トップページ > 公募ではない賞一覧 > 吉川英治文学賞 > 2007年−第41回 吉川英治文学賞

吉川英治文学賞

2007年−第41回 吉川英治文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

吉川英治文学賞(よしかわえいじぶんがくしょう)は、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催し、講談社が後援する文学賞。大衆小説が対象。1967年に設置されて以来、年1回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定される。当初は功労賞的な側面が強かったが、近年は具体的な作品が対象とされている。受賞者には正賞として賞牌、副賞として300万円が授与される。1980年以降、平行して運営されている吉川英治文学新人賞が新人もしくは中堅が対象であり、ベテランの作家が受賞するケースが多い。
現在の吉川英治文学賞の前身は、吉川英治の寄付金をもとに1962年2月に創設された「吉川英治賞」。第1回の受賞者は須知徳平であったが、1966年に賞の運営が毎日新聞社から吉川英治国民文化振興会と講談社に移管され、現在の制度になった。

第41回—2007年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

吉川英治文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2021.3.2 吉川英治新人賞に加藤さんら 文学賞は村山由佳さん

    吉川英治文学賞などが2日発表され、第42回吉川英治文学新人賞に「NEWS」の加藤シゲアキさんの「オルタネート」と、武田綾乃さんの「愛されなくても別に」が選ばれた。  他の受賞作は次の通り。  【第 ...

  • 2020.3.2 吉川英治文学賞は該当なし 文庫賞は「十二国記」シリーズ

    吉川英治国民文化振興会は2日、第54回吉川英治文学賞が該当作なしと決まったと発表した。第5回同文庫賞は小野不由美さんの「十二国記」シリーズ(新潮文庫)。第41回同文学新人賞は今村翔吾氏の「八本目の槍(やり)」(新潮社)と呉勝浩氏の「スワン」(KADOKAWA)。

  • 2019.6.10 作家の田辺聖子さん死去、91歳=小説、エッセーなど多彩な作品

    人間関係の機微を描いた小説やエッセーを発表してきた作家で文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6日午後1時28分、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は弟聰(あきら)氏。後日、東京と大阪でお別れの会を開く予定。

吉川英治文学賞関連つぶやき

hOD8Njiqy7Oi7EP@yuu_omotenaspa おはようございます。吉川英治文学新人賞を受賞された小説ですね。私は、最近、小説を読まなくなってしまいました。以前は、結構、読み漁っていました。お若い方が小説を読む。何か、嬉しくなった次第です。ちなみに、私が好きな作家は、落合恵子さんです。
narabikae_bot次の大衆文学を対象とする文学賞を、早く創設された順に並べ替えなさい。直木三十五賞→吉川英治文学賞→山本周五郎賞→柴田錬三郎賞
SUSIE6429T⚪︎KIOとにうすはすっかり華のないグループになってしまいましたがにうすは吉川英治文学新人賞受賞者を輩出しT OKI⚪︎は3人の実用性の高い保有資格で食いっぱぐれはなさそうということであまりみんなの同情をひかない٩( ᐛ )و
yurubngkbot吉川英治文学新人賞公益財団法人吉川英治国民文化振興会が主催し、講談社が後援する1980年から創設された文学賞。以降年1回発表されている。新人賞という名ではあるが、実態としては中堅の作家が候補者・受賞者の多くを占め、デビュー30年近い受賞者も存在する。1980年(S55)~現在
jpub_news芸能人作家が台頭…「加藤シゲアキ」の吉川英治文学新人賞受賞で話題の文学賞シーン(All About) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース https://t.co/z7TSFcd5E6
gigi_msd74skm75推し、燃ゆの為に録画してた番組でおシゲ先生が直木賞候補として紹介された‼️ありがとうございます
trendtweetbot1か月前のYoutube急上昇 https://t.co/6155zVi8bv その日の話題: カントリーマアム, 1時, シロモちゃん, Pengu, リクエスト, ジャングルポケット, 松島聡, 呪術廻戦 ローソン, 村上虹郎, 吉川英治文学新人賞,
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)