ・本名:高野美枝、1938年1月20日 - 2013年3月12日)は、日本の小説家。
東京・新橋の家具職人の家に生まれる。千葉県立千葉第二高等学校卒業。高校のころから小説家を希望し、石油会社OLをしながら書き続ける。
28歳の時に同人誌「文藝首都」。翌1969年、同誌に発表した『ママは知らなかったのよ』で第1回新潮新人賞を受賞。同年、『粉雪舞う』が司馬遼太郎に賞され、第12回小説現代新人賞佳作を受賞。
以後は、勤務先を変えつつ、年1、2回「小説現代」や「小説新潮」に短篇を発表するが。
しかし、写真スタジオに事務員として勤務していた40歳のとき誘われ、もう一つの憧れだったコピーライターとして広告制作会社に入社して、生活が安定してから、時代小説に本格的に分野を移し、作家として再デビューして、1988年単行本『小説春日局』、『歳三からの伝言』を初めて出版する。この時は、新人賞から、ほぼ20年たっていた。その後すぐ『歳三からの伝言』出版記念パーティで機会を得て「小説新潮」で断続的に連作掲載されていた『深川澪通り木戸番小屋』が1989年講談社より刊行され、注目を集め出世作となる。それから5年後1993年に『恋忘れ草』で直木賞を受賞する。1997年から始まった『慶次郎縁側日記』は人気シリーズとなり、NHKで高橋英樹主演で断続的にドラマ化された。
2011年心臓病の悪化で入院、手術後の復帰インタビューで余命が少ないことを述べていた。
2013年3月12日、東京都内の病院で心筋梗塞のため死去。1938|1|20|2013|3|12。

受賞歴

北原亞以子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北原亞以子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yasuojiブログ更新しましたよ『澪つくし~北原亞以子』Y&Sのあったか空間~Part2~|https://t.co/azcpUYtOyB
ibahachiro_bot小稲だ、小稲だ。変わらねえなあ、少しも  (北原亞以子『風よ聞け』)
shincholive_bot『月明かり―慶次郎縁側日記―(新潮文庫)』(北原亞以子)十一年前、幼子の目前で刺殺された弥兵衛。お縄を逃れた敵が江戸に舞い戻る。慶次郎シリーズ初の長編。 https://t.co/nBQQzpc6DM #ebook #電子書籍
sub_low666「けどさ、いくら看板役者だからって、せりふなしの役者を舞台の外まで押し出さなくってもよかろうじゃないか」北原亞以子の"脇役"って本なんだけど、コレがまた名作なんでございますよ。 https://t.co/tTbsMoHkmV
bikasebu(スロ)第41回直木賞を小説『馬淵川』で受賞した作家は? A渡辺喜恵子/(スロ)第80回直木賞を小説『一弦の琴』で受賞した作家は? A宮尾登美子/(スロ)第109回直木賞を小説『恋忘れ草』で受賞した作家は? A北原亞以子
russianchamber正月の暇つぶしに買った「歳三からの伝言」(北原亞以子)読了。正直、既視感だらけの土方歳三モノで残念。土方には必ず箱館まで追っかけてくる恋人がいて、土方は最期に必ず敵兵に対して「新選組副長・土方歳三」と名乗る。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北原亞以子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)