トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高橋克彦

高橋克彦

高橋克彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高橋 克彦(たかはし かつひこ、1947年8月6日 - )は、日本の小説家。
岩手県釜石市生まれ、盛岡市在住。岩手中学校・高等学校を経て早稲田大学商学部卒業。盛岡藩の御殿医の家系で開業医の家庭に育ち、医学部受験の経験がある。父は医師の高橋又郎(2002年没)。エッセイストの高橋喜平と、「どろ亀さん」の愛称で親しまれた東大名誉教授の高橋延清は伯父にあたる。
高校生時代にヨーロッパに長期旅行して、ビートルズに会った最初の日本人となった。また、その旅行中に交通事故を起こして旅費の大半を失うという経験をする。そのときの経験を小説化して『小説現代』のコンテストに応募(筆名:霧神顕)。当時の編集長に「10年間何も書くな」と言われ(婉曲に作家は向いていないと言われた)、忠実にそれを守った。
大学卒業後浮世絵の研究者となり、久慈市のアレン短期大学専任講師となる(父のつてによる)。1983年に『写楽殺人事件』で江戸川乱歩賞を受賞してデビュー。『総門谷』『竜の柩』などのアクション伝奇小説(広義のSF)、『炎立つ』『火怨』などの歴史小説のほか、ホラー、ミステリー、時代小説など、幅広いジャンルで活躍する作家。東北地方を舞台とすることが多い。
マイノリティーの視点や軽音楽、オカルト、UFO、超古代文明などにしばしば言及し、対談集の「1999年(絶版)」は「と学会」で取り上げられた。揶揄するようなスタンスが多い「と学会」であるが、ここでは会長山本弘が終末論を若い世代に広めることへの批判を行っている。
NHK大河ドラマでは1993年の『炎立つ』(第1部、第2部のみ)、2001年の『北条時宗』で原作を担当した。
高橋の地元、盛岡にある「いわてアートサポートセンター」にある風のスタジオでは、地域文化芸術振興プランと題して「語りの芸術祭inいわて盛岡」と呼ばれる朗読会が過去に上演されており、高橋の作品も何度か上演されていたことがある。
盛岡文士劇にも積極的に出演しており、ほぼ毎年主演している。
学生時代にバンドを組んでおり、ボーカル担当であった。

高橋克彦新刊

  • 発売日
    2018年8月21日
  • 書名
    短編伝説: 別れる理由 (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年8月3日
  • 書名
    鬼九郎孤月剣 舫鬼九郎4 (文春文庫)
  • 発売日
    2018年6月28日
  • 書名
    非写真 (新潮文庫)

受賞歴

高橋克彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.3.19 西條奈加さんの意外な告白

    3日に行われた吉川英治文学新人賞の記者会見。賞を射止めた西條奈加さん(50)=写真=のあいさつは、意外な"告白"から始まった。

  • 2013.8.11 暑い夏にオススメ! 初心者でも楽しめる怪談本ランキング

    お化け屋敷に肝試し、心霊スポット巡りと、ひんやりできそうな夏の風物詩はいくつかあるが、もっと身近な「怪談本」で、暑さを吹き飛ばしてみてはどうだろうか。そこで今回は、ビブリオバトルや怪談イベントの企画で活躍中の稲川綾乃さんに"暑い夏にオススメ! 初心者でも楽しめる怪談本"を紹介してもらった。

  • 2013.5.27 歴史時代作家クラブ賞決まる

    第2回歴史時代作家クラブ賞(同クラブ主催)は、新人賞に仁志耕一郎さんの『無名の虎』(朝日新聞出版)と『玉兎(ぎょくと)の望』(講談社)、作品賞が伊東潤さんの『義烈千秋 天狗党西へ』(新潮社)と帚木(ははきぎ)蓬生(ほうせい)さんの『日御子(ひみこ)』(講談社)、シリーズ賞が藤原緋沙子さんの「隅田川御用帳」シリーズ(広済堂文庫)に決まった。

高橋克彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ces2ea1yb2shwep#役名:藤原泰衡 #英名:Fujiwara no Yasuhira #生没:1155 - 1189/10/14 #実在 #俳優:渡辺謙 #大河:炎立つ (1993年) #原作:高橋克彦 #藤原泰衡 #渡辺謙
sa2kigardenあんま読んでないですが、スマフォ時代になってからは専ら怖い話まとめサイト、妖怪退治師のスレめちゃめちゃ好きであの超長いのを3周くらい読んでます!!若い頃は高橋克彦先生のドールズシリーズにハマりました!#マシュマロを投げ合おう… https://t.co/Jfz6rr8erV
y_arakawa1970友人の評論家大多和伴彦さんから、作家の高橋克彦さんがぼくのブログの富島健夫伝をずっと読んでいて、本になったことを喜んでいると伝えられた。本を購入していただき、こういう本は宝ですと言ってくれた由。うれしいなあ。愛読しているミステリの大家から褒められて、きょうはいい一日のはじまり。
zxd_kf#刺さる文章大の男が辛さに泣きたくなる。すべてを捨てて逃げたくもなる。書く喜びに満たされるのは月にわずかしかない。口にするのは筆が進まない言い訳ばかりだ。マラソンランナーのように孤独な闘いの毎日だ。それを覚悟の上で、この道をめざしていただきたい。【高橋克彦】
jade_g_yume皆神山って!ピラミッド神社かヾ(≧∇≦)もちろんかなり前だけど行った事あるさ。UFOと交信するとか神話とか。あと黒サンショウウオの生息地最北端か何かの看板あったけど、ヒキガエルがいたから絶滅してないか心配だよ。それと、高橋克彦の竜の棺。
FourthNavi@tenk0r0 外から失礼します。高橋克彦氏の『浮世絵三部作』はいかがでしょうか。写楽殺人事件北斎殺人事件広重殺人事件浮世絵を扱った推理物です。少し前の作品ですが、ご興味があれば読んでみてください。
cc_ikebukuro_高橋克彦のランニング教室正しい走り方を知りたい方、体力をつけたい方、健康が気になる方、その方のレベルに応じてプロのアスリートを育成した経験豊富なコーチが親切丁寧に指導いたします。11/11、11/18、11/25(日)舎人公園… https://t.co/U1HtrgEnRm
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高橋克彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)