トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山崎ナオコーラ

山崎ナオコーラ

山崎ナオコーラさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山崎 ナオコーラ(やまざき ナオコーラ、yamazaki nao-cola、1978年9月15日 - )は、日本のエッセイスト、小説家。性別非公表。本名、山崎 直子(やまざき なおこ)。福岡県北九州市生まれの埼玉県育ち、東京都在住。國學院大學文学部日本文学科卒業。卒業論文は、「『源氏物語』浮舟論」。会社員を経て、26歳から作家活動を始める。小説は、芥川賞候補作に5回なった。エッセイに定評がある。
*2004年、「人のセックスを笑うな」で第41回文藝賞受賞。同作で第132回芥川賞候補(1回目)。
*2006年、『浮世でランチ』で第28回野間文芸新人賞候補。
*2008年、「カツラ美容室別室」で第138回芥川賞候補(2回目)、『論理と感性は相反しない』で第30回野間文芸新人賞候補。
*2009年、「手」で第140回芥川賞候補(3回目)、『男と点と線』で第31回野間文芸新人賞候補。
*2010年、『この世は二人組ではできあがらない』で第23回三島由紀夫賞候補。
*2011年、『ニキの屈辱』で第145回芥川賞候補(4回目)。
*2013年、『昼田とハッコウ』で第35回野間文芸新人賞候補。
*2016年、「美しい距離」で第155回芥川賞候補(5回目)。
*2017年、『美しい距離』で第23回島清恋愛文学賞受賞。

山崎ナオコーラ新刊

  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    ブスの自信の持ち方
  • 発売日
    2019年5月9日
  • 書名
    ベランダ園芸で考えたこと (ちくま文庫)
  • 発売日
    2019年2月22日
  • 書名
    文豪お墓まいり記

受賞歴

山崎ナオコーラ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山崎ナオコーラ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kokoro116話し合いの最中に涙を見せてはいけないというのは、世界のルールだろうか。なぜ、ないてはいけないのだろう。もしも仕事中に泣いたら駄目だとしたら、上手く喋れる人だけで社会が成り立ってしまう。(山崎ナオコーラ『この世は二人組ではできあがらない』)
bookmark_SHIORIたとえば人と人とが話をすると、噛み合っているようで噛み合わず、話題の次元が違ってしまう。そういうときに「意地悪な人ほど相手の話へのチューニングが上手い」と私はなんとなく思っている。【指先からソーダ/山崎ナオコーラ】
_Love_Miss_Bot_そんなことを考えて、むかむかしているのは、ユリにあまりにも惚れ過ぎてしまっていて、失うのが怖い臆病心がなせる業なのだとは、その頃はわからなかった/ 山崎ナオコーラ(人のセックスを笑うな)
subebosa山崎ナオコーラさんのブスの自信の持ち方読んでる
je_te_veux_ユリのことを思えば、胸が痛くなって仕方なかった。要はそばにいたから心がくっ付いたのだ。体をくっ付けたから。オレのAカップもない胸の肉をユリがえぐって持って行き、今もどこかでオレの肉をつねっているのだ。/山崎ナオコーラ(人のセックスを笑うな)
ScriptaManent66「おまえは人として大事なところが欠損している」……そうかもしれない。でも、私は答える。「それでも、生きてます」(山崎ナオコーラ他)https://t.co/3ZtOODx2Es
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山崎ナオコーラさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)