トップページ > 公募ではない賞一覧 > 谷崎潤一郎賞 > 1987年−第23回 谷崎潤一郎賞

谷崎潤一郎賞

1987年−第23回 谷崎潤一郎賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

谷崎潤一郎賞(たにざきじゅんいちろうしょう)は、中央公論社が1965年の創業80周年を機に、作家谷崎潤一郎にちなんで設けた文学賞である。中央公論新人賞(1956年開始)を発展解消させる形で開始された(なお、中央公論新人賞は1975年に復活し20年間続いた)。
時代を代表する優れた小説・戯曲を対象とし、発表は年1回、受賞作発表と選評の掲載は『中央公論』誌上で行われる。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として時計、副賞として100万円が授与される(なお、当初の正賞は賞牌で、副賞は第15回まで50万円だった)。

第23回—1987年

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

谷崎潤一郎賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

谷崎潤一郎賞関連つぶやき

qmabungaku【四択】日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した作家は?1.川端康成2.大江健三郎3.谷崎潤一郎4.開高健→1(かわばた やすなり)
nonpane_bot_new【ライフ】2013年に第49回谷崎潤一郎賞を受賞した川上未映子の小説は『○○○とか』?→愛の夢
1128kuniko0822「まったく、向田さんには酷い目にあわされました。(略)本心を言うならば、向田さんの『思い出トランプ』という作品は、東京会館のほうで賞を貰っても少しも不思議はないと思っています」(戦友『男性自身・木槿の花』山口瞳)*注・東京会館=谷崎潤一郎賞の授賞式。このとき受賞者は河野多恵子*
qma_bibun_bot文字 ・1967年に第三回谷崎潤一郎賞を受賞した大江健三郎の小説→万延元年(のフットボール)
u_nya_qma小説『帰らざる夏』で谷崎潤一郎賞を受賞しました
QMA_taiyo(文パネ)谷崎潤一郎賞を受賞した小説『みちのくの人形たち』や姥捨て山伝説を題材とした小説『楢山節考』で有名な作家は?→深沢七郎
raisen_bot2_qmaNo.61 次の文学賞と、その主催者の正しい組み合わせを選びなさい⇒谷崎潤一郎賞―中央公論新社、山本周五郎賞―新潮文芸振興会、大佛次郎賞―朝日新聞社
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)