トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 諏訪哲史 > アサッテの人

アサッテの人(諏訪哲史)

アサッテの人(著者:諏訪哲史)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:アサッテの人
  • 著者:諏訪 哲史
  • ページ数:202
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062142147
  • ISBN-13:9784062142144

アサッテの人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.9.26 「文学的失語」に見舞われた芥川賞作家 6年ぶりの新作を語る

    作家は、大きく分けて2種類いる。

  • 2013.8.28 『種村季弘傑作撰』刊行記念 諏訪哲史トークイベント開催

    『種村季弘傑作撰Ⅰ・Ⅱ』の刊行を記念して、編纂解説を担当した諏訪哲史氏のトークイベントが、2013年9月7日(土)に東京・神保町東京堂書店神田神保町店6階東京堂ホールにて開催される。

  • 2012.2.1 bestseller's interview 第37回 諏訪 哲史さん

    出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!第37回の今回は、2007年に『アサッテの人』で第137回芥川賞を受賞し、この度新刊『領土』を刊行した諏訪哲史さんです。「文学的テロリスト」と呼ばれていることで明らかなように、デビュー作から一貫して前衛的・実験的な作品を生み出し続けている諏訪さんですが、今回の新刊からも過去の作品に劣らず、大いなる文学的野心がうかがえます。10編の短編からなるこの作品の大きな特徴として、その「形式」があげられます。というのも、1編目から読み進めるごとに文体が変わっていき、最後の短編ではほとんど「詩」のような外見になってしまうのです。この特異な作品はどのような意図によって創作されたのでしょうか?諏訪さんにお話を伺ってきました。

諏訪哲史のその他受賞歴(候補含む)

アサッテの人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akutagawa_syou吃音による疎外感から凡庸な言葉への嫌悪をつのらせ、孤独な風狂の末に行方をくらました若き叔父。彼にとって真に生きるとは「アサッテ」を生きることだった。世の通念から身をかわし続けた叔父の「哲学的奇行」の謎を解き明かすため、私は小説の筆を執るが…。芥川賞受賞作『アサッテの人』諏訪哲史
dadada_dagda【本の購入メモ】川端康成『愛する人達』(新潮文庫)北杜夫『夜と霧の隅で』(新潮文庫)諏訪哲史『アサッテの人』(講談社文庫)瀬戸内寂聴『夏の終り』(新潮文庫)西崎憲『飛行士と東京の雨の森』(筑摩書房)出久根達郎選『犬のはなし』(角川文庫)
sknkmt02きょう買った本『短歌研究 2018年10月号』藤沢周平『蝉しぐれ』諏訪哲史『アサッテの人』
mkr_kmr諏訪哲史の「アサッテの人」 「りすん」 「ロンバルディア遠景」 を読んだことのある方がおりましたら是非とも感想を聞かせてください。
josephk9876諏訪哲史『アサッテの人』読了。通念的なこの世界と同居できず、自らが「アサッテ」と名付ける哲学的奇行を深めていく吃音の叔父。「私」は叔父の日記等から、その謎に迫る。
haikaino諏訪哲史『アサッテの人』に詳しい
1ookat2@tankatanka80 諏訪哲史『アサッテの人』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)