トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮部みゆき > 名もなき毒

名もなき毒(宮部みゆき)

名もなき毒(著者:宮部みゆき)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:名もなき毒 (カッパ・ノベルス)
  • 著者:宮部 みゆき
  • ページ数:461
  • 出版社:光文社
  • ISBN-10:4334076831
  • ISBN-13:9784334076832

宮部みゆき新刊

  • 発売日
    2018年11月30日
  • 書名
    昨日がなければ明日もない
  • 発売日
    2018年11月9日
  • 書名
    希望荘 (文春文庫 み 17-14)
  • 発売日
    2018年10月22日
  • 書名
    宮部みゆき 全一冊

名もなき毒関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宮部みゆきのその他受賞歴(候補含む)

名もなき毒関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

renren_s10「ペテロの葬列」宮部みゆきさん原作で、小泉孝太郎さんが主演の「名もなき毒」の続編。前作が面白かったから、今回もきっと面白いと予想はしてるんだけどねw宮部みゆき作品は読んでても面白いから、オススメだよ!
kapibara5220人間だけが持っている毒ですよね(『名もなき毒』宮部みゆき/著・幻冬舎)
raisen_bot2_qmaNo.330 次の宮部みゆきの小説とその主人公の正しい組み合わせを選びなさい⇒蒲生邸事件―尾崎孝史、楽園―前畑滋子、名もなき毒―杉村三郎
lavendare_carlo江口のり子が私に爪痕残したのは、なんといってもドラマ「名もなき毒」(宮部みゆき作)。まさに毒を持て余して撒き散らしまくるあの役。すごいよ。
QMA_Mys_Bot1[連想]宮部みゆきの小説/主人公は尾崎孝史/第18回SF大賞を受賞/二・二六事件が題材 → 『蒲生邸事件』/『龍は眠る』/『模倣犯』/『名もなき毒』
urotan51131875名もなき毒、宮部みゆき、「誰か」に続く杉村三郎シリーズ。青酸カリの直接的な毒と人間の中にある毒をうまく作品として表現してました。こんな人とはぜっに関わりたくないなぁーてキャラがいて、現実世界でも似たような人はいるんだろうなって思う… https://t.co/9gcVtEFj4U
dainagon0904宮部みゆきさんの「名もなき毒」はとても秀逸なサスペンスと思っていて。やりきれない不幸の上に重なる悲しみのような。「ストロベリーナイト」のソウルケイジやブルーマーダーはもっと重くてグロいけど同じ系統の物語。かめちゃん、楽しみにしてるよ。また原作読み直そうかな。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)