トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮部みゆき

宮部みゆき

宮部みゆきさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮部 みゆき(みやべ みゆき、1960年12月23日江東区生まれ。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。雑誌幻影城ファンクラブ「怪の会」元会員。
OL、法律事務所、東京ガス集金課勤務の後、小説家になる。1987年、「我らが隣人の犯罪」でデビューする。以後、『龍は眠る』(日本推理作家協会賞受賞)『火車』(山本周五郎賞受賞)『理由』(直木賞受賞)『模倣犯』(毎日出版文化賞特別賞受賞)などのミステリー小説や、『本所深川ふしぎ草紙』(吉川英治文学新人賞受賞)『ぼんくら』などの時代小説で人気作家となる。ほかに、ファンタジーやジュブナイルものの作品がある。
=
1960年12月23日、東京都江東区深川のサラリーマン家庭に生まれる。母方の祖父は木場の川並職人、父親も職人的な仕事である。その後は移動図書館で借りて読み、『人形の家』ルーマー・ゴッデンや『ドリトル先生』シリーズを愛読した。
父から、落語や講談の怪談噺を聞かされ育った。父はテレビ時代劇も大好きで、一家で大河ドラマを観て、自分もファンになり、特に中学1年生で『国盗り物語』にはまって、再放送も観て複雑な人間関係や時代背景、そして戦国時代の基礎知識を学習した。『草燃える』で鎌倉時代を同様に学習する。また父に倣い原作の時代小説を読み、永井路子のファンとなり、他の小説も読む。山本周五郎の『赤ひげ診療譚』と他の小説も同様の経緯で読んだ。
映画好きの母からはハリウッドの黄金期の映画、例えば『恐怖の報酬』、『鳥』、『サイコ』などの話を、ビデオがない時代なので、子供時代からずっと語りかけで聞く。
また、中学校の図書館の『世界の名作怪奇館シリーズ』にはまり、高校生にかけては英米の怪奇小説にはまり『幻想と怪奇』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)、『怪奇小説傑作集』(創元推理文庫)、アンソロジー『怪奇と幻想』(角川文庫)、荒俣宏・紀田順一郎監修『怪奇幻想の文学』シリーズ(新人物往来社)などを公立図書館で借りて読む。
小中学校ではずっと、作文で褒められたことがなかった。小学4年生の時には読書感想文を「感想でなく本の宣伝文だ」と直させられたことさえあった。しかし、高校3年生の時の担任だった国語教師に、宮部は人に読ませようとして書いているから、小説家やライターになれるかもわからない、と初めて褒められた。

宮部みゆき新刊

  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    さよならの儀式
  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    あなたに謎と幸福を ハートフル・ミステリー傑作選 (PHP文芸文庫)
  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    あなたの不幸は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

受賞歴

宮部みゆき関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.4.12 現役大学生とは思えない堂々の書きっぷり――小説すばる新人賞受賞作『闇夜の底で踊れ』著者インタビュー

    35歳、無職、パチンコ依存。その日暮らしの無為な生活を送る元極道の男が、ソープ嬢に恋をしたことがきっかけで、ふたたび闇社会の混沌へと飲み込まれてゆく——。

  • 2018.12.18 【今週はこれを読め! SF編】ベテランから新人まで個性豊かな書き下ろしアンソロジー

    もう何度も書いていることだが、ここ数年の日本SFは空前の収穫期にあって、ベテランから俊英まで多くの才能が質の高い作品を送りだしている。惜しむらくは本来の受け皿たるべきSF専門誌が隔月刊の〈SFマガジン〉しかなく、しかも連載中心になってしまっていることだ。一般誌やWebなどSFを受けいれる媒体は以前より広がっているものの、ジャンルの求心力となる場が圧倒的に少ない。

  • 2018.6.21 【エンタメ小説月評】文通で深まる愛 広がる世界

    「世界」などというものからはほど遠い、女子高生同士の文通の文面。あるいは授業中にそっと回される、おしゃべり代わりのメモ。そんな、たわいのない文言から始まった物語が、いつの間にか、まさに「世界」を、人生の奥深さを描いている――。女子校で出会ったふたりの女性の二十余年を、その間にやりとりされた手紙だけでつづる三浦しをん『ののはな通信』(KADOKAWA)には、ただただ驚かされた。書簡形式で書き切った胆力にも、冒頭では予想だにしなかった場所へ読者を連れて行く筆力にも。

宮部みゆき関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

QMA_Mys_Bot1[連想]宮部みゆきの小説/主人公は尾崎孝史/第18回SF大賞を受賞/二・二六事件が題材 → 『蒲生邸事件』/『龍は眠る』/『模倣犯』/『名もなき毒』
raisen_bot2_qmaNo.158 次の宮部みゆきの小説をその主人公の正しい組み合わせを選びなさい⇒クロスファイア―青木淳子、火車―本間俊介、名もなき毒―杉村三郎
boookloveno1ソロモンの偽証(新潮文庫)宮部みゆき著の映画化もされたミステリー小説です。様々な思惑と意志が絡み合い、一つの事件の真実が紐解かれる感覚をお楽しみ下さい。
T_KOTEN_Q宮部みゆき『蒲生邸事件』?#agqr#muuun
ikezawakotsu蒲生邸事件 / 宮部みゆき かな?#muuun #agqr
kakaku_6宮部みゆきは模倣犯と理由がオススメ #muuun #yukachi
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮部みゆきさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)