トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 谷川直子

谷川直子

谷川直子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

谷川 直子(たにがわ なおこ、1960年 - )は、日本の小説家、エッセイスト。
1960年、兵庫県神戸市出身。筑波大学第二学群比較文化学類を卒業後、雑誌編集者として働く。
1985年に作家高橋源一郎と結婚し、90年代に高橋直子名義で『競馬の国のアリス』などの主として競馬やファッションに関するエッセーを発表。1999年に離婚、「夫に離婚を言い渡されたタカハシさんの奥さん」を主人公とする小説『アイ・ラヴ・エース!』を発表する。
2005年1月に大学の同級生と再婚し、同年6月から長崎県五島市在住。
2012年8月29日、「おしかくさま」で第49回文藝賞を受賞したことが発表された。これは同賞の女性として最年長での受賞である。なお、同賞の選考委員の一人は高橋源一郎であったが、受賞作を決定する投票は棄権した。
文藝賞受賞第一作「断貧サロン」が文藝2014年夏号で発表され、同年、河出書房新社から単行本が発行された。
さらに文藝2015年春号において、第三作「四月は少しつめたくて」を発表。同年4月河出書房新社から単行本が発行され、第32回織田作之助賞候補となった。文藝2016年秋号で、第四作「世界一ありふれた答え」が発表され、同年10月河出書房新社から単行本が発行された。

受賞歴

谷川直子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

谷川直子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

honzuki_jp第49回文藝賞受賞作。あまりにも微妙作が多すぎる文藝賞なので、全く期待していなかったのだが、これは久々に当たりだった。おしかくさまはともかく、この国では神仏の力よりも、金の力のほうが… 『おしかくさま/谷川直子』 https://t.co/O9ECuf1Pd6 #本が好き
TAGAYAItta谷川直子って、谷山浩子じゃないやんけ!(逆ギレ)
ko10ba「見てるのに見えないことって、あるんだね。言ってることわかる?」「わかる」「あとでわかるんだよね。ちょっとずつ」『おしかくさま』谷川直子
matsuribayash1備忘:世界一ありふれた答え/谷川直子、読了。
yukko_3_crane谷川直子著『断貧サロン』読了。元彼とのことを思い出してしまうかなと心配しながらだったけれど、元彼以上にこの小説に出て来る、イケメンでセックス巧者で女を立てつつ操ることの上手い『貧乏神』の男たちが徹底されていて、非常に勉強になったし、対抗する被害者女性に共感できて面白く読めた。
argent_ange1121@yannyanya 谷川直子さんは今は割と元気みたいですね
offtrap谷川直子『断貧サロン』(河出書房新社、2014年刊)読了。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
谷川直子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)