トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 飯嶋和一

飯嶋和一

飯嶋和一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

飯嶋 和一(いいじま かずいち、1952年12月20日 - )は、日本の小説家。ジャンルは主に歴史小説。
山形県山形市生まれ。法政大学文学部卒業。中学校教諭、予備校講師などを経て執筆活動に専念。これまで刊行された長編作品は文芸誌の連載ではなく、全て書き下ろしの小説である。2009年8月から刊行されている小学館の「STORY BOX」に、初めての連載となる『狗賓童子の島』を執筆している。2012年5月に連載終了後、翌月号より新連載『灯守り』が始まる。さらに、新潮社発行の月刊小説誌「小説新潮」の2009年10月号より『星夜航行』が連載中である。
「史料を読み込むと書き手の視点に引っ張られるため、視点を変えることが大事」との姿勢を持ち、権力者ではなく民衆や在野の主人公からの視点で描いた作品が多い。

受賞歴

飯嶋和一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

飯嶋和一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rabenda0616飯嶋和一「出星前夜」島原の乱が舞台で天草四郎が主では無く、島原を支配した松倉家は切支丹を弾圧し、領民の限界を超える年貢を取り立てていた事に怒り狂った農民達淡々と騒動の経過が描かれて絶望へと突き進む中、悩みながらも必死に生きる寿… https://t.co/EMogIAA6qg
akifusa0927いやあ、飯嶋和一マジで凄いよこの人、今まで何度も言ってきたけどさ。騙されたと思って、1つこの『出星前夜』の冒頭のガブリエル・マグダレナによる手術の場面を読んでみると良い。わずか数ページだが、この人がどれほど膨大な資料を身体化してこ… https://t.co/krfSNZnA0x
Nozo49046973@natsumaru77 色々考えるところがあって、長くなってしまったのでメモを貼っておきますね。飯嶋和一さんの「黄金旅風」、探して読んでみたいなぁと思いました。 https://t.co/lGDycczI5w
natsumaru77@Nozo49046973 日本二十六聖人は飯嶋和一の小説「黄金旅風」の知識しか無いんですが
nanioko飯嶋和一「出星前夜」(小学館文庫) #読了島原の乱を描ききって、どしんと胸に響く小説。それを「乱」と呼ぶのは権力者の側の史観だと思い知る。立ち上がらざるをえなかった民衆の側からすれば、それは人間らしく暮らせる世を求める闘いだっ… https://t.co/Y8P26OetbO
gogatunomori#名刺がわりの小説10選告白(町田康)晴子情歌(高村薫)白河夜舟(吉本ばなな)火の山‐山猿記(津島佑子)雷電本紀(飯嶋和一)血脈(佐藤愛子)恋愛太平記(金井恵美子)アミターバ(玄侑宗久)残穢(小野不由美)東京自叙伝(奥泉光)2000年以降に読んだ中から
applejonagold飯嶋和一先生の「雷電本紀」読了。面白かった。伝説の力士雷電の圧倒的な強さと体躯、まっすぐな性格と、身分を気にせず貧しい者にも手を差し伸べる優しさが読んでいて本当に心地よかった。相撲を知らなくても、読んでいると思わず雷電を応援したくなり、雷電が勝つたびに嬉しくなり、数少ない負けた
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    飯嶋和一さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)