トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮部みゆき > 人質カノン

人質カノン(宮部みゆき)

人質カノン(著者:宮部みゆき)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:人質カノン (文春文庫)
  • 著者:宮部 みゆき
  • ページ数:317
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4167549042
  • ISBN-13:9784167549046

宮部みゆき新刊

  • 発売日
    2018年3月9日
  • 書名
    昭和史の10大事件 (文春文庫)
  • 発売日
    2018年1月11日
  • 書名
    なぞとき 〈捕物〉時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)
  • 発売日
    2017年11月29日
  • 書名
    悲嘆の門(上) (新潮文庫)

人質カノン関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

宮部みゆきのその他受賞歴(候補含む)

人質カノン関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tomu__1437@aami15a 普段は本あんまり読まない感じかな…?宮部みゆきさんっていう作家さんの『人質カノン』ていう短編集が読みやすくて綺麗な日本語だからまだ読んだことなかったらぜひ読んでほしい!
kikinokikino「人質カノン」宮部みゆき #読了全7編の短編集。いじめや失恋で心や体に傷を負った人達。生きづらい世の中に社会との関わりを避け、生きる希望を見失う。周りの人達は正論という励ましの言葉をかけるがそうじゃない。必要なのは出会いであり… https://t.co/2biwVVQlkg
suehiro_uhuhu短編にはなるけど、東野圭吾は宮部みゆきの「サボテンの花」、桜庭一樹は「人質カノン」を推してるので、その2人が好きな人は「我らが隣人の犯罪」「人質カノン」の短編集を一読するとよいのでは
Earthquake91宮部みゆき『人質カノン』
round_deck初リノリウムの床は宮部みゆきの人質カノンだわ
kzm_ylb『人質カノン』宮部みゆき/今日はなかなか冴えない。結局うやむやになったままの勝負とか、回収されないまま忘れられた伏線とか、用意したオチにたどり着けなかったり、本当の現実はそんな。ま、結局やるしかないんだけど。
HoseRain【本棚登録】『人質カノン (文春文庫)』宮部 みゆき https://t.co/SdNAD1wCsb
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)