トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 長野まゆみ

長野まゆみ

長野まゆみさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

長野 まゆみ(ながの まゆみ、1959年8月13日 - )は、東京都出身の小説家。1982年、女子美術大学芸術学部産業デザイン科デザイン専攻卒業。自作の表紙等を描くイラストレーターでもある。
小学3年生の時に竹宮惠子『空がすき!』(少年愛の要素がある)を読んで衝撃を受け、少年愛ものの世界に入り、萩尾望都や稲垣足穂を読んでいた。元々は少女漫画を描いていた。三島由紀夫を非常に高く評価しており、一番好きな作家と述べている。文章は三島と夏目漱石、内田百閒が好きで、稲垣足穂は取り扱っているものや感覚がおもしろく、自分なりに研究している。デビュー作『少年アリス』から宮沢賢治の作品をたびたび引用し、特に『銀河鉄道の夜』の引用が多い。海外の古典は読んでおらず、ブラッドベリ、ハインライン等の「軽いSF」(本人談)を好んでいた。同時代のSFは読んでいない。
本人曰く、読者の9割は女性であり、女性のために作品を書いている。
デビューから一貫して独自の世界を切り開いており、文芸というジャンルの作家としては非常に多作である。日本のSFの精力的な作家のひとりでもある。耽美的な作風で、鉱石、機械、幻想世界だけに存在する美少年といったモチーフを繰り返し使用し、少年同士、あるいは少年と青年の関係を描いたものが多い。初期作品は兄弟や親友同士の友情や精神的な絆を多く描いている。ユニセックスな、いわゆる「やおい」的な要素があり、80年代のサブカルチャーとの関連性が指摘されている。独特の流麗な文章を特徴とし、旧字体を多く用いた作品もある。『少年アリス』から『天体議会』まで、ひとつのイメージから広がっていく世界が描かれている。この方法では100枚以上かけない、作家として広がらないという思いから『テレヴィジョン・シティ』が生まれ、この作品が作家としての転機となっている。
作風は純幻想文学からSFまで多彩で、メタノヴェル的な構造を含め、様々な試みを行っている。このような試みはあまり正当に評価されていないが、長野は文壇の状況は自作での試みと関係なく進んでおり、主に仕事をする河出書房の担当者もあきらめの境地に入ってしまったため、文壇周辺に通じなくてもいいという思いでより実験的な方向に進んでいったと述べている。福本直美は、長野の作風は「いかにして人間をやめるか、につきるのではないかと思う。」と評しており、長野は、「生物全般が好きで人間は嫌い、という姿勢でいつも書いている」と述べている。福山大学の秋枝(青木)美保は、長野の作品世界は、作者の美意識によって選ばれた独特の記号で埋め尽くされた、美しくも平面的な仮想現実であり、多重の模擬世界を表現することで、現実から二重三重の疎隔感があると指摘している。また、1980年代の少女漫画には宮沢賢治の作品がよく引用されていたが、長野の作品はその延長にあると述べている。
比較的初期から多重人格的な人間の意識の奇妙さが描かれており、長野は「意識・記憶・身体」というテーマからはなかなか離れられないと述べている。こうしたテーマへの興味は自然に湧いたものだが、物理学系、生物学系のニュースは意識して見ているという。1990年代に入って急激に増加した植物の生物学的な情報、バイオテクノロジーの知見が、『新世界』『超少年』「サマーキャンプ』といった作品につながっている。

長野まゆみ新刊

  • 発売日
    2017年3月29日
  • 書名
    暗黒グリム童話集
  • 発売日
    2017年3月16日
  • 書名
    チマチマ記 (講談社文庫)

受賞歴

長野まゆみ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

長野まゆみ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

khtssnアリス九號.の「アリス」はここから来てるんだよー。ありすちゃんに出会う前から好きだった長野まゆみさん。もう運命としか感じられない!!! https://t.co/rCF4ajGO1D
hm_ymmr漫画版長野まゆみ:四宮しの
shinsekai2016長野まゆみ著「新世界」シリーズ刊行20周年記念アンソロジーを発行いたします。 告知サイト:https://t.co/McDM9Ceb1k
blue_ry0【2016.9.10 21時~】月食堂(https://t.co/L9cOtD21Jj)にて長野まゆみ 新世界20周年記念アンソロジー「集合せよ」を販売いたします。
hmk_bngk_bot「魚たちの離宮」長野まゆみ/練習室にいるピアノ教師と弥彦は、いつも声を低めて何か囁きあっていた。というより、おもに教師の囁く声が聞こえる。少年は時々、笑い声を洩らし、それがまた彼らの雰囲気を疎ましいものにする。
tr_zaoあーー長野まゆみが読みたい。よりにもよって今手元にないやつが読みたい。まだ読んでない既刊も読みたい。兄と弟、〜も二時間で無理矢理詰め込んだからしっかり読み直したい。ようは図書館に行きたい。でも近くにないんだよね息子連れてのチャリでは到底たどり着けない坂道だらけだし…orz
eeez3ee路面電車は藤紫の薄闇の中を走っていた。窓越しにミシン工場の夜間照明がぽつぽつと点っているのが見える。紅玉(ルビー)のように点滅して、上空を飛来する航空機に障害があることを知らせていた。/「夏至祭」長野まゆみ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
長野まゆみさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)