トップページ > 公募ではない賞一覧 > 谷崎潤一郎賞 > 1974年−第10回 谷崎潤一郎賞

谷崎潤一郎賞

1974年−第10回 谷崎潤一郎賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

谷崎潤一郎賞(たにざきじゅんいちろうしょう)は、中央公論社が1965年の創業80周年を機に、小説家谷崎潤一郎にちなんで設けた文学賞である。中央公論新人賞(1956年開始)を発展解消させる形で開始された(なお、中央公論新人賞は1975年に復活し20年間続いた)。
時代を代表する優れた小説・戯曲を対象とし、発表は年1回、受賞作発表と選評の掲載は『中央公論』誌上で行われる。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として時計、副賞として100万円が授与される(なお、当初の正賞は賞牌で、副賞は第15回まで50万円であった)。

第10回—1974年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

谷崎潤一郎賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

谷崎潤一郎賞関連つぶやき

vPKtLgd8joX45f8『花鳥諷詠』7月号。稲畑汀子賞選評。好評の拙歳時記連載は最終回。実践的歳時記学習法と、歳時記の未来。『六百五十句』研究は、昭和23年11月の京都柊屋の宴席。出席者は、谷崎潤一郎・吉井勇・福田平八郎など日本画家)長谷川槙子「ブラッシ… https://t.co/HUr6KI2vtA
sd_tricks_kato@akinoritan 学園に転校生がやってきて引っ掻き回すところ、同性カップルが成立するところ、二人共家庭が複雑なところですかね。キャラ的にはトーマとエーリクがナオミとリエに差し替えられている感じがします。「エスカレーション… https://t.co/6UWJWLNKEi
eigabigakkou2014年『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞、2018年『雪の階』で柴田錬三郎賞、毎日出版文化賞を受賞。主な作品に、『バナールな現象』『「吾輩は猫である」殺人事件』『シューマンの指』『死神の棋譜』、「桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活… https://t.co/RXXDwagwAh
qcuekew「安部公房賞」という文学賞がないのは意外な気もする 三島由紀夫賞と谷崎潤一郎賞と川端康成賞はあるのに あまりにスタンド・アローンな作家だったから 賞の名前に冠するのはためらわれるということなのかもしれない
kagunanもしも亡くなっていなかったら、ノーベル文学賞は谷崎潤一郎が受賞してたかもしれないんだよなー #Qさま
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)