トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山崎ナオコーラ

山崎ナオコーラ

山崎ナオコーラさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山崎 ナオコーラ(やまざき ナオコーラ、yamazaki nao-cola、1978年9月15日 - )は、日本のエッセイスト、小説家。性別非公表。本名、山崎 直子(やまざき なおこ)。福岡県北九州市生まれの埼玉県育ち、東京都在住。國學院大學文学部日本文学科卒業。卒業論文は、「『源氏物語』浮舟論」。会社員を経て、26歳から作家活動を始める。小説は、芥川賞候補作に5回なった。エッセイに定評がある。
*2004年、「人のセックスを笑うな」で第41回文藝賞受賞。同作で第132回芥川賞候補(1回目)。
*2006年、『浮世でランチ』で第28回野間文芸新人賞候補。
*2008年、「カツラ美容室別室」で第138回芥川賞候補(2回目)、『論理と感性は相反しない』で第30回野間文芸新人賞候補。
*2009年、「手」で第140回芥川賞候補(3回目)、『男と点と線』で第31回野間文芸新人賞候補。
*2010年、『この世は二人組ではできあがらない』で第23回三島由紀夫賞候補。
*2011年、『ニキの屈辱』で第145回芥川賞候補(4回目)。
*2013年、『昼田とハッコウ』で第35回野間文芸新人賞候補。
*2016年、「美しい距離」で第155回芥川賞候補(5回目)。
*2017年、『美しい距離』で第23回島清恋愛文学賞受賞。

山崎ナオコーラ新刊

  • 発売日
    2020年3月5日
  • 書名
    母ではなくて、親になる (河出文庫)
  • 発売日
    2020年2月6日
  • 書名
    かわいい夫 (河出文庫)

受賞歴

山崎ナオコーラ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山崎ナオコーラ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

boobookwords傷ついたときは本を読め。音楽を聴け。絵を見ろ。芸術は弱い人のためにある。(『『ジューシー』ってなんですか?』山崎ナオコーラp132)
ak6k0j自分に何ができるか、何ができないのか、何が誇れて、何が欠陥なのか、そんなのはどうでもいいじゃないか。世界は広く、たくさんの問題に満ちている。(山崎ナオコーラ『人のセックスを笑うな』)
cave6kbn_b自分に何ができるか、何ができないのか、何が誇れて、何が欠陥なのか、そんなのはどうでもいいじゃないか。世界は広く、たくさんの問題に満ちている。(山崎ナオコーラ『人のセックスを笑うな』)
kokoro116人はひとりで完全だ。だからベターハーフなんて探していない。価値はひとりの人間に十分ある。「自分の存在のために誰かが必要」という考えでは生き続けられないだろう。アンドロギュヌスが半分に割れて、現在の人間が生まれたなんて、嘘だ。(山崎ナオコーラ『この世は二人組ではできあがらない』)
onephrase_books眠りの底から生還してサラリと目を開いたときに、自分というものが空や海ではないことを、まずは不思議に思う。『慧眼』 山崎ナオコーラ
MeigenWAN世界の深淵を眺めていたい、遠くの風に耳を澄ませたい、薄氷を踏むように喋りたい。(山崎ナオコーラ『この世は二人組ではできあがらない』)
MuyRF7ZkYyrtUz7#読了偽姉妹/山崎ナオコーラ姉妹になってほしい人に、姉妹になってくださいって言える関係性がとてもいい。血の繋がりが、疎ましくなる時もあるもの。最終章に、温かい風が吹いた感じがして、よかった。#読書 #読書記録 #読書倶楽部
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山崎ナオコーラさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)