トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 諏訪哲史

諏訪哲史

諏訪哲史さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

諏訪 哲史(すわ てつし、1969年10月26日 - )は、日本の小説家・批評家・随筆家。
愛知県名古屋市出身。幼少期には宮城県仙台市で5年ほど過ごした。小学校時代から1週間に10冊の本を読んだ。
愛知県立名古屋西高等学校、國學院大學文学部哲学科卒業。大学在学中から卒業後まで独文学者の種村季弘に文学・美術・宗教・思想など広範な分野にわたり個人指導を受ける。卒論は西欧十九世紀末芸術ラファエル前派論。哲学科では美学者の谷川渥にも師事した。
1992年から名古屋鉄道で勤務する傍ら、種村季弘に読んでもらうために詩作を行なう。1998年、名鉄を退社し、2年間引きこもった末に書き上げた初の小説「アサッテの人」で種村季弘に認められる。30歳で再就職。2004年、種村季弘が死去。2006年、諏訪の実父が死去。この時期、亡父と同じ躁鬱病(双極性障害)を発症し、生涯にわたる治療が始まる。失意の内に初めて投稿した「アサッテの人」が、2007年に第50回群像新人文学賞を受賞。同年に同作品で第137回芥川龍之介賞を受賞する。この2つの賞の同時受賞は村上龍以来の31年ぶり。脱稿から8年後の受賞だった。この作品には、幼いころ吃音に苦しんだ経験が投影されている。
変幻自在な文体を駆使し、<自意識の哲学>を追究する作風であると評される。小説集『領土』では詩的な文体と物語の幻想性を同居させている。
2012年刊の『スワ氏文集(すわし・もんじゅう)』ではコラムニスト、随筆家として、2014年刊の『偏愛蔵書室』では詩・小説・漫画などを対象に批評家としての仕事を行なう。谷川渥は『偏愛蔵書室』について、「批評家」諏訪哲史の面目躍如、と評した。
連載中のコラムに「スットン経」(中日新聞、2016年4月~、毎月第1金曜朝刊)がある。
2009年から3年間愛知淑徳大学文化創造学部准教授、2012年から3年間同大学の学部名変更によりメディアプロデュース学部准教授、2016年から東海学園大学人文学部教授を務める。

受賞歴

諏訪哲史関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

諏訪哲史関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mkr_kmr諏訪哲史氏は、小説の三つの構成要素として「物語(what)」「詩性(how)」「批評(why)」をあげている。そして「マイナー文学」である小説を追い求めている。
akutagawa_syou吃音による疎外感から凡庸な言葉への嫌悪をつのらせ、孤独な風狂の末に行方をくらました若き叔父。彼にとって真に生きるとは「アサッテ」を生きることだった。世の通念から身をかわし続けた叔父の「哲学的奇行」の謎を解き明かすため、私は小説の筆を執るが…。芥川賞受賞作『アサッテの人』諏訪哲史
mimatsufuyu諏訪哲史『岩塩の女王』流石は1万冊を読まれた諏訪先生……あまりに極められ過ぎた小説家としての在り方が産み落としえた幻想の落胤……筆舌に尽くし難い、まさに凄絶な傑作……総てにおいて文体も語彙も変じられ、徹底して小説を選り上げたとい… https://t.co/mTCtqY4qtO
saburou19791ダダイズム、デカダンス、ふじさわせいぞう、西村けんた中島らも、町田康、諏訪哲史隣に、美人の女の子イズム、メイドインジャパン右に、危険物注意の看板ぼろぼろの靴深い眠りが、声になるときに無性に君が欲しくなるよ… https://t.co/8J9RfpJyJI
hit4boy諏訪哲史『アサッテの人』失踪した叔父の、言葉にまつわる奇妙な行動の原因を、小説という手段を使って解き明かすという物語。哲学的な意味合いが多分にあるのでしょうが、深読みしなくても十分に楽しめる芥川賞受賞作品です。むしろ笑ってしまうかも。https://t.co/IkFuPCrFRP
428___#今年を4文字で振り返れガルパンかなあ……と一瞬考えて愕然。私がガルパンにハマりだしたの、去年の初夏でしたわ。そんなに経ってたんかい。だとしても、引き続きガルパン、でいいか?いや今年色がない。ここは「諏訪哲史」で。諏訪さんの小… https://t.co/qV2LeBjUsk
ikiriotakuzange諏訪哲史の『アサッテの人』という芥川賞受賞作を読み始めた。仄かにドグラ・マグラの香りがする。 https://t.co/ekkax92Cs8
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
諏訪哲史さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)