トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐藤泰志

佐藤泰志

佐藤泰志さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐藤 泰志(さとう やすし、1949年4月26日 - 1990年10月10日)は、日本の小説家。北海道函館市高砂町出身。國學院大學文学部哲学科卒業。
1949年、北海道函館市高砂町に生まれる。北海道函館西高等学校在学中の1966年、「青春の記憶」で第4回有島青少年文芸賞優秀賞受賞。翌年、高校で起こった防衛大学校入学説明会阻止闘争を題材とした「市街戦のジャズメン」で第5回同賞優秀賞受賞。しかし同作はその内容から、通常は入賞作品が掲載される北海道新聞に掲載されず、選考委員のひとり沢田誠一が主宰する同人誌『北方文芸』に掲載された。1970年、國學院大學文学部哲学科入学。雑誌「黙示」に参加。1971年、同人誌『立待』創刊。1974年、國學院大學卒業。同人誌『贋エスキモー』を創刊。
1976年、「深い夜から」で北方文芸賞佳作。この頃から自律神経失調症に悩まされ始める。1977年、「移動動物園」で新潮新人賞候補。1981年3月、函館に戻る。函館高等職業訓練校建築科入学。1982年、「きみの鳥はうたえる」で第86回芥川龍之介賞候補。職業訓練校を退学、再上京して作家生活に入る。1983年から文芸誌の新人賞の下読みと書評の仕事で生計を立てるようになる。「空の青み」で第88回芥川龍之介賞候補、「水晶の腕」で第89回芥川龍之介賞候補、「黄金の服」で第5回野間文芸新人賞候補。1984年、「日刊アルバイトニュース」にエッセイ「迷いは禁物」の連載を開始。「黄金の服」で第90回芥川龍之介賞候補。1985年、「オーバー・フェンス」で第93回芥川龍之介賞候補。1989年、「そこのみにて光輝く」で第2回三島由紀夫賞候補。
1990年、遺作となった『虹』の原稿を編集者に渡した後、国分寺市の自宅近くの植木畑で首を吊って自殺。享年満41歳。死後は全作品が絶版となっていたが、2007年、死後17年経って『佐藤泰志作品集』がクレインより発刊される。以後は再評価が進み、『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』『オーバー・フェンス』『きみの鳥はうたえる』の映画化や、ドキュメンタリー映画『書くことの重さ』の公開などに至る。

受賞歴

佐藤泰志関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐藤泰志関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kotobaboushi海が彼を真底なだめたり、癒したりするとは思わなかった。美しい光景に期待するものはなにもない。腐るものは腐る。達夫はただひたすら泳ぎたかった。佐藤泰志「そこのみにて光輝く」より
fragments_bot_2あんたみたいな人は、この海炭市に何十人だっているわ。あたしは驚かないわよ。泣きもしないわよ。 そういってから彼女は声もあげずに涙をこぼした。とことん、やってみるといいわ。(佐藤泰志『海炭市叙景』)
ISOGAI_1『俺と師匠とブルーボーイとストリッパー』を読み終えました。『裸の華』が好きな人には良いかもしれません。昭和のキャバレーが舞台です。佐藤泰志が生きてたらこういう明るい話も書いたのかなとか、札幌のキャバレーでマネージャーをしていた詩人の下村康臣のこととか、記憶力を刺激する作品でした。
Ym_2001_0821夏目漱石/三四郎夏目漱石/草枕夏目漱石/それから中勘助/銀の匙中勘助/随筆集宮本輝/螢川・泥の河志賀直哉/暗夜行路佐藤泰志/海炭市叙景佐藤泰志/そこのみにて光輝く藤沢周平/蝉しぐれ#名刺代わりの小説10選 #読書好きと繋がりたい
alone11_beつか、佐藤泰志が生きていれば報われたかどうかは誰にもわからないと思う。芥川賞と三島賞に落ちつづけた結果だし、そこで生を諦めたとしても本人でない者がとやかく言えることではない。
ohyoko2@kaoru_is_him フォロー頂きありがとうございます。宜しくお願いします!『そこのみにて光輝く』佐藤泰志原作の函館三部作のひとつですね。映画も原作も素晴らしかったです。
quiliup【移動動物園/佐藤 泰志】「移動動物園」新潮新人賞候補作「空の青み」と「水晶の腕」は芥川賞候補作。三篇収録1991年刊。著者は1990年に41歳で亡くなっている。どの作品も20歳前後の若者が、飼… → https://t.co/PPmtNLVFSj #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)