トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 谷川直子

谷川直子

谷川直子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

谷川 直子(たにがわ なおこ、1960年 - )は、日本の小説家、エッセイスト。
1960年、兵庫県神戸市出身。筑波大学第二学群比較文化学類を卒業後、雑誌編集者として働く。
1985年に作家高橋源一郎と結婚し、90年代に高橋直子名義で『競馬の国のアリス』などの主として競馬やファッションに関するエッセーを発表。1999年に離婚、「夫に離婚を言い渡されたタカハシさんの奥さん」を主人公とする小説『アイ・ラヴ・エース!』を発表する。
2005年1月に大学の同級生と再婚し、同年6月から長崎県五島市在住。
2012年8月29日、「おしかくさま」で第49回文藝賞を受賞したことが発表された。これは同賞の女性として最年長での受賞である。なお、同賞の選考委員の一人は高橋源一郎であったが、受賞作を決定する投票は棄権した。
文藝賞受賞第一作「断貧サロン」が文藝2014年夏号で発表され、同年、河出書房新社から単行本が発行された。
さらに文藝2015年春号において、第三作「四月は少しつめたくて」を発表。同年4月河出書房新社から単行本が発行され、第32回織田作之助賞候補となった。文藝2016年秋号で、第四作「世界一ありふれた答え」が発表され、同年10月河出書房新社から単行本が発行された。

受賞歴

谷川直子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

谷川直子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kapibara5220お金を信じるということは人を信じるということだからです。(『おしかくさま』谷川直子/著・河出書房新社)
makosaikiピンクハウスがトレンドワードになってて何事かと思ったら朝ドラなのね。あらすじで「原稿にコーヒーこぼす」と書いてあったのが怖くて見てない朝ドラ。ちなみに私が全身PHを目の前でみたのは久美沙織先生、高橋直子(現・谷川直子)先生。お二人ともご自身の世界観とよくマッチしてらしたなあ。
mamewo1118@funachan6817351 時代劇も見たいので、私的にもベストです!以前GRにいらした谷川直子さんの「世界一ありふれた答え」病んだピアニストな岡田くん、見たいです♡
j8HyJOKdKaFpLmR世界一ありふれた夜 谷川直子 ピアニストの男性を岡田准一君をイメージして書いてるだけあってドキドキして読めました!ドビュッシーのアラベスクも美しいhttps://t.co/uBsctEDCOS
ojgyukiバズリズムのビジュを見て、20代の役もいけんじゃね?と思った。私は以前GRにゲストで来た谷川直子さんの「世界一ありふれた答え」映画化してほしいな。岡田くんのイメージで書いたって言ってくれてた。細身で少し病んでるピアニスト。苦悩する表情も見たい!#岡田准一 #V6
ShinkanRemind4/28 の新刊をお知らせします。 ゆうべ不思議な夢を見た 百五夜物語 (文蔵BOOKS)谷川直子https://t.co/38SSVz7u3x
kinokuniyanew運命の闇の中で 文蔵BOOKS (谷川直子) が、紀伊國屋電子書籍ストアで予約開始されました。日曜配信。https://t.co/UBi24Puxfn
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
谷川直子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)