トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北原亞以子

北原亞以子

北原亞以子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北原 亞以子(きたはら あいこ、本名:高野美枝、1938年1月20日 - 2013年3月12日)は、日本の小説家。
東京・新橋の祖父からの椅子専門の洋家具職人の家に生まれる。4歳で父が南方戦地で戦死し、6歳の1944年(昭和19年)11月30日に空襲で生家が焼失し、7歳で終戦を迎える。千葉県立千葉第二高等学校卒業。高校のころから小説家を希望し、石油会社OLをしながら書き続ける。
28歳の時に同人誌「文藝首都」。翌1969年、同誌に発表した『ママは知らなかったのよ』で第1回新潮新人賞を受賞。同年、『粉雪舞う』が司馬遼太郎に賞され、第12回小説現代新人賞佳作を受賞。
以後は、勤務先を変えつつ、年1、2回「小説現代」や「小説新潮」に短篇を発表するが。
しかし、写真スタジオに事務員として勤務していた40歳のとき誘われ、もう一つの憧れだったコピーライターとして広告制作会社に入社して、生活が安定してから、時代小説に本格的に分野を移し、作家として再デビューして、1988年単行本『小説春日局』、『歳三からの伝言』を初めて出版する。この時は、新人賞から、ほぼ20年たっていた、シリーズ化される。それから5年後1993年に『恋忘れ草』で直木賞を受賞する。1997年から始まった『慶次郎縁側日記』は人気シリーズとなり、NHKで高橋英樹主演で断続的にドラマ化された。
2011年心臓病の悪化で入院、手術後の復帰インタビューで余命が少ないことを述べていた。
2013年3月12日、東京都内の病院で心筋梗塞のため死去。1938|1|20|2013|3|12。

受賞歴

北原亞以子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北原亞以子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ibahachiro_bot「勘弁しておくんなんし。あのお人は、わたしの自慢でござんす。自慢できるほど、立派なお人でござんす」---小稲  (北原亞以子『風よ聞け』)
hiroaki19820730[ 朗読 CD ]梅雨の晴れ間 深川澪通り木戸番小屋 [著者:北原亞以子] [朗読:大森ゆき] 【CD1枚】 全文朗読 送料無料 文豪 オーディオブック AudioBook [楽天] https://t.co/HsqFO4kjMThttps://t.co/dVEnOQQPGQ
Namimagazine北原亞以子著『祭りの日 慶次郎縁側日記』の評者は米村圭伍さん!/淋しい天女(波2013年8月号)https://t.co/SR5QpRAYnC
tengen999先月の特薦は北原亞以子さんの直木賞作品「恋忘れ草」。 2020年6月の読書メーター 読んだ本の数:5冊 読んだページ数:1398ページ ナイス数:1014ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→… → https://t.co/T8Q21emlEG #bookmeter
QhQ3Izc5vEFDjt4@zetchico なぜか気がついたらヤカンもってレジに並んでたんですよ
tako3900好きだったのは芹沢鴨暗殺の夜を描いた北原亞以子氏の「降りしきる」。鴨の愛人だったお梅と歳三がお互い(口には出さないが)想い合っていたという設定。「その時」に向けて文章がだんだん短くなり緊迫感が増していく終盤の展開と、お梅を巻き込んだことを知った歳三の悲しみとお梅の覚悟が印象的。
kei_02_26たそがれ長屋/池波正太郎、山本一力、北原亞以子、山本周五郎、藤沢周平/新潮文庫名だたる作家が描く人情時代小説のアンソロジー。どのお話もしみじみとよかったけど、北原亜以子さんの「ともだち」がすごく好き。時代小説もなれてく… https://t.co/33UoOGGfsx
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北原亞以子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)