トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 諏訪哲史

諏訪哲史

諏訪哲史さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

諏訪 哲史(すわ てつし、1969年10月26日 - )は、日本の小説家・随筆家・批評家。
愛知県名古屋市出身。幼少期には宮城県仙台市で5年ほど過ごした。小学校時代から1週間に10冊の本を読んだ。
愛知県立名古屋西高等学校、國學院大學文学部哲学科卒業。大学在学中から卒業後まで独文学者の種村季弘に文学・美術・宗教・思想など広範な分野にわたり個人指導を受ける。卒論は西欧十九世紀末芸術ラファエル前派論。哲学科では美学者の谷川渥にも師事した。
1992年から名古屋鉄道で勤務する傍ら、種村季弘に読んでもらうために詩作を行なう。1998年、名鉄を退社し、2年間引きこもった末に書き上げた初の小説「アサッテの人」で種村季弘に認められる。30歳で再就職。2004年、種村季弘が死去。2006年、諏訪の実父が死去。この時期、亡父と同じ躁鬱病(双極性障害)を発症し、生涯にわたる治療が始まる。失意の内に初めて投稿した「アサッテの人」が、2007年に第50回群像新人文学賞を受賞。同年に同作品で第137回芥川龍之介賞を受賞する。この2つの賞の同時受賞は村上龍以来の31年ぶり。脱稿から8年後の受賞だった。この作品には、幼いころ吃音に苦しんだ経験が投影されている。
変幻自在な文体を駆使し、<自意識の哲学>を追究する作風であると評される。小説集『領土』では詩的な文体と物語の幻想性を同居させている。
2012年刊の『スワ氏文集(すわし・もんじゅう)』ではコラムニスト、随筆家として、2014年刊の『偏愛蔵書室』では詩・小説・漫画などを対象に批評家としての仕事を行なう。谷川渥は『偏愛蔵書室』について、「批評家」諏訪哲史の面目躍如、と評した。
連載中のコラムに「スットン経」(中日新聞、2016年4月~、毎月第1金曜朝刊)がある。
2009年から3年間愛知淑徳大学文化創造学部准教授、2012年から3年間同大学の学部名変更によりメディアプロデュース学部准教授、2016年から東海学園大学人文学部教授を務める。

諏訪哲史新刊

  • 発売日
    2017年8月22日
  • 書名
    岩塩の女王
  • 発売日
    2017年4月30日
  • 書名
    うたかたの日々

受賞歴

諏訪哲史関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

諏訪哲史関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou吃音による疎外感から凡庸な言葉への嫌悪をつのらせ、孤独な風狂の末に行方をくらました若き叔父。彼にとって真に生きるとは「アサッテ」を生きることだった。世の通念から身をかわし続けた叔父の「哲学的奇行」の謎を解き明かすため、私は小説の筆を執るが…。芥川賞受賞作『アサッテの人』諏訪哲史
akutagawadazai2諏訪哲史の見た目が、芥川みたいだ。
Shincho_Bungei6年ぶりとなる新作『岩塩の女王』を刊行した諏訪哲史さんのインタビューが新刊JPに掲載されました。https://t.co/kNPAVIe14Q
libro_west諏訪哲史の新刊を待ち続けてはや6年…。幻想文学好きは迷わず買うべし。装丁はあの村上芳正様! https://t.co/d7fIFofAr2
Kino_Sendai【文学】失われた文字、失われた音、失われた声を探して、磁場なきページを踏み迷う甘美な文学的愉楽鮮烈なデビューから十年、独自の文学世界を構築する諏訪哲史さんの記念碑的小説集『岩塩の女王』。典雅な言葉の結晶が異空間へと誘う。B0… https://t.co/9DYimiXlVP
sanpotosanpo諏訪哲史『ロンバルディア遠景』には、ある館に連れられた男が、世界各国の女のひとの女陰をペロペロするというシーンがある。案内役の説明が、これは神聖なことであると、上品に振る舞うので、笑いを誘う。下ネタをもしやりたいのなら、なるべく遠回しに上品にやる以外ないと思う。だからあれは正解。
hitoha0000諏訪哲史のりすん冒頭のツイストアンドシャウトの日本語読み化みたいにいろんな曲を日本語読みにしたサイトとかないかな
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
諏訪哲史さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)